2009年05月08日

擬態うつ病




こころとの相談室というサイトがあり、精神医学の勉強のために時々拝見させてもらっています。

サイト運営者の林公一さんは、精神科医の方なのですが、このサイトを見ると、心の病に対する精神科医のアプローチがどのようなものかがよくわかり、とてもためになります。

その林公一さんの書かれた本が「擬態うつ病」です。
タイトルからすると、うつ病に似て異なるもの、つまり「うつ病に擬態したうつ病のような病気」について書かれた本だと思われがちですが、むしろ本当のうつ病を正しく理解するために書かれた本、なのだと思います。

「自殺者3万人超」、「職場のメンタルヘルス」などの言葉と必ず対になっているのが「うつ病」です。
身近な家族や、友人、知人、職場の同僚など、身の回りの知り合いに、うつ病の診断を受けた人がいるということも少なくないと思います。

しかし、それほど身近な病気であるうつ病なのですが、本当に正しく理解している方は、もしかしたら非常に少ないのではないでしょうか。

この本を読んでみて、自分自身もうつ病に対してあやふやな理解しかしていなかったことがよく分かりました。

カウンセラーを名乗るのであれば、ぜひ読んでもらいたい本だと思います。



う〜ん…、今日は最後まで真面目な内容だったなぁ眼鏡
おやじカウンセラーは、いつも遊んでばかりだと思われるから(実際そうなのですがいい気分(温泉))たまにはまともな記事も書かなくてはるんるん

個人的な心配事が一つ解決したので、明日は、また元気に遊びに行きます。晴れ
タグ:擬態うつ病

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:15 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、ボランティアで行っているデイケアが、認知症の方ばかりなので、認知症の本を探しています。

認知症の方に対するカウンセリングが難しい訳ではないのですが、何かまとまった知識があった方がいいかな?と…。何かお勧めがあったらお知らせ願います。
Posted by じゃあああまん at 2009年05月08日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: