2021年03月28日

雨の日は暇なのだ・其の四

雨の日はホントーに暇なのだ。

なので四本目のブログでも書くか。


KIMG0327.JPG

中学時代からの友人が定年後の趣味として

小さなバイクに乗りたいということで

1年がかりで小型自動二輪の免許を取った。

コロナの影響で時間がかかったのだ。

早速、レンタルでホンダPCX125を借りて

恵那の「おばあちゃん市」・山岡」までツーリングに出かけた。

KIMG0324.JPG

友人は初めて来たらしいが

私はバイクで何度か訪れている。

木造の巨大水車がゆっくり回っていて

それを眺めているだけで気分が落ち着くなぁ。

KIMG0330_01_BURST1000330_COVER.JPG

少し離れた展望広場に移動して

コンロでお湯を沸かしカップラーメンとおにぎりのランチ。

たまたま居合わせたカブ乗りのおじさんとも歓談し

のんびりと楽しい時間が過ごせた。

KIMG0331.JPG

その後も友人は別のバイクをレンタルして

あれこれ乗り比べたり調べたり

どのバイクを買おうか思案中のようだ。

KIMG0312.JPG

私としてはぜひカブ主になって欲しいのだが

最近は125ccクラスが充実しているから

お気に入りの愛車を見つけてくれればいいな。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:54 | 愛知 ☔ | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の日は暇なのだ・其の三

雨の日は暇なのだ。

なので三本目のブログでも書くか。

KIMG0339.JPG

この前、映画を観に行った。

今年2回目の映画鑑賞というわけ。

4月からは公開が遅れていたハリウッド映画が

ぼちぼち公開されるようなので

もっとペースが上がってくると思う。

で、今回の映画。



タイトルの「ミナリ」とは

韓国語で香味野菜のセリのこと。

1980年頃の韓国系移民家族を描いた作品です。

主役の俳優、見たことあるなあ、と思ったら。

米国ドラマの「ウォーキングデッド」に出てた俳優でした。



この映画が韓国でつくられた映画ではなく

米国映画だということにちょっと驚き。

渡辺謙とか真田広之とかサニー千葉とか・・・

ハリウッドで活躍している日本人俳優も多くいますが

主役が日本人と言うのはあまり聞かないな。

まあ主役は韓国系アメリカ人ですけど

なんとなく韓国人の方がグローバルな感じ。

韓国と日本は、同じ東アジアの国でも

ユーラシア大陸と独立した島国の違いがあるのかな。

映画自体は今年のアカデミー候補らしいです。

確かに派手さはないけどいい映画でしたよ。

今週も見たい映画があるので

また映画館に足を運ぶ予定です。


映画バンザイ

コロナに負けるな!!




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 16:25 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の日は暇なのだ・其の二

雨の日は暇なのだ。

なので二本目のブログでも書くか。


昨日は、大樹寺の近くに車を置いて🚙

てくてく歩いて岡崎公園に花見に行った。

KIMG0343.JPG

真ん中にちょっぴり見えるのが岡崎城。

KIMG0348.JPG

例年より控え目だがちゃんと露店も並んでいた。

でも、お酒の販売と宴会は禁止らしい。

KIMG0350.JPG

酒飲んでバカ騒ぎするより

これぐらいが花見らしくていいかもね。

久しぶりにチーズハットグの屋台で

露天商をしてる知人を見かけたので声をかけた。

元気そうだったが、やっぱりコロナで大変らしいね。

KIMG0349.JPG

岡崎公園となりの菅生神社で

皆の健康とコロナ収束をお願いした。

帰り際に、友人家族と遭遇。

もうかれこれ50年近い付き合いの友人で

若いときはこれでもかと言うほど遊んでいたが

仕事や家庭優先でしばらくご無沙汰だったのが

ここ最近、お互いの定年を機にちょこちょこ会っている。

奥さん娘さんと会うのは久しぶりだったが

皆さん元気そうでなによりなにより。

KIMG0340.JPG

天気も良く、ウォーキングがてらのよい花見だった。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 15:23 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の日は暇なのだ・其の一

雨の日は暇なのだ。

なのでブログでも書くか。

KIMG0257.JPG

少し前に読んだ本。

仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える (幻冬舎新書) - 泉谷 閑示
仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える (幻冬舎新書) - 泉谷 閑示

いまの私にはとても都合が良さそうな本だな。(笑)

そう思って軽い気持ちで読んでみたら

けっこう難しく、深い本だった。

著者は心理療法専門の精神科医。

薬物療法は一切やらないらしい。

KIMG0248.JPG

これも同じ著者の本。

「普通がいい」という病 (講談社現代新書) - 泉谷閑示
「普通がいい」という病 (講談社現代新書) - 泉谷閑示

こちらもけっこう深い本だった。

普通に生きるというのはなかなか難しい。

普通とは、人並み、平均、多数派、マジョリティ。

まあそんなところだろうが

明確な基準があるわけではなくて・・・。

たぶん多くの人は「普通ど真ん中」からどこか外れていて

そんな普通から外れた人が

何とか人並みに生きようとするのは

けっこうな苦労があるものだ。

普通じゃないと幸せになれないのなら

世の中、不幸な人だらけになってしまう。

ああ、そうか・・・

だからみんな幸せとは程遠い顔をして

不満や愚痴や泣き言ばかり言ってるんだな。

KIMG0336.JPG

山羊はメエメエ鳴くけど泣き言は言わない。

偉いね、ヤギ。🐐



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 14:46 | 愛知 ☔ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

豊田と岡崎

KIMG0294.JPG


岡崎市の大樹寺から岡崎城までをつなぐ

ウォーキングコースを歩いてきた。


KIMG0295.JPG


私は兵庫県で生まれ2才のときに愛知県に移った。

小学5年まで三好町(現みよし市)で育ち

その後、豊田市に移り住んだ。

青年期に県外で4年ほど暮らしていたが

ほぼ人生の大半を豊田市で過ごしている。


しかし今年で市制70周年を迎えた豊田市はとても広く

私の住む地域は南の端っこで岡崎市寄りなので

今も昔も出かけるのは岡崎市ということになる。


どちらが良いとか好きとかではないが

やはり豊田は工業の街であり岡崎は歴史と商業の街。

豊田市も昔に比べると

ずいぶん商業施設や文化施設が増えた感があるが

岡崎市のように歴史を感じさせる雰囲気はあまりない。


KIMG0292.JPG


と言っても岡崎の中心地も昔の城下町から

やや離れた複合商業施設周辺に移りつつあり

車移動は便利なのだがなんとなく寂しさを感じる。


KIMG0298.JPG


この日は天気も良く

岡崎城では音楽イベントが開催されて

そこそこの人出があった。


ついつい買い食いもしてしまった。


KIMG0297.JPG


ようやく春が来た。

コロナ禍では春を満喫と言うわけにはいかないだろうが

それでもしみじみと静かに春を楽しむ術はたくさんある。


KIMG0301.JPG


桜の季節になったらこの伊賀川沿いの桜並木を

またのんびりと歩いてみよう。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:02 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

「なんとなく」思うこと

KIMG0288.JPG


旬の春キャベツでペペロンチーノをつくりました。🎵

パスタ料理はシンプルな方が美味しいですね。

かなり大盛りでもペロリでした。(笑)


KIMG0290.JPG


仕事を辞めてから

「第二の人生はいかがですか?」

などと聞かれることがあります。

正直、この問いには違和感を感じます。

人生に第一も第二もないと思うので。


確かに60才を過ぎて

サラリーマンでなくなるということは

生活に大きな変化があるのですが

だからと言ってすんなりと

バラ色の生活が手に入るわけでもないのです。


KIMG0241.JPG


サラリーマン時代は

「自分は仕事や会社に縛られている」

そんな感覚を持ちやすいです。

しかし実際には会社が縛っているのではなく

自分で自分を会社に縛り付けている。

それが正しいと思います。


もっと言えば

自分は何者なのか?

何のために働くのか?

何をすればいいのか?

どうすれば幸せな人生を送れるのか?


若い頃は誰もが考えたであろうそんな問いを

サラリーマンになり

家庭を持ち

子供を育て

家を買い

車を買い

何とか人並みな生活を手に入れる。


そんな働かざるを得ない理由を持つことで

「自分は何のために生きるのか?」

と言う、根本的な自分自身への問いかけに

長〜い間、目をそむける事ができたのです。

いま振り返ると、有難いことです。


KIMG0243.JPG


そして仕事から離れた今

改めてもう一度自分への問いが始まるのだと思います。


まあ、自分の場合はごく単純に

なんとなく「もう仕事はしたくないなあ・・・。」

という程度の考えで無職になったわけですが

この「なんとなく」というのは

けっこう重要なのではないか?

そんな気がしています。


内省だとか自己分析だとか

それはそれで大切だろうし面白いのですが

いくら理由付けをしてもしっくりこないこともあるのです。


なんとなく嫌

なんとなく好き

なんとなく楽しい

そんな気持ちに素直に生きるのも悪くはないなあ。


強いて言えば

第二の人生はバラ色ではないのかもしれませんが

人生の消化試合というわけでもないのです。


最近「なんとな〜く」そんなことを思うのです。(笑)




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:33 | 愛知 ☁ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

梅と桜

KIMG0283_01_BURST1000283_COVER.JPG


「花見」と言えば真っ先に思い浮かぶのは桜です。

でも今の時期は梅の花が見頃なんですよね。


KIMG0279.JPG


学問の神様で有名な岩津天満宮は

自宅から歩いて小一時間ほどなので

ウォーキングがてら梅の花見に行ってきました。


KIMG0281.JPG


桜もいいですが梅の花は何となく品があり

控え目で奥ゆかしさを感じられます。


あと一月もすれば桜の花が見られるのでしょうが

今年もにぎやかな花見は自粛でしょうね。


毎年、岡崎の桜祭りや地域の秋祭りなどに行くと

露天商をしている昔の知人に必ず会って

挨拶を交わすのが常でしたが

去年は一度も顔を合わすことがありませんでした。


元気でいるのだろうか・・・


気にはなりますが仕方がありませんね。

少しでも早くコロナがおさまって

笑顔で花見ができることを願うばかりです。


KIMG3205.JPG



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 16:47 | 愛知 ☔ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする