2017年06月18日

地域活動の日


角ばったフォルムの車が好きです。


KIMG0488.JPG


この車も、軽だけどちゃんとカクカクしてます。


そんだけの話です。




昨日は仕事を定時で終えて、すぐに自治区の会合に出席。


そのまま役員会議、組長会議があって、その後、行事の打ち合わせや準備なんかで、夜10時近くまでかかりました。


皆さん、大変だけどしっかり頑張っていて、頭が下がります。<(_ _)>


私は個別行事のリーダーとかではないので、忙しい割には気分的に楽なんです。


リーダーや長の役をやる人は、やっぱりしっかりしてて責任感もあり、いろいろ見習うことも多く、勉強になります。



そして今日は地域の美化活動の日。


なんとなく曇り空だけど、そのほうがあまり暑くなくていいかも知れないね。


我が家の草刈りは嫁まかせなので、ちょっと新鮮な気持ちでやれそう🎵



普段の仕事はもちろん大切ですが、地域社会との繋がりも大事です。


父母の会、子供会、PTA、自治会・・・それから老人会、とか。


子供会は10数年前に、校区の会長というのをやりました。


大きな役になると、子供会以外にも地域のいろんな集まりに出ることになるので、変に顔が売れたり、自動的に他の活動団体の委員なんかになったりして、けっこう大変なんです。


当時、町づくりの会とか、地域コミュニティー関連組織とか、普段は知らない組織がたくさんあることを、知りました。


そういうのって、なかなか委員や役員のなり手がないので、一度関わりだすとそのまま引っ張られてずっとやってる人も少なくないようです。


私も子供会が終わってから、スポーツ委員っていうのを2年ぐらいやりました。


委員長が中学の先輩で、どうしてもと頼まれたのです。


今回は、地域の家庭推進協議会とかの理事になっているみたいで、そちらからも会合の案内がきてて、いくつかの行事のスタッフをするようです。


まあ、今年一年は、そういう役割の年なんだと思って、頑張るしかないなあ。


そんな気持ちでやっています。


そういえば、地域活動をしていると、私の親より少し若い世代の方から、亡くなった父や母の話を聞くことが時々あります。


父は自治会発足当初の区長などをしていたらしく、お父さんには鍛えられたよ、とか、しっかりしてて厳しかったなあ、なんて言われます。


まあ確かに、皆さんの言われるとおりの父だったと思います。


母のことは、よく面倒を見てもらった、機械編みのセーターを編んでもらった、田舎が一緒で可愛がってもらったなどといわれ、その後で、もうお母さんのことを知っている人も少なくなっただろうね、と話されました。


母はこの地に越してきてから、4年たたずに病で亡くなったのです。


父のことはともかく、母とは40年以上前のわずか数年のお付き合いだったのに、地域の方が今でも覚えていてくれるのは、なんだかとても嬉しいです。


KIMG0457.JPG


私が子供の頃と変わらない、まわりを田んぼや畑に囲まれた静かな住宅地ですが、この先もなるべくこの風景は変わらないで欲しいなあ・・・


ふと、そんなことを思いました。





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 06:55 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする