2010年02月26日

「辛い?楽しい?」おやじの柔術日記

愛知県岡崎市の総合格闘技・ブラジリアン柔術アカデミー「スプラッシュ」に通い始めて3週間ほどが経ちました。
splash_logo.gif

何事も「無理せず楽しく」が長続きの秘訣なので、マイペースでぼちぼちやっています。
昨日は新調したミズノの柔道着を着て、練習に参加しました。

私がメインに参加している「ブラジリアン柔術クラス」では、ブラジリアン柔術の基礎やさまざまなテクニックを学ぶことができます。

実際に学んでみると、思っていた以上に奥が深く、すべての動きや技が理にかなったものであることに驚きます。

私の場合、基本的な体力不足や柔軟性が足りないことは言うまでもないのですが、どうしても力任せの寝技になってしまい、経験者の方を相手にすると全く通用しないのです。

色帯(青帯、紫帯、茶帯、黒帯)の方のスパーリングを見ていると、上手い人(強い人)ほど無駄な力を入れず、流れの中で技をかけていることが良く分かります。
もっとも、見て分かるのと実際に使えるのには、天と地ほどの開きがあるのですが、個人差はあるにせよ真面目に練習すれば少しづつでも身についてくるような気がします。

この日は、KB師範を含め4人で柔術の基礎練習を行いました。
KB師範とマツモトさんとクボタさん.JPG
左から、いつも一緒に練習する空手経験者のマツモトさん、師範のKB先生、若い柔道家のクボタさんです。

KB師範は何度もお手本を見せてくれるので「なるほどなるほど…」とわかったような気になるのですが、自分でやってみると上手くいきません。

それでも何度かアドバイスを受けているうちに、何となくそれらしい動きができるようになってきます。
いくつになっても、新しいことを学ぶのは楽しいものです(^.^)

もちろん思うように身体は動かないし、すぐに息が切れるし、若い人に体力負けすると悔しいやら情けないやらで…、おまけに筋肉痛にはなるし…(>_<)

しかし、よくよく思い出してみると、かつて柔道を始めた時もろくに運動経験もなかった私は、毎日の練習についていけず辛い思いをしながらも、それでも何とか頑張っていたのです。

頭を使うということは、仕事でも普段の生活でもそうなのですが、何となく実態がないというか、手ごたえがないというか…(・・?
上手く言えないのですが、自分自身を実感しにくいところがあるような気がします。

そのあたりが、身体を動かす(使う)ということは、まさに自分自身を体感(からだで感じること。また、からだが受ける感じ。)するわけで、とても充実感が得られやすいような気がします。

私達の基礎練習が終わる頃には、色帯の方や女性も含めてたくさんのジム生がスパーリング練習の参加にやってきました。
これからがいよいよ本番なのですが、私はしばし観戦のあと軽い筋トレをして帰りました。

私はまだまだ新入会員なので、できるだけ長く続けることが目標なのですが、この「スプラッシュ」はとても雰囲気が明るくて、先輩会員の皆さんも優しい方ばかりです(^.^)
寝技で耳が潰れたりしている人もいるので、一見すると怖そうですが、初心者にはいろいろアドバイスしてくれたりする親切な人が多いように思います。

もちろん私も見かけどおり??(ちょっとデカくてハゲでヒゲづらで顔が怖いだけです(T_T))優しいのでこれから入門する人も心配しないで下さい。

きっとKB師範の人柄が雰囲気の良いジムにしているのでしょうね(^^)


そんな「スプラッシュ」から3月7日に行われる格闘技イベントのお知らせです。


この大会は、ブラジリアン柔術ではなくグラップリング(道衣を着用しない寝技の格闘技)の試合が行われるようです。

水曜日に一緒に練習をしたクボタさんもエントリーしているそうなので、応援がてら観戦に行こうと思っています。

観戦は無料だそうなので、興味のある方は会場の岡崎中央総合公園(ここがまた広くてキレイで美術館やハイキングコースなんかもあって楽しめる公園です)まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

では、夜中になってしまったので、ここらでお休みさせていただきます。
夜  眠い(睡眠)
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:15 | 🌁 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。