2017年07月23日

雨のウォーキング


今日は午後からウォーキングに出かけ、今年初のセミの抜け殻を発見!


KIMG0629.JPG


ちなみにこれはセミ人間 (-_-)


yjimage[1].jpg
   ☆なにげに可愛いかも 🎵




歩いていると雨が降ってきて、それでも気にせず濡れながら歩いた。


KIMG0627.JPG


蒸し暑い夏の午後に、濡れながら歩くことを、自分で選択して行動しているのだ。


嫌ならこんな日に歩かなければいい。





何事もそうだ。


何かのために、誰かのために、お金のために、普通でいるために・・・


やたらといろんなモノを背負わされているような気になって、仕方なくやらされていると思い込んで、嫌々歩かされていると決めつけているけれど、きっとそうじゃないんだ。


少なくとも、大人になって、自分でモノゴトを決めていけるようになったなら、結局は全部自分が選んだこと。


嫌なら背中の荷物は降ろしてしまえばいいし、やりたくないことはやらなければいいし、嫌々なら歩かなければいい。


何かをすることも、何かをしないことも、自分の責任と覚悟で決めたということに気づけば、雨に濡れながらとぼとぼ歩くのも案外楽しいものなのだ。





自分で決めたことなのに、覚悟を決めたはずなのに、しばらくするとどんどん下を向いて笑顔が消えてしまうこともある。


そんなときはもう一度自分に問いただしてみようと思う。




それは本当に自分が決めたことなのか?





自分が決めた道ならば、時には雨に濡れながら歩くのもいいものだよ。






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:32 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーダーたる者とは


昨日は夕方から区民会館に集まって、先週の夏祭りのスタッフ反省会(慰労会)


KIMG0623.JPG KIMG0622.JPG


今年の夏祭りは、例年以上に大盛況だったと大評判でした。 (^O^)/


KIMG0610.JPG KIMG0604.JPG


夏祭り担当リーダーと、メンバーの頑張りによるところが大きかったと思います。




個人で頑張って成果を出すことも簡単ではありませんが、チームや組織で動くことは、個人とは違う難しさがあります。


それぞれに異なる価値観や考え方、能力の人たちが集まって、何か一つのことを成すためには、リーダーの存在が不可欠です。


様々なタイプのリーダーがいて、理想のリーダー像もいろいろでしょうが、今回の夏祭りリーダーは、とにかく元気が良く、いつも笑顔で、自ら率先して汗を流して動くことで、メンバーやスタッフ皆さんからの信頼を得ていました。


その結果がイベントの大成功につながったのです🎵


リーダーたる者の条件として「 仲間からの信頼を得る 」というのは、とても大切だと思います。




責任を持つ。


約束を守る。


私利私欲で動かない。


人の話を聞く。


相手の立場を尊重する。


明るく朗らかである。




彼を見ていて、本当に見習うべき事がたくさんありました。





まだまだ本年度の地域行事がいくつもあります。


もちろん仕事でも重要なことがたくさんあって、粛々と進めなければいけません。


ややもすると、そのプレッシャーに耐えられず、ついつい投げやりな気持ちになってしまうこともあります。


しかし、自らの意思で成長することが苦手な私にとって、与えられた役割を精一杯にこなすことが、自分自身の成長に繋がるのだと思います。




真面目に頑張ろう (-_-)






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:59 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする