2008年12月04日

クリスマスのイルミネーション

自宅の近所で、ちらほらとイルミネーションの飾り付けを始めた家が目に付くようになりました。

なかにはびっくりするほど沢山の電飾で、ピカピカひらめきチカチカぴかぴか(新しい)と光り輝いている家もあり、住人は眩しくないのかなぁ・・・などといらぬ心配をしてしまうほどです。


いつ頃から、あのように電飾で家を飾りつけるようになったのでしょうね?

もちろん、昭和35年生まれの私が子供の頃はありませんでした。

息子(高校1年生)が小さかった頃は、すでにあちらこちらで見かけるようになっていたので、10年以上前からあったのでしょうね。


きっと、子供の親同士で張り合ったりしているのかなぁ・・・

「パパ、○○ちゃん家はすごいぴかぴかだよ!うちもサンタさんプレゼントが来るようにぴかぴかにして!!」
「よ〜し!うちも負けないようにパパが頑張って、ピカピカひらめきのチカチカぴかぴか(新しい)のディズニーランドみたいなお家にしちゃうぞ〜手(グー)

なんて、勝手に想像してしまいます。


最近、暗い話題が多いので、クリスマスぐらいは派手にパァ〜っと明るくやるのもいいかも知れませんね。クリスマス


タグ:クリスマス

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:03 | 🌁 | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: