2019年11月21日

記憶の彼方に

愛車カブ号で初めて訪れた『古民家カフェ《風》』

KIMG2622.JPG
 
とても素敵な雰囲気で、のんびり落ち着いた時間を過ごしました。


KIMG2617.JPG

ランチとアフターコーヒーを楽しんでから、ゆっくり腰をあげました。

レジで笑顔の店主がお礼を言いながらポイントカードを渡してくれて、こう言いました。

「お客さん、今日は豊田市の◆◆からみえたんじゃないですか?」

へっ?!そうですけど・・・(何で知ってるの?) 

「僕、〇〇です。中学で一緒だった🐻🐻くん(⬅私の名前)だよね」

えっ、うそ!? ホントにー!

そうなんです。店主は卒業以来45年ぶりに会った同級生(同学年)だったのです。

偶然とはいえ、本当に驚きました。💞

しばらく共通の知人の話などをしてから店をあとにしました。 


KIMG2545.JPG

帰宅してすぐに卒業アルバムを引っ張り出して見てみました。

実は、そのとき初めて彼の名前と顔が一致したのです。

そうなんですよ。

目の前の彼と話をしながら、頭のなかではずっと「うーん、誰だったかなぁ?」と考えていたのです。

まったく申し訳ないやら情けないやら。💧💧💧

だってそんなに付き合いがあったわけではなかったと思うんだよねー。

むしろ、私のことがよくわかったなぁ、って不思議で仕方ありません。

45年ぶりに顔を合わせてもわかるものなんでしょうかね。

私は特に目立つタイプではなかったんですけどね。

今度、美味しいコーヒーを飲みに行ったときに聞いてみようと思います。

そして2年前に古民家カフェをオープンした経緯も聞きたいなぁ🎵




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:25 | 愛知 ☀ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする