2016年10月31日

過労死・なぜ人は死ぬほど働くのか?


秋の夕暮れは全ての終焉を感じさせる恐ろしさがあります。


KIMG0515.JPG


人のDNAに摺り込まれた深い闇への恐怖を想像させるからでしょうか・・・



さて、電通で働くまだ若くてこれから花も実もある若い女性が、働き過ぎて(働かされ過ぎて)自死した件です。


死ぬくらいなら会社を辞めればいいのに


と多くの人が思うでしょう。


確かにその通りです。


ほとんどの場合、仕事よりも命のほうが大切に決まっています。


仕事は生きるための、そして幸せになるための手段であって、仕事そのものが生きる目的ではありません。


そんなことは誰もがわかっていることです。


でも、本当はよくわかっていないのかも知れません。



仕事以外での信頼できる仲間とのつながり


仕事以外での自分を表現する手段と場所


仕事以外での喜びや満足感が得られること


仕事以外での自分自身を成長させるもの


そうしたものをあなたは持っていますか?



もし、仕事をしている自分があなたの全てだとしたら、その仕事を失うことに耐えられるでしょうか?


あなたの仕事が誰からも評価されず、価値がないと言われても、あなたは何とか認めてもらおうと、必死になって仕事をやり続けるでしょう。



仕事との向き合い方はとても難しいものです。


特に組織に雇用されている立場であれば、仕事なんてほどほどでいいと言ってくれる企業はありません。


結果を出しても出さなくても、もっと頑張れと言われることに違いはありません。


それがよい悪いではなく、営利を求める企業はそういうものなのです。



どこかの大学教授が今回の過労死事件について、自己責任という言葉を使っていました。


私はそれは間違いだと思います。


やはり過労死について企業はそうならないように、そうさせないように責任を持つべきです。


しかしもっと重要なのは、働く側の自己防衛の意識です。


死んでしまってから、誰が悪い何が悪いといっても仕方がありません。


仕事を失うことへの不安、お金を稼げなくなることへの不安、社会から落ちこぼれることへの不安、自分の経歴に傷がつくことへの不安、自分自身の自尊心が傷つけられることへの不安・・・


そして何よりも、仕事を取り上げられたら自分に何が残るのかという恐怖。



そうした不安を乗り越えて生き抜くためには、仕事以外に自分の居場所をつくっておく必要があります。


仕事にすべてのエネルギーを費やしてしまうのではなく、ほんの少しづつでも時間やお金や労力を自分の居場所づくりのために使うことが大切です。


もっと仕事をしろと言ってくれる人はいるでしょうが、もっと遊べ、もっと仲間をつくれ、もっとボランティア活動をしろと言う人はなかなかいません。


誰も言ってくれないからこそ、意識して自分で始めるのです。



自分の人生は自分でデザインするしかないのです。



KIMG0489.JPG


夕日が沈まぬ日がないように、太陽が昇らない朝もないのです。


深い闇の中で怯えているのは、周りが漆黒の闇につつまれているから?


それともあなたがじっと目を閉じているからですか・・・




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:33 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

夫婦で秋のトレッキング


少し前に参加した講座に、私と同年代のご夫婦がお二人で参加されていました。


カウンセリングには全く興味がない奥様を、ご主人が熱心に誘ってお二人で参加されたそうです。


お子様たちもそれぞれ独立、結婚で家を出て、あらためてこれからの夫婦二人の生活をいろいろ考えながら、少しずつ共通の趣味を始めたり旅行に出かけたりしているとのこと。


それにしてもお二人の会話をお聞きしていると、あまりに私と嫁の性格と行動によく似ていて思わず何度も頷いてしまいました。(^^;



そんなお二人に影響されたわけでもないのですが、私も最近は嫁と二人で出かけることが少しずつ増えています。


昨日は久しぶりに「トヨタの森」でトレッキングを楽しみました。


KIMG0498.JPG


最近は平坦路のウォーキングばかりで、起伏のある道をトレッキングをしたのは随分久しぶりだったので、思った以上に良い汗をかきました。


それにしても以前は時々ここを訪れていたのですが、当時のブログを読み返してみるとなんとも感慨深く懐かしいものを感じます。

3人でパチリ.JPG

☆もう7年ほども昔の懐かしい写真です。

※昔の記事に興味がある方は「おやじカウンセラー・トヨタの森・里山歩き」で検索してみてください。



これという趣味もなく、あまり出歩くことも好きではないインドア派の嫁ですが身体を動かすことは嫌いではなく、結婚する前は二人でスキーにも随分行きました。


最近では息子たちも社会人になり手が離れたこともあって、二人とも運動不足解消や気分転換、そして少しでもダイエットの足しになればと思い、なるべく休日には体を動かすようにしています。


これからもできるだけ休日には、夫婦でウォーキング、トレッキング、サイクリングを楽しめればと思っています。


KIMG0501.JPG


これから年末にかけては本格的な仕事の繁忙期に入るため土曜日の出勤も多く、またカウンセリングの勉強もいくつか予定しているのでなかなか時間がとれませんが、本格的な紅葉の時期にはもう一度「トヨタの森」を訪れることに決めました。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:34 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

仕事の苦労と喜び


秋は小学生の社会見学シーズンです。


KIMG0052.JPG


私の勤め先にも遠くから近くから、たくさんの小学生が訪れます。


今週は地元の小学3年生が二回、静岡のご婦人たちのグループが一回、見学に訪れて私が案内をさせて頂きました。


特にこの地元の小学校は毎年恒例で私が担当するのですが、子供らしい素直さと明るさ、そして躾の良さには毎年感心してしまいます。


先生方を見ていても決して厳しくするばかりではなく、なんというか・・・メリハリのある指導で、本当に愛情溢れる「プロの教師」といった感じです。


支援教室の子供たちも数名参加していましたが、最後まで楽しく見学してくれたようです。(^-^)


見学の後には弊社自慢のお味噌汁を飲んでもらうのですが、おかわりの列が途切れることはありませんでした。


仕事をしているといろいろな苦労ありますが、楽しさや喜びも同じようにあるものですね。


今週は急遽ラジオの取材が入り、大人の事情で私も出演することになりました。


@FM(FM愛知)の「LET'S エコメンド」という番組で、明日の日曜朝6時30分からの放送です。


たまたまこのブログを見て、しかも明日は早起きをするという方は、よろしければお聴きください。


ちなみに先月は地元のケーブルTVに出演した私ですが、仕事でなければTVもラジオも勘弁して欲しいというのが本音です。(-_-)


必要があれば人前に出て話すことは厭いませんが、自分から好き好んでそうしたいとは思わないので、仲間とカラオケに行って歌を披露するようなことはまずありません。


私は隠れたがり屋ではありませんが、目立ちたがり屋でもないのです。


いや、隠れたがり屋と目立ちたがり屋の両方の気質を持っているのかも知れません。


そのあたりのことに興味がある方は、性格学に詳しいカウンセラーの竹内成彦先生の著書「子どもの「生まれつき性格」を大切にする子育て」をお読み頂くとよろしいかと思います。


子どもの「生まれつき性格」を大切にする子育て -
子どもの「生まれつき性格」を大切にする子育て -


明日もまずまずの天気のようですね。


短い秋を楽しもうと思っています。








にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:53 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

知らないおじいちゃんの話


ちょうど一週間前の日曜日、自転車に乗って自宅から10qほどの所にある川沿いの公園に行きました。


2015_0711_120907-P1010516.JPG


ベンチに座って川面を眺めながら一服していると、見知らぬおじいちゃんが声をかけてきて、そのまま隣に腰を下ろして身の上話を始めました。


そのまま一時間ほどもおじいちゃんの話を聞くことになったのですが、内容はだいたいこんな感じです。


おじいちゃんの年は80過ぎで、奥さんと名古屋から豊田市に移住して10数年が経っている。

実家の近所にはあの横井庄一さんが住んでいた。

若い頃はプロボクシングで鳴らしていて、アメリカでしばらく生活していたこともある。

車はベンツを何台も乗り換えていたが、数年前に体調を壊して手放した。

かなりの資産家で、ハワイと軽井沢に別荘だか土地だかを所有している。

以前は億単位のお金を動かすような商売をしていて、たくさんのお金を稼いでいた。

愛人が3人いたが年をとったので、それぞれに数千万円のお金を渡して別れた。

娘さんが一人いてその婿は某自動車会社の課長さん。

その娘夫婦と同居しているがあまり仲が良くなく、3度の食事はほとんどコンビニで買って済ませている。

数年前に病気をして入院した時に、娘夫婦はろくに見舞いにも来なかった。

嫁と婿はおじいちゃんのお金ばかり欲しがるくせに、感謝の気持ちが感じられず、おじいちゃんを蔑ろにしている。

娘たちに財産をあげたくないので、かかりつけの病院の医師に譲ろうと思っている。


他にも大物政治家や超有名な占い師と親しくしていたとか、いつも名古屋の一流ホテルで仕事の商談をしていたことや、ここにはちょっと書けないようないろんな話を聞かせてくれました。


おじいちゃんは金色の時計とブレスレットを身につけ、ベンツのキーホルダー(ただ車のキーは無くて、本人曰く「水晶やダイヤモンドをあしらったキーホルダー」だけいくつも見せてくれました)をジャラジャラさせ、ベンツのロゴが入った帽子をかぶっていました。


全体的な身なりや雰囲気は大金持ちには見えず、ごく普通の田舎のおじいちゃんなのですが本当のお金持ちはそういうものかもしれません。


ひとしきりをして満足したのか、おじいちゃんは立ち上がると私に向かってこう言いました。


「あんたはとても立派な体格をしているし、何より笑顔がとてもいい。」


どうやら私は気に入ってもらえたようです。


これから何度か会って仲良くなれば、もしかしたらかかりつけののお医者さんの次ぐらいに、少しは財産をもらえるかもしれません。ヽ(^o^)丿


まあ私としてはおじいちゃんが大金持ちでもそうでなくても関係がないことだし、話そのものはなかなか面白く聞かせてもらいました。


でも娘さん夫婦とあまりうまくいっていないことは、きっと本当なのだろうと思います。


私があのおじいちゃんぐらい長生きしたら、毎日何をして過ごすのかなあ・・・



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:43 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする