2018年09月02日

嫁の心理


KIMG1305.JPG


また台風が来ているようだ。


まったく今年の天気というヤツは


秋の気配も感じさせないくせに台風ばかり来る。


しかも台風が発生すると、嫁がやたらと大騒ぎするのだ。


まだこっちに向かってるかどうかもわからないうちから


来週はハナちゃん(愛犬)の病院があるし


もう予約しているからどうしよう、とか


バイクのカバーも外した方がいいだろうか?など


私からすればどうでもいいことばかり気にしている。


今のうちから来るか来ないかわからない台風の心配をしてどうするのか。


どうせ心配するなら、老後の生活資金のことや


何も手をつけていない地震対策のこととか


もっと大事な心配事があるだろうに。


嫁の心配話を受けてそっち方面の話を掘り下げようとすると


とたんに面倒な顔をして「テレビ見てるから静かに!」などと言う。


テレビのスポーツ観戦とペット関係の番組が大好きな嫁は


ここ最近はずっとアジア大会の番組にかじりつき一喜一憂している。


私も一部のスポーツには多少興味があるが、


自分がやりもしない競技を観てもあまり面白くない。


なのでどんな競技でも食い入るようにテレビを観る嫁の心理がよくわからない。


そこそこ長く一緒に暮らしている嫁の心理すらいまだに理解できないのは


カウンセリングの勉強が身についていない証拠だろう。


10年以上も学んできて情けない話だが事実だからしょうがない。


理解できなくても共感すればいいのだろうが、そっちはもっと難しい。


そんな嫁との関係だが「うまい飯を食う」という一点に関しては


受容も共感も自己一致もほぼ100%出来てしまうのだから不思議である。


KIMG1214.JPG


しかしこれはカウンセリングを学んだこととはたぶん無関係なので


カウンセリングの勉強はやっぱり役に立っていないのだろう。


しかし最近は「うまい飯を食う」「スーパー銭湯に行く」が加わった。


もしかしたら徐々に勉強の成果が現れてきたのかもしれないと思っている。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 18:00 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする