2017年07月24日

成長とは何か?


成長とは何か?



久しぶりに硬派なテーマです。




「成長」の定義はいろいろありますが、個人的にはこれが一番しっくりきました。



成長とは、なりたい自分に近づくこと




そうね、大人の成長とはこれだよね。


だから明確な目標を持つことが大切なんですね。



自分がどうなりたいか?


何がしたいか?


どこへ進みたいか?


何を手に入れたいか?


成長している人は、そこがはっきりしているんです。


やっぱり成長する人、成功する人は、目標がはっきりしています。




目標なんか無くて、なんとなくでも、なんとなく人生は送れます。


私なんか本当にそう。


でもなんとなく生きていると、常に焦りがあるんです。 (-_-;)




このままでいいのか?




今の自分に甘んじていても、心のどこかで成長したいという気持ちがあるということなのです。


ときに人は、成長している人に対して、尊敬、羨望、妬みなどが入り混じった、とても複雑な感情を持つことがあります。


それは自分自身が成長していないことを強く実感した時です。




成長する方向も結果的に得られるものも、人それぞれ違います。


自分なりの成長を目指せばいいし、そうでなければいけないと思います。




成長とは、なりたい自分に近づくこと




成長への第一歩は、まずは自分自身に対して、とことん問いかけることなのですね。





yjimage[1].jpg  yjimage[1].jpg
ちなみに、セミ人間が成長すると、バルタン星人になります! ウソ(-_-)



ついついくだらない落ちをつけてしまうのが私の癖なのです。 <(_ _)>






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:30 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お節介な人々に告ぐ


何か美味しいものあるの?


KIMG0620.JPG


あるよ、ちょっとだけだよ 






この本を読むたびに、自分の事をより深く知ることができ、新しい発見があります。


自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -
自分を知れば、もっと楽に生きられる。 - 心理カウンセラーが書いた「幸せの性格読本」 (MyISBN - デザインエッグ社) -


自分自身を知ることは、幸せになるために最も必要なことなのですね。







さて、大人タイプで、エニアグラムのタイプ2である私は、どうやらお節介を焼きたがる素養があるらしいので、そのあたりは気をつけなければいけません。




といっても、お節介な人は決して悪人ではないのです。


とにかく、良かれと思って善意でお節介を焼くんです。


またお節介というものは、犯罪ではない。


相手にとって、良いことをしてあげるのだから、犯罪のわけがない。


ただ、これだけは心しておかなければいけないことがあります。




お節介な人はほぼ間違いなく嫌われる (-.-)






悪い人ではないよね。


善意からの行動だよね。


相手に良かれと思っているよね。


それはわかっているけど・・・


嫌われる覚悟がなければ、頼まれもしない人の世話など焼かない方がいいのです。


yjimage[1].jpg


どうしても焼きたければ、ナスを焼けと言いたい!






そもそも家族や身内ならともかく、赤の他人の世話を、頼まれもしないのに、仕事でもないのに、勝手に焼こうなどということは、ごくまれに感謝されることもあるが、ほとんどの場合は、ありがた迷惑としか思われないのだ。


もう一度言っておくが、お節介な人が悪い人なのではない。


余計なお節介さえ焼かなければ、きっと優しい温かい人なのだろう。


それでもお節介を焼いた途端に、かなりの確率で嫌われることになる。


優しくて心が温かくて善意の人でも、その行動次第で嫌われることがあるのです。







ここからは小さめな文字で・・・


深く考える前に行動する人

深く考える前に言葉に出す人

物語や小説に親しまない人

幅広いジャンルの映画を観ない人

みんな本当は良い人だと信じる人

腹を割った付き合いこそ本物だと思う人

助けてあげるのが好きな人

人は必ず信じあえると信じる人

価値観の違う人と上手く関係を築けない人

群れやグループが好きな人

他人とは親しくなるべきだと思う人

いつかきっとわかってくれる、と信じる人

正しいことは必ず正しいと思う人

良いことをすることが悪いわけがないと思っている人

自分のしたことはお節介かもしれないが、相手のためを思ってのことだと、正当化する人

人に嫌われてまで、人の世話を焼いてしまう自分の心の裏に、なにか自分自身の問題があるのではないだろうか?という内観、内省に心およばない人



上記の人すべてがお節介な人とは言いませんが、自分の行動には自分の問題が大きく影響していることは間違いないと思います。


こちらからお節介を焼いて面倒がられるよりも、相手が本当に困ったときに、自然と自分の顔を思い浮かべてもらえるようになりたいものですね。





ただ最後に少し書いておきますが、お節介についてはされる側のタイプ(性格)も関係します。


世のなかには、相手が多少お節介な人でも、面倒をみられたり、世話を焼かれるのがあまり苦にならない人もいると思いますが、そういうのがどうにもこうにも嫌な人がいるのです。


やはり人と人との関係は、一筋縄ではいかないものなのです。







にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:09 | 愛知 ☁ | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする