2017年07月27日

仕事が嫌でしかたがなかった頃


過重労働による女性従業員の過労自殺が、大きな社会問題となった大手広告代理店「電通」が、週休3日制を含む労働環境改善の検討を始めたそうです。


関連ニュース⇒https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000099-jij-bus_all


うーん、週休3日制かあ・・・


実現できれば素晴らしいことだけど、そんな簡単に仕事が減らせないでしょう。


休日出勤や、サービス残業をバンバンやっていた企業が、どうやって週休3日制の仕組みをつくるのか興味があるね。





仕事をするって、本当に難しいことだと思う。



生活のためにお金を得る。


自分の能力を発揮する。


自分の適正に向いた仕事をする。


組織内での人間関係をつくる。


能力を高めスキルアップをする。


良い評価を受ける。


仕事を通じて社会に貢献する。


社会的な信用を得る。


仕事そのものを楽しむ。



仕事をする目的は山ほどあるけど、出来れば仕事なんかしないで、遊んで暮らしたいっていう気持ちも正直ある。


私なんか若い頃、ホントに仕事が嫌だった。


もう嫌で嫌で、毎日会社に行くのが憂鬱でしかたなかった。


それでもせめて、給料泥棒と言われないようにしなきゃ、って思いだけで会社に行っていた。


けど、結局8年で限界が来て退職した。


理由は「仕事の内容がどうしても自分に合わなかった、向いていなかった」というのが一番だったけど、働くこと自体が嫌だったんだろうなあ・・・


あの頃は、本当に嫌だったんだけど、仕事のことだけじゃなくて、おそらく他にもいろんなことで生き辛さを抱えていたんだろうな。


とにかく全てにおいて、自分のことを「ダメなヤツ」としか思えなかった。



今でこそ、何とかまともらしく生きているけど、当時は自分の将来なんて真っ暗闇だと信じていたから、結婚して家族を背負うなんて、とても無理だと考えていたし、この先自分の人生は落ちて行くばかりだと思っていた。


何が変わったんだろう。


何も変わってないはずなのにね。



ぐうたらなダメ人間のくせに、運よくやってこれたんだよ、きっと。


だからもうそろそろ、本来のぐうたらに戻りたいなあ。



最近、そんなことを考えている自分がいて、ちょっと危ない予感がしている。



M1号.jpg

   ぐうたらな自分のイメージ画像






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:32 | 愛知 ☁ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボランティア活動


ご近所さんで、畑を借りて家庭菜園に勤しんでいる方が何人もいらっしゃいます。


KIMG0513.JPG


元々はサラリーマンだった方ばかりです。


何種類もの野菜を本格的に育てている方も多いです。


3年前に亡くなった父親は、そうしたことに全く興味がなかったようで、畑仕事どころか庭の草むしりをしたこともなかったと思います。



今年から自治会の活動に関わるようになりましたが、区内の公園や広場(4ヵ所あります)、周囲の遊歩道などの草刈りや花壇の手入れなどを、ボランティアの皆さんが一生懸命に取り組んでおられることがよくわかりました。


夏の暑いなか、朝早くから活動されている様子を見ると、本当に頭が下がります。 


活動費として多少の援助はあるようですが、ほとんどが用具や備品、花の苗などの必要経費で消えてしまい、時には持ち出しで賄うこともあるそうです。


奉仕の心を持ってそれを実践することは、誰にでもできることではありません。


地域活動は各種団体の役員の方など、表立って動く人だけでなく、目立たなくても一生懸命に汗を流して、地域の美化活動などのボランティアに取り組む人たちがいることで支えられているのです。


KIMG0281.JPG


生き甲斐を日々の生活の中で見つけることが、幸せというものかもしれません。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:00 | 愛知 ☁ | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする