2010年02月15日

「傾聴トレーニング」カウンセリングの基本 聴く技術を学ぶ

昨日は「心の相談室With」室長の竹内成彦先生が講師を務める「カウンセリング中級講座」と、引き続いて午後からの「傾聴トレーニング」が行われました。
午前と午後の、ダブルヘッダーで参加された方も多かったようですね。

「傾聴トレーニング」の内容を簡単に言えば、ロールプレイとその振り返り、そして竹内先生のミニ講座、最後に質問タイム、という流れです。

昨年は、スタッフ参加だった私も、今回は受講生として皆さんと同じようにロールプレイを行いました。
実技好きの私にとっては、ぜひ参加したい講座でしたので、皆さんと一緒に学ぶことができて、とても楽しかったです(^^)

この「傾聴トレーニング」は、毎年2月に行っています。
4月から始まる「カウンセリング基礎講座」や10月からの「中級講座」で学ばれる予定の方は、ぜひ合わせて受講されると良いと思います。

さて、竹の子会の単発講座(2月の傾聴トレーニング、3月のパステルアート体験講座、7月のグループワーク)では、途中休憩の際に、お茶とお菓子の用意をさせていただいています。

昨日は、バレンタインデーということもあり、可愛いきんちゃく袋にお菓子を入れて、受講生全員の方にお配りしました。

Yさんお手製の巾着袋.JPG 巾着袋の中身はお菓子.JPG

これは、竹の子会のYさんが、色々な柄の布地で一つ一つ手作りで用意してくれたものです。

本当は、いつものようにナイロン袋に入れて用意する予定だったのですが、Yさんがこっそり準備してくれていました。

竹の子会のS会長や私は、ご挨拶などで皆さんの前に出ることも多いのですが、実際にはYさんのような裏方のスタッフに支えられて、会は運営されています。

会員の皆さんは、それぞれのスタンスでカウンセリングを学び、活動に参加されています。
そしてどなたもご自分の出来ることで、一生懸命に会に貢献されています。

ちなみに私の役目は、竹内先生の用心棒と会の雰囲気がゆる〜くあり続けるために「適当でいいんじゃないですかオ〜ラ」を出すことでしょうか(^^ゞ

しかし真面目な話、竹内先生と竹の子会の皆さんに出会っていなければ、私はカウンセリングの勉強を続けていなかったかもしれません。

最近では、会の講座や勉強会の際に、顔見知りの方々が挨拶を交わしたり、終了後に互いのアドレスを交換をしているのをよく見かけるようになりました。

竹の子会の講座は、学びの場であると同時に、出会いの場でもあるのだなぁ…、と思います。

今後とも、皆さんが楽しく、そして充実した学びができる場をつくっていけたら、と思っています。

Yさんお手製のきんちゃく袋は、特別に二ついただきました。
一つはデジカメ用に使い、もう一つはタバコ入れにしています。
でも本当は、タバコをやめて飴玉入れにしたいと思っています。

まるで大阪のおばちゃんのような、おやじカウンセラーでした
 (^。^)y-.。o○

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:04 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした〜。おやカンさんは、ゆるキャラなんですね。ゆるキャラの用心棒も面白いですね。あっ!風貌はゆるキャラじゃないんだ。。

タバコを止めて飴玉にすると、ますますトトロになりそうですね。酢昆布がいいかも?まだ、売ってるのかな〜失礼しました。。。
Posted by まゆこ at 2010年02月15日 23:30
まゆこさん、昨日はお疲れ様でした_(._.)_

まゆこさんのコメントへのコメント?は、間違ってひとつ前の記事に書きこんでしまいました。
そちらをご覧ください。

適当キャラなので許してね(^。^)y-.。o○
Posted by おやじカウンセラー at 2010年02月16日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。