2009年04月22日

清水由貴子さんのこと

「清水由貴子さん自殺…介護疲れか」

中学生の頃、日曜日の「スター誕生」をよく見ていました。
森昌子さん、山口百恵さん、桜田淳子さん、ピンクレディー、他にもたくさんのスターを誕生させたこの番組で、清水由貴子さんもデビューしたことを覚えています。
特にファンではありませんでしたし、最近は、ほとんどテレビで見かけることもなかったのですが、このニュースは、少しばかりショックでした。

49歳か…、おれと同い年だったんだなぁ…

芸能人も、サラリーマンも、専業主婦も、子供も、大人も、老人も、皆それぞれに悩みを抱えて生きています。
努力すれば解決できることもあるでしょうが、頑張ってもどうにもならない事や、一生背負っていかなければならない事もあります。

清水由貴子さんは、抱えきれないほどの大きな悩みを持っていたのでしょうか…、そして最後まで、独りぼっちで抱え続けていたんだろうか…。

人は、自分の強さを見せることは出来ても、弱い自分を見られることには、強い抵抗を感じるものだと思います。

でも、弱くて、情けなくて、駄目な自分を、素直に表せる相手がいて、そしてそんな自分を受け止めてくれた時、出口の見えない、暗闇の中に、ほんの僅かでも、小さな灯りが見出せるのかもしれません。


自らの手で、命を絶つことを肯定することはできませんが、真っ暗な袋小路に入り込んで、どうしても灯りを見つけられずに苦しんでいたかと思うと、とても彼女を責める気持ちにはなれません。

辛い時にも、人前では笑顔を見せてしまう。

清水由貴子さんの写真を見て、ふと、そんなことを考えてしまいました。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:18 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

ショックなニュースでしたね…。陽気で親しみやすいキャラだったのに人生の結末が自殺なんて…。

仰る通り、弱い自分を見せるのは辛いです。受け止めてくれる人がいないのは、もっと辛いかも知れません。清水さんは自分の弱さを見せない気配りの人だったのかも知れません。


岡田有希子の自殺とダブります。その頃、東京で働いていたので。
Posted by じゃあああまん at 2009年04月22日 22:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: