2009年11月07日

マイケル・ジャクソンのTHIS IS IT

マイケル・ジャクソンの急逝により幻のコンサートとなった、ロンドン公演のリハーサルと舞台裏のドキュメント映像を映画にした『THIS IS IT』を観てきました。

本当は話題の邦画大作「沈まぬ太陽」が観たかったのですが、時間の都合がつかなかったのです。
映画を見た後で知ったのですが、マイケル・ジャクソンって私より年上だったんですね〜。

映画としての完成度はともかく、彼のダンスは他のどのプロダンサーたちよりもキレがあり、彼の歌声がこんなにも心に沁みるものだったことを初めて感じました。

若くして世界的トップスターとしての地位を得た半面、彼の生涯はスキャンダルが常について回るものでした。

奇跡の復活を目前に、致死量を超える睡眠薬(というより麻酔薬)の摂取?により亡くなってしまうなんて…(-_-;)

特にマイケルファンだったわけではありませんが、この映画を観たことで、彼が目映いばかりの光に包まれた、空前絶後の天才パフォーマーだったことを改めて知るとともに、ステージを降りた素顔のマイケル・ジャクソンの孤独に思いをはせずにはいられない気持ちになりました。

マイケルよ安らかに…



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 12:20 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怒涛の連続コメント第3弾!ってか。(笑)

マイケル・ジャクソンは、同行のダンサーや側近のスタッフの見ている所では、絶対に食事をしなかったそうです。
自分のイメージに生活臭が付いて壊れるのを嫌っていたようですね。
やはり“プロ”だなあと感心したり、そこまでするのか、と呆れたり。(^_^)

Posted by 会長のS at 2009年11月07日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。