2010年08月07日

友とのわかれ


7月の半ばに、古くからの友人が亡くなりました。

彼は私が若いころに勤めていた、大きな会社の職場の後輩でした。

彼はみんなから親しみをこめて、すがやん、と呼ばれていました。

当時の職場には同世代の若者が多く、みんな仲が良くて休日にはいつも、オートバイツーリングや、キャンプ、スキー、草野球など・・・、遊び過ぎなほど遊んでいました。

ちょうど時代は、バブル景気の真っ最中だったのです。

もちろん、一緒にたくさんお酒も飲みました。


誰よりも明るく朗らかな人柄の彼は、いつも底抜けの笑顔を見せてくれました。

そんな彼や私たちも、いつしかそれぞれの家庭を持ち、私は会社を辞めたこともあって、以前のように一緒に遊ぶこともなくなっていきました。


私が彼と最後に言葉を交わしたのは、もう4〜5年ほど前のことです。

二人でのんびり山歩きをしながら、昔の話や仕事のこと、家族のことなどを、とりとめもなく語り合いました。

またみんなで会って、お酒でものみに行こう・・・

そう言って別れたのが、最後になってしまいました。


お通夜の席は、生前の彼の人柄を表すように、椅子が足りなくなるほどたくさんの参列者が訪れていました。

当時の仲間の何人かとも、顔を合わすことが出来ました。

懐かしいはずの昔の仲間達との対面が、彼のお通夜になるとは考えもしませんでした。


まだ小学生の彼の息子さんは、ずっとハンカチを握りしめて涙をぬぐっていました。

彼にとっても、ご家族にとっても、無念で悲しい、辛い別れになってしまったことでしょう。


大切な人を亡くした悲しみは、決して忘れることはありません。

それと同時に、ともに過ごしたかけがえのない思い出も、決して忘れることはないでしょう。

彼がいつもいつも見せてくれた、素晴らしい笑顔を、私も、仲間達も、そしてもちろんご家族の方たちも、ずっとずっと心の中に持ち続けるのだと思います。


さよなら、すがやん・・・

またいつか会おう・・・


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 14:50 | 愛知 ☁ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7月は、大変な大変な月だったのですね。
Posted by 笑太郎 at 2010年08月15日 07:44
コメントありがとうございます。
笑太郎さんにも心配いただきましたが、8月になってからは元気にやっています。

出会いがあれば、別れは付きものですが、わかっていても、やはり別れは辛いものですね…(T_T)
Posted by おやじカウンセラー at 2010年08月15日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。