2018年03月03日

リーダーとサブリーダー

寒さに強い私も、さすがにこの冬は寒い寒いと思っていたら、

気がつくと春がやってきました。


KIMG1063.JPG


昨年の4月から始まった自治会の役員活動も、明日の総会でようやくひと区切り。

今回は副会長を担当したのだけど、まあ、いろいろすったもんだがありました。

なにぶん340世帯あまりの大所帯なんで、いろんな人がいるもんです。

もちろん立派な人、尊敬できる人、お世話になった人も含めてね。


で、今回の副会長という立場、けっこう好きなんです。

2年ほど前まで関わっていたボランティア団体でも、副会長時代が長くて

最後に3〜4年かな?会長をやったけど、どうもしっくりきませんでした。


そもそもリーダーになりたいとか、向いてるとか思ったことが無い。

仕事でも現場リーダーをやってるけど、

まあサラリーマンは、やれと言われれば簡単には断れないから

仕事だと割り切って役割を果たすしかないという気持ちでやっている。

役割意識はそれなりに強いんで、

時にはビシビシ指示を出したり、必要なら厳しい指導もするけれど

本当はリーダーよりサブリーダー的な立場が向いてる気がする。


大きな組織や企業だと、それぞれの役割や立場ががっちり決まってるけど

小さな組織や任意のグループの場合、そういうのがけっこうあやふやだから

調整役だったり緩衝材的な役割がいると、なにかとまとまりやすいと思う。


逆にサブリーダーがリーダーに反発したり

リーダー側に付き過ぎて、他のメンバーと距離が空くと

だいたいトラブルに発展することが多いね。


今回の自治会活動でも、私の他にもう一人副会長がいたんだけど

その方がそういうタイプだったので、何かとギクシャクがありましたからね。


そう考えるとサブの役目って

リーダーとメンバー両方から信頼されるってことが重要だから

どちらの言い分もよく聞かないといけないし

どちらの立場も尊重したうえで、落としどころを見つける役割なんだな。


極論を言えば、リーダーとメンバー両方をコントロールできるのが

サブリーダーなのかもしれない。


うん、きっとそうだ。


だからコントロール欲求の強いタイプ(性格)には

一粒で2度美味しい(全体をコントロールできる)うってつけのポジションなんだ。


ただね、調子に乗ってあまりにも策に走り過ぎると

全員からの信頼をなくしてしまうから気をつけないとね。


最後にものを言うのはやっぱり人柄ですよ。(-_-)

その点、今期の自治会長さんは、とても尊敬できる人だったので、

私も誠心誠意、全力でサポートいたしました。<(_ _)>


ちなみに私が思う理想のリーダー像は「次郎物語」に出てくるこの言葉です。

次郎物語(全) -
次郎物語(全) -


白鳥蘆花に入る



その意味は・・・

あるとき白鳥が一面の白い蘆の花のなかに静かに降りた。白い花のなかに白い鳥であるから、それが降りたことが、周辺にもほとんど分からない。にもかかわらずあの大きな羽がふわっとくるから、周辺の蘆は静かに揺れる。つまり白鳥は目立たないけれども確実に周辺に影響を与えていく、人間についてもそういったあり方が望ましいのだ。


う〜ん、目指すところは遠いなあ・・・






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:38 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする