2009年01月26日

産業カウンセラー学科試験

本日、1月25日(日)は全国で一斉に『産業カウンセラー学科試験』が実施されました。

昨年は受験者として参加したのですが、今年は中部支部の試験係員としてお手伝いに行ってきました。

という訳で、昨日に続き、今日も朝から電車に乗って名古屋へGO電車

試験開始は午後からですが、我々スタッフは朝9時に会場に集合です。

たくさんの(多分500人近い?)受験者に対してスタッフは思いのほか少ない人数なので、ちょっとびっくり!

さっそく綿密な打合せをいたします。
なにしろ、受験者の皆さんは、半年間も養成講座で勉強を続け、今日が正に勝負の日なのですから、こちらも不手際の無いようにしっかり対応しなくてはいけませんパンチ

準備も一通り終わり、受付開始までの時間に少々早めの昼食です。
今日のお手伝いは、お弁当付きなのです。

なかなか美味しそうなお弁当わーい(嬉しい顔)
一緒にお手伝いに参加した、養成講座からのお友達Tさんが、
「私、肉嫌〜い!食べなよ!」と言って有無を言わさず、ヒレカツをくれました。

Tさんに逆らうと恐いので(ヒレカツも食べたいし)ありがたくいただきます。

他にも協会の研修や勉強会で、ご一緒したことのある方が何名かいらしたので、研修の情報などを聞かせてもらいながら和やかに歓談するうち、受付時間になりました。

受付では、受験に来られた何人かの知り合いと顔を合わせたのですが、公正な立場の係員としては、親しげにお話しするわけにもいかず、そこは目コンタクトで、激励の『頑張ってオーラ』を出しておきました。


今日、全国で産業カウンセラーの学科試験を受けた皆さん、実力は発揮できましたか?

ずっと頑張ってきたんだから、サクラサク手(チョキ)の朗報が届くといいですね。

産業カウンセラーを目指す目的はそれぞれ違っても、仲間と一緒に頑張ってきた半年間は、きっとかけがえの無い時間だったと思います。

今日の受験者の皆さんへ、ちょっとだけ先輩の私からメッセージです。

カウンセラーへの道はイバラの道、これからが本当のスタートです。いつかきっと、自分の前でクライアントが笑顔を見せてくれる日が来ることを信じて、くじけず歩んでゆきましょう晴れ


   ☆お知らせ☆   
本物のカウンセラーを目指す方へ


私が師と仰ぐ、「本物のプロカウンセラー竹内成彦先生」のカウンセリングルーム、
心の相談室with』のご案内です。

まずは、ホームページをご覧になってみて下さい。

「どうしたら本物のカウンセラーになれるのだろう・・・」そんな疑問をお持ちの方は、必見です。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:52 | 🌁 | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名古屋支部→ 中部支部ですよ。

そこはコンタクトで、激励の『頑張ってオーラ』を出しておきました。→ ここが、おやじカウンセラーさんの優しさだと思いますよ。

『カウンセラーへの道はイバラの道、これからが本当のスタートです。いつかきっと、自分の前でクライアントが笑顔を見せてくれる日が来ることを信じて、くじけず歩んでゆきましょう』→ この言葉、胸に沁みますね。
Posted by じゃあああまん at 2009年01月27日 21:27
名古屋支部→ 中部支部ですよ。

ははは・・・(^^)
勝手に支部を作ってはいけませんよねぇ。

ご指摘ありがとうございました。
協会からクレームが来ないうちに訂正しておきます。

でも、毎年毎年あんなにたくさんの人たちが、試験を受けて、その内の半数以上が産業カウンセラーになっているのに、実際にカウンセラーとして活動している人がそれほどいないのは、なんだか不思議ですね。

やっぱり、資格なんていうものは、単なる名札みたいなものなんでしょうかねぇ・・・。



Posted by おやじカウンセラー at 2009年01月28日 00:30
かつて、産業カウンセラーをウィキペディアで調べたら、「資格を取得した人に比べて活動している人が少ない…」と書いてありましたね。今は、どうなっているのでしょうか?
Posted by じゃあああまん at 2009年01月28日 21:05
予備校でカウンセリングを拒否したら、したで、「せっかく悩みを解決するプロの人を紹介しようとしているのに」とか、「なんでのそカウンセラーと会ったわけじゃないのに嫌がるんだ」とのうざい念仏を聞かされた。
ふざけるな、私は不登校になった後も学校や、親にカウンセリングを薦められて、受けたが、全然悩みも問題も解決しなかった。
なんなんだよカウンセリングって、ただ単に話を聴いたら、(カウンセラーに相談した)自分にも問題は無かったのか?むしろ相談した本人に問題があると、話を誘導し、そう思わせ、根本的な問題から目をそむけようとしてるし、させてる。
親に「教師がカウンセリングを強引に薦めてくる」と相談したら、「もう子どもじゃないんだからそのくらい自分で対応すれば」だとよ、いったい誰に相談すればいいんだよ、エア彼女にでも相談しろってか?え?わけ解らねーよもう。
もういっそのこと予備校辞める前に、フリースペース辞める前にそこをメチャクチャにした時みたいなことか、それ以上の事やってやるか。
どうせ俺なんて教師にいちゃもんつけられて退学だし。
Posted by ウオン・スンヒ at 2009年01月29日 16:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: