2010年03月25日

薬物依存症からの脱却 其の一

先月(2月)の19日から、長年にわたる薬物依存の治療を始めました。

その薬物とは…

ニコチンです(-。-)y-゜゜゜

つまり長年喫煙し続けてきた煙草を止めるために、病院の禁煙外来を訪れたということです。

煙草を止めたいのに我慢できずに吸ってしまうのも、立派?な薬物依存症なのです。

ウィキペディアによると、ニコチン依存症についてこう書かれています。

ニコチン依存症(にこちんいそんしょう)とは薬物依存症の一つであり、タバコの主成分であるニコチンによって得られる心身的安息に囚われるあまり、自らの意思で禁煙をする事が不可能になり永続的に喫煙を繰り返すという精神疾患

そうか…、私は精神疾患だったのか…(;_;)/~~~

ちなみに、私が長年続けてきた(30年以上です)喫煙を止めようとした理由ですが、簡単に言うと「煙草を吸うたびに何となく嫌な気持ちがするようになってきた」からです。

煙草は身体に害があります、お金もかかります、吸わない人にも迷惑をかけます、特に最近は肩身が狭い思いもします、吸える場所を探してウロウロする事があります、吸わない方がいいことが分かっているのに吸ってしまう自分を責めることがあります、他にもたくさん悪いことがあると思います。

でもこれまで吸い続けていたのは、色々良くないことがあっても煙草を吸いたかったからなのです
(-。-)y-゜゜゜

しかし、ここ半年ほど前からは「煙草を吸いたい」という気持ちがどんどんなくなっていました。

けれど気持ちはなくても煙草は毎日吸い続けていました。

なぜなら、私はニコチン依存症だからです。

そんな時に、自宅からほど近い場所にある内科の診療所が、禁煙外来を行っていることを知り、思い切って訪れたのが先月の19日だったのです。

あれから1か月以上が経ちました…

現在の禁煙状況を報告いたします。


残念ながら完全禁煙には至っておりません(^.^)


別に読者のみなさんに言い訳する必要はないので、ありのままをお話します。

治療を始めた当初は、それなりに順調にいっていたと思います。

しかし、今月の第2週あたりからちょっと怪しくなってきたのです。


ここから先は次回のブログに書こうと思います。

題して「おやじカウンセラー、薬物依存症からの脱却 其の二」です。
サブタイトルとして「驚異!の効果・禁煙内服薬チャンピックスは魔法の薬?」

では今夜はこのへんで…夜
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:50 | 🌁 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。