2009年07月20日

次男の試合

剣道をしている中3の次男が、西三河大会の予選を兼ねた、豊田市中学生剣道大会に出場しました。

私は都合で(一人で自転車に乗っていましたたらーっ(汗))応援に行けなかったのですが、妻と祖母が会場まで送迎がてら応援してきました。

正直に言って1回戦突破も難しいのでは…と思っていたのですが、自転車に乗っていると妻からメールがあり、見事初戦に勝ったとのこと。

「なかなかやるなぁ…」と感心していると、再び妻からメールがあり、2回戦も勝ったというではありませんか!
よっぽど対戦相手に恵まれたのか…?などと親心のかけらもない事を考えているとまたまたメールがあり、なんと3回戦も勝ってしまったというのです。
妻が言うには「メチャメチャカッコよかったよ〜ハートたち(複数ハート)

結果的には、4回戦では惜しくも負けてしまい(けっこう接戦だったそうです)全参加者236人中の32人まで勝ち残ったということでした。
団体戦の方もそれなりの結果だったらしく、西三河大会の出場が決まったそうです。

特に体力に恵まれているわけでもなく、体格も運動神経も人並み以下の息子ですが、これだけの結果が残せたのは、本人の努力の賜物だと思います。
親として素直に嬉しく思い、帰ってきた息子に、良くやったと褒めてやりました。
息子もとても嬉しそうでした。

ただ、来年の春には高校受験を控えており、先週からは学習塾にも通い始めているので、何とか勉強の方も努力して結果を出してもらいたいものです。

そんな親の気も知らず、試合に勝ててすっかり気を良くした息子は、帰ってくるなり、ゲームの太鼓の達人の練習を始めました。

散らかり放題の部屋で、真剣な顔をして一心不乱に太鼓を叩く息子を見て、チカラなくため息をつく私でしたバッド(下向き矢印)

太鼓の達人.JPG


そうそう、ふと思い出したのですが、高校時代に柔道をしていた私は、西三河大会で3位になったことがあります。
まぁ、ちょっとしたプチ自慢でした…エッヘンるんるん
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:59 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう時こそ、思いっきり手放しで息子さんを褒めてあげましょー。
Posted by じゃあああまん at 2009年07月21日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: