2010年06月30日

大相撲野球賭博問題


サッカー界が、ワールドカップで空前の盛り上がりをみせているなか、日本の国技である相撲界は、野球賭博問題で大変な危機を迎えています。

もっとも日本の場合、国の機関によって相撲が正式に国技と認められたことはないそうなので、正しくは「国民の多くに国技として浸透しているのが相撲」という感じなのでしょうか。

ともあれ、相撲というのは日本古来から伝わる武道(武芸)であると同時に、神事や祭りごとでもあるわけで、その頂点とも言える大相撲が存続の危機とも言える状況にあるわけです。

まあ、ここ数年の大相撲における様々な問題をみていると、なるべくしてなったと言えるような気がします。

個人的にはサッカーや野球などの球技よりも、格闘技である相撲の方が興味はありますし、実際にまわしを着けて相撲の大会に出た経験もあります。

若貴兄弟が活躍していた頃は、何度か名古屋場所まで足を運んだこともあります。

しかし、昨今は土俵外の話題ばかりが取り上げられ、肝心の相撲そのものはなんだかつまらなくなってしまったような気がします。

今回の「野球賭博問題」がどのように決着するのかわかりませんが、サッカーの日本代表チームの活躍の陰で、長年にわたり国民に愛されてきた大相撲が、ボロボロになっていく様を見るのは、何とも寂しい気がしてなりません。

いっそのこと、貴乃花親方が理事長になればいいのになぁ…


オチがないままこのへんで…(^。^)y-.。o○





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:33 | 愛知 ☁ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元気かな??
Posted by 笑太郎 at 2010年07月27日 16:57
元気です(^^)
Posted by おやじカウンセラー at 2010年08月01日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。