2017年02月19日

構成的エンカウンター


昨日は「いちごの会」(産業カウンセラー協会認定自主学習グループ)の定例学習会で、私がファシリテーターとなり構成的エンカウンターを実施しました。


エンカウンターとは「出会い」という意味で、参加者の自己洞察と他者受容を通して気づきを得るワークです。


エクササイズをこなすことより、その後の振り返り、シェアリングに重きを置くのが構成的エンカウンターの特徴です。


こうしたエンカウンターのようなワークで、より深く良い学びを得るには、なにより参加者のレディネスがもっとも重要となります。


レディネスとは、何かを習得・学習する際、それに必要な条件や環境が学習者(参加者)側に整っている状態のことです。


「いちごの会」のメンバーは、殆んどが産業カウンセラーの有資格者であり、プロのカウンセラーやセミナー等の講師経験者もいらっしゃるので、皆さんの学ぶ意欲も申し分なく、今回のエンカウンターも非常に充実したものになりました。


反面、私のファシリテートについては、時間配分、進行、準備不足等、多くの反省点がありました。



エンカウンターとグループワークとは?エンカウンターの目的とは?ラポールとリレーションの違いは・・・?等々


こうしたミニ講義も取り入れながらフェシリテートを行ったのですが、仮に自分が10知っていても、人に伝えたり教えられるのはせいぜい2〜3なのですね。


自分の知識や理解がそもそも5にも足りていない私は、はたしてどれだけのことを伝えられたのか・・・


自分への課題はたくさんありましたが、それに気づけたことも含めてよい経験が出来た昨日の学習会でした。



最後に国分康孝先生の著書から抜粋した言葉を紹介させていただきます。



知ありて解(げ)なきは慢心を生じ、
           解ありて知なきは無明を生ず。




「知」とは知識、学問のこと。「解」とは体験、経験として学ぶということです。


この言葉の続きは「知と解あいまちて(相まって)初めて行いの基たるべし」と締めくくります。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 18:00 | 愛知 ☀ | Comment(3) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盗んだバイクで走りだす?


暇つぶしのネットサーフィンは、ついつい大切な時間も潰すことになってしまうのですが、妙に気になるサイトやニュースに出合うこともあります。


「盗んだバイクで走りだす〜🎵」


言わずと知れた尾崎豊の名曲の一節ですが、こちらのニュース『盗んだ自転車で北へ900km 少年を逮捕』はバイクと言ってもロードバイクのこと。


2012_0128_082723-P1000203.JPG
☆これは私が所有していたロードバイク


大阪で盗んだロードバイク(ドロップハンドルのスポーツ自転車)で青森まで旅をした少年のニュースは、人気タレントの出家騒動よりも個人的にはうんと興味がありますねー。


もちろん自転車泥棒は犯罪です。


私も自転車乗りの端くれなので、大切な愛車を盗られた人の気持ちは容易に想像がつきます。


それでもね、大阪から青森まで900kmですよ。


しかもこの寒い時期にわざわざ北へ北へと旅をするなんて、いったいぜんたいどういうつもりだったのか?


2014_0214_092948-P1000908.JPG


なんのために、なにを考えて、どんな気持ちで旅をしていたのか・・・?


出来ることならこの少年に話を聴かせてもらいたいほどです。


盗んだオートバイを乗り回して、母校の窓ガラスに石を投げる少年よりも、よっぽど共感できるような気がするのです。


自転車泥棒についてはしっかり反省して罪を償ったうえで、次はちゃんと自分で自転車を買って旅をしてもらいたいものです。


う〜ん・・・「弱虫ペダル」のファンだったのかなあ?


弱虫ペダル コミック 1-45巻セット -
弱虫ペダル コミック 1-45巻セット -





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 08:23 | 愛知 ☀ | Comment(2) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする