2020年03月26日

パラサイト 半地下の家族

ややネタバレありです。ご注意を!

KIMG3129.JPG

巷で評判の映画を観た。


パラサイト 半地下の家族



外国語映画初のアカデミー賞(作品賞)受賞で話題になりました。


面白かったですよ、これ。

序盤からテンポよく話が進み飽きずに最後まで観られました。

この映画は格差社会への問題提起だ!

などとも言われているようですが、そんな難しいものかなあ・・・

私はブラックコメディ映画だと思いましたけどね。


貧乏家族が超お金持ち家族に寄生(そのまんま)する話ですが

この貧乏家族がなかなか生活力旺盛で悲壮感ゼロ。

しかもけっこう楽しくやってる感がありありなのです。

むしろ超お金持ち一家の方がつまんない生活に見えるほど。


偏差値の高い良い学校に行って

社会的に認められる大企業や立派な仕事について

人一倍お金を稼げるようになろう。


そう考えるのはそれが幸せな人生に繋がると思うからですよね。

一言で言えばどうすれば幸せになれるのかよくわからないので

とりあえずお金持ちになればなんとかなるだろうと・・・

まあ極端に貧乏だといろいろ不幸を抱えやすいのは事実かな。


親も学校の先生も幸せになる方法は教えてくれないしね。

さらに、親や先生も幸せそうには見えなかったりするし (笑)

カウンセラーなら教えてくれるのかな?

あんまり幸せそうじゃないカウンセラーもいるっぽいしなあ。


私はめっちゃ幸せー


って人がいたら教えて欲しいものです。


ちなみに令和2年8本目の映画鑑賞でした。

今年はけっこうハイペースで映画見てます。

幸せ〜 (笑)





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:37 | 愛知 | Comment(1) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする