2019年06月25日

「子供を殺してください」という親たち

KIMG2187.JPG

梅雨の晴れ間に久しぶりのサイクリング。

レーサーパンツを履いてても尻が痛いなあ (~_~;)


こうしてブログを書くのも久しぶりだ。

ネタはあるのだいろいろと。

例えば

愛車ジムニーを突発的に売っぱらって

ここひと月ほど車無し生活をしていることや

KIMG2140.JPG

キング・オブ・モンスターズを観て

モスラのテーマ音楽にうるうるしたこと。 😢

KIMG2177.JPG

5年ぶりにCoCo壱で食ったカレーが美味かったこと。

KIMG2172.JPG

とある事情で浴室と洗面所の全面改装を余儀なくされ

高めの小型車が買える程の出費にショックをうけてることなど。


しかし書きたいのはそんな下世話なことではなくて

久々にずしんと響く本を読んだ。という話だ。

KIMG2190.JPG

まだ一冊しか読んでいないが思った以上に骨太の内容だ。

前半はいくつかの事例が書いてあり

どれも衝撃的な内容だけどこれが現実なのだろう。

後半は現代の精神科医療の様々な問題が書かれている。

それにしてもこの作者は現場での経験もさることながら

精神科医療に関しては全くの無資格者とは思えないほど

もの凄く豊富な専門知識に基づいて

この本を書いていることに心底驚いた。

真のスペシャリストとはこういう人なんだと思う。

「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)
「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

子供の死を祈る親たち (新潮文庫)
子供の死を祈る親たち (新潮文庫)

興味がある方はぜひ文庫を読んでもらいたいが

手軽にという意味ではコミックもある。

「子供を殺してください」という親たち 5 (BUNCH COMICS)
「子供を殺してください」という親たち 5 (BUNCH COMICS)


結局本の内容には殆んど触れていないが

個人的にはここ数年間で読んだ本でイチオシである。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:17 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

読書会とは自己開示なのだ

KIMG2173.JPG

今日は所属しているカウンセリング学習グループの勉強会。

今回は不肖私が読書会のファシリテーターを務めさせてもらった。

カウンセリングと読書会・・・

はたしてカウンセリングの学びになるのか?

そんな疑問もなくはなかったのだけど

実は読書会というヤツをやってみたくて仕方なかったのだ。

とはいうものの参加者もファシリテーターの私もほとんど初体験。

どうなることかと思ったが豈図らんや

さすがは産業カウンセラーのグループだけのことはあるね。

予想を超えた楽しく有意義な読書会になった。

今回の読書会はジャンル不問、漫画もOK、何でもありだったので

それこそ小説あり、ビジネス書あり、絵本あり、コミックあり・・・

それでいて、やはりどこかでカウンセリングに通じるような

そんな魅力あふれるおススメ本が勢揃いという感じだった。

まずはずらりと紹介してみますね。

図解 モチベーション大百科
図解 モチベーション大百科


過労死: その仕事、命より大切ですか
過労死: その仕事、命より大切ですか


「助けて」と言える国へ ―人と社会をつなぐ (集英社新書)
「助けて」と言える国へ ―人と社会をつなぐ (集英社新書)


想像力欠如社会
想像力欠如社会


一億総貧困時代
一億総貧困時代


オリジン 上
オリジン 上


生きているのはなぜだろう。 (ほぼにちの絵本)
生きているのはなぜだろう。 (ほぼにちの絵本)


おおきな木
おおきな木


さよならミニスカート コミック 1-2巻セット
さよならミニスカート コミック 1-2巻セット


ニューヨーク・ニューヨーク 1 (白泉社文庫)
ニューヨーク・ニューヨーク 1 (白泉社文庫)


失踪日記
失踪日記


青い鳥 (新潮文庫)
青い鳥 (新潮文庫)


泣けない魚たち
泣けない魚たち


本当にどれもこれも読んでみたくなる本ばかりです。

もうね、2時間足らずでこれだけの本を

各自が思い入れたっぷりにプレゼンするのですから

はっきり言って時間が足りません。( ノД`)シクシク…

今回の読書会で唯一の反省点はそこですね。

振り返りの時間がもっとあれば

聴きたいことや言いたいことが山ほどあったと思います。



どんな本を読むか、どんな本に興味があるかということは

その人の個性であり、ある意味その人そのものだと思います。

読書会とはまさに自らを開示する場なのですね。

今回の読書会が大成功だった要因は

参加者の皆さんがしっかり自己開示してくれたから。

そして安心して自己開示できる場であったからだと思います。

ファシリテーターの私は何をしてたかって?

タイムキーパーですよ!ただそれだけ (^^♪

でもね全員が時間内にプレゼンできたのですから

ちゃ〜んと役目は果たしたのです。 (-。-)y-゜゜゜

ぜひまた機会があれば読書会やりたいですね。


もし、私も読書会に参加したいという人がいましたら

個人的に開催してもいいかな?とも思っています。

それくらい本をシェアするって楽しいものでした🎵




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする