2017年03月20日

男は女より精神的に脆いのか?


少し前に女性カウンセラーの方達とをお話しをする機会がありました。


その際に「男は女より精神的に脆いんじゃないか?」という話題になり、私もそう言われてみると確かにそんな気がしていろいろ調べてみました。


その結果分かったことは、精神面だけでなくそもそも生物学的に男のほうが女よりも生命力自体が弱く、女のほうが生物として完成度が高いようなのです。


平均寿命も女より男が6,5年も短く、自殺者格差は男が女の2,5倍(アメリカは4,2倍)、ガンによる死亡率も男が高くなっています。


やはり種の保存という理由からか、生物としては女性のほうが生命力が強いことは事実といえるようなのです。


精神的な部分については個人差があるので一概には言えませんが、ある医療機関が男女のストレスについて調査した結果、男女によって大きな違いがあると発表しています。



@ストレス解消法  男の1位・のんびりする   女の1位・おしゃべり


Aストレスの原因   男の1位・仕事   女の1位・人間関係



これを見て面白いと感じたのは、女の場合は人間関係が最もストレスを感じる要因なのに、おしゃべりという対人コミュニケーションでそれを癒していること。


男は仕事が最もストレスになっており、仕事をせずにのんびりすることでそれを解消していることです。


さらに同じ機関の調査結果で、結婚している男女間(夫婦)の1日の会話時間というのがあり、最も多かったのが10分〜30分だそうです。


おしゃべりでストレス解消したい女と、静かにのんびり過ごしてストレス解消したい男は、初めからかみ合わないものなのかもしれませんね。


o0586062912226030841[1].jpg


我が家の嫁はテレビを見ているかスマホを触っている時以外は、四六時中何かしゃべっていますが、それが独り言なのか私に問いかけているのか、いまだに判断がつきません。


カウンセリング実技の向上のため、良さそうな傾聴訓練の勉強会があれば、できるだけ参加するようにしていますが、本当はわざわざお金を払って勉強しなくても、嫁の話を毎日1時間みっちり聴けば、かなり傾聴の腕が上がるわけです・・・(理屈としては)


クライエントの話は聴けても、嫁の話は聴けないとは情けない話です。


カウンセリングの勉強も結婚生活も、まだまだ修行が足りないということですね。




4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」






にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 15:12 | 愛知 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマチュアカウンセラーの逆襲


春といえば桜の季節・・・


産業カウンセラー資格試験の合格発表もこの時期ですが、桜咲く人、桜散る人もいるわけです。


見事合格された方もそうでない方も、これまでに学んだことを自分の糧として、ぜひこれからの人生に生かしてもらいたいものです。


カウンセリングブームといわれて久しく、カウンセリングを学ぶことは相変わらずの人気なのですが、受けることはまだまだ一般的ではなく、カウンセラー資格者でもクライエントの体験がない人は珍しくありません。


私が所属している学習グループでは、定期的に各自のクライエント体験報告会を行っていますが、学ぶ会の方向として至極真っ当で有意義だと思っています。


カウンセラー資格を仕事に生かしたい、プロとして稼ぎたいと起業しても、現実は想像以上に厳しく、せっかく学んだことを生かせないまま、カウンセリングから離れてしまう方も多いようです。


クライエントからカウンセリング料金を得るのではなく、カウンセラー志望者を募る資格ビジネスとしてこの業界が成り立っているかぎり、本当の意味で日本にカウンセリングが根付くことはないでしょう。


私も資格を生かしきれないアマチュアカウンセラーのはしくれなのですが、勉強だけはコツコツと続けています。


ある意味、カウンセリングを生業としていないアマチュアだからこそ、続けられているのも事実です。


日本のカウンセリング界は、そうしたアマチュアカウンセラーたちがいることで成り立っているといっても過言ではないと思っています。


プロの看板を掲げたものの、それだけで食っていくことはままならず、生活に窮してカウンセリングの勉強どころではない人も少なくはないでしょう。


私はプロになろうという人を否定する気持ちは全くなく、むしろ応援しています。


その反面、現在の業界の状況を考えると、無理をしてまでプロになることはないのではとも思います。


カウンセラーにプロとアマチュアの明確な線引きはなく、資格があろうがなかろうか、稼ぎがいくらであろうが、あくまでも自分でプロの看板を掲げるか否かだけです。


食えないプロになるよりも、生活の基盤となる仕事は他に持ちながらアマチュアとして勉強を続け、無理のない範囲でプロとして活動する。


アマチュアで悪ければセミプロと名乗ればいいのですから、これからはそんなセミプロカウンセラーが増えてくるかも知れませんね。





☆逆襲といえばこれでしょう(^-^)




4月9日(日曜)に「自然体とくつろぎのお話し会・春」と題してエンカウンターが開催されます。


詳細はこちらからどうぞ⇒「自然体とくつろぎのお話し会・春」





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:55 | 愛知 | Comment(4) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする