2009年06月01日

カウンセリングの成功と失敗

先週から約3年ぶりに歯医者さんに通っています。
この3年の間に、詰め物が取れたり、小さな虫歯が出来たりしていたので、しばらくは週に1回のペースで通う事になりました。

基本的には医者嫌いの私ですが、歯医者は特に嫌ではありません。
ただ、通うのが面倒なのと、治療の時に痛くされる事を考えると、ついつい先延ばしにしていたのですが、最近は残業もあまりなくて早く帰宅するようになったので、この機会にしっかり治療する事にします。


ところで、最近『カウンセリングの成功と失敗』という本を読んでいます。

カウンセリングの成功と失敗―失敗事例から学ぶ 個人・家族療法

カウンセリングの成功と失敗―失敗事例から学ぶ 個人・家族療法

  • 作者: 白石 大介
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 1991/04
  • メディア: 単行本



ずいぶん前に買って、ひと通り読んでいたのですが、ふと思い立って改めて読み直しています。

と言うのも、たまたま本棚から取り出して開いてみると、箱庭療法の事例が写真で載っていて、読み進めてみるとかなり面白いのです。

サブタイトルに「失敗事例から学ぶ」とあるように、カウンセリングの失敗事例についても、その過程と終了後の考察がしっかり書かれていて、成功事例以上に勉強になります。

おそらく、数年前に読んだ時は表面的な部分しか理解できなかったので、大して印象に残っていなかったのでしょうね。

少し前に(初版1991年です)少し前に書かれたものですが、カウンセリング関連の本では、定番ともいえる本なのでご存じの方も多いかと思います。
成功したカウンセリング以上に失敗事例は勉強になります。
もしも、まだ読んだ事のない方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか。目

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:12 | 🌁 | Comment(3) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今年は随分と歯医者に行きました。

2カ月近くかかりました。親知らずの虫歯まで見つかってしまった(?)ので。最近は、不況で歯医者に行きたいが我慢している…と言う人が増えている由。歯医者側も患者が減っているせいか、もう治療終了のはずなのに、「次の予約は…」と言われてビックリ!「えっ、今日で終わりじゃないんですか?」と言うと、どうもはっきりしない返事。どうも医者も不況知らず、という訳ではないようです。

お勧めの本、読んでみます。どうもご推薦ありがとうございました。
Posted by じゃあああまん at 2009年06月02日 22:21
アマゾンのユーズドで安く買えました。給与カットされているので、とても有り難いです。

失敗編には、きっと、心にズキズキ来るような事例が載っているでしょうが、少しずつ読み進めてみます。

ありがとうございました。
Posted by じゃあああまん at 2009年06月03日 21:09
カウンセリング演習等では、クライアント役がカウンセリングに否定的な態度(長時間の沈黙、反抗的な態度)をする事はまず無いですが、現実には模範演技のようなカウンセリングはあり得ないので、この本の失敗事例はより現実のカウンセリングを知る上で、とても興味深いのではないでしょうか…。
Posted by おやじカウンセラー at 2009年06月03日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: