2016年07月23日

起業セミナーの謎


海と川、どっち!?


KIMG0316.JPG


昔は海だったけど、今は川かな・・・なにがって、泳ぐならね。



さて、最近巷では、起業塾、起業セミナー、マーケティングセミナー、なんてのが大はやりなようです。


あと朝活ってのもあるね。


実はね、この手のセミナーに一度参加してみたいと思ってる。


ただ、残念なことに「起業するぞっ」っていう熱い気持ちはないので参加する意味がなく、ホントの興味本位でしかない。


まあ、怖いもの見たさというやつ。


だってさ、はっきり言って凄く怪しげな香りがプンプンするんだもん。



好きを仕事にして年収1000万



この法則を実践すれば嫌でも成功してしまう



こんな刺激的なフレーズが満載のネット広告を見かけるけど、どいつもこいつも長すぎてなかなか一番下まで到達しない。


しかも講師の人たちがこれまた怪しい。


だいたいのパターンが・・・


若くして起業⇒一躍大成功で大金持ち⇒と思ったらトラブルに見舞われ⇒しかも莫大な借金まで抱え⇒人生のどん底へ⇒そこで奇跡的な出会いが⇒しかも画期的なビジネススキル発見⇒みんなにも教えて幸せにしちゃいましょうヽ(^o^)丿⇒てな感じ


別に悪いとか否定するとかじゃないんです。


きっとこうしたセミナーが身になる人には本当に役に立つんでしょうが、たぶん私には無理です。


悲しいかな絶対に行動が伴わないから。


でもねー、興味はあるんだよね。


どんだけ素晴らしい話が聞けるのか、どんだけ凄い講師なのか、ほらやっぱり胡散臭かった、っていう、そういう興味(^^♪


あと、どんな人たちが参加してるのかも見てみたい。


普段サラリーマンやってるから、基本的に普通の人とばかり接することが多くて、たまにはちょっと普通じゃない人たちと会ってみたいしねー。


うーん、やっぱり一度は参加してみよう。


夏バテなのに痩せないニャー

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:26 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心が狭い人


知らないうちに梅雨が明けていました。


P1010685.JPG


暑い日に仕事をするのはいですが、暑い日に遊ぶのはせですね



さて今日の記事へ


他人の価値観、考え方を受け入れられる許容範囲が狭い人がいます。


こういう人のことを心が狭い人というのです。


別に心が狭くても全く悪くはないのですが、迷惑なことにこういう人は、自分の狭い許容範囲に相手を引っ張ってこようとするのです。


自分の許容範囲の外にいる人に対し、苛立ったり、落ち着かなかったり、許せなかったり、納得がいかなかったり、あるいは導きたくて仕方がない衝動に駆られたりして、なんとかしたくてたまらなくなるのでしょう。


たとえ自分の心が三角定規の一番とんがっているところぐらいの、狭い角度の許容範囲でもそれ自体は何も問題はないのですが、そこに赤の他人(あるいは身内)を無理やり当てはめようとするから、どうしても摩擦が生じてしまいます。


そういう人は自分の心の狭さに気づいていないので、周りからすると非常に迷惑な人になっているのです。


人間なんて自分の事すらまともにコントロールできないのですから、他人をどうこうしようなんて思うのが間違いのもと。


自分には受け入れられない相手の考えや価値観を変えようとするよりも、自分の許容範囲を広げる努力をした方がずっと楽だと思いますけどね。


もしくは「自分と価値観が近い人としか付き合わない」と決めた方が、無理に他人をどうこうするよりもずっとマシです。


人間なんて神様ではないので、どんな相手でもオールOKなんてことはありえません。


肝心なのは自分がどれくらいの心の幅を持っているか、それなりに自覚したうえで、なるべく無理のない人間関係の中で生きることだと思います。


自分と他人は全てが違う人間なんだという前提で付き合うことで、少しでも相手を理解しようという気持ちになるのです。


もし心の幅を少しでも広げたいと思うのなら、気心が知れた人よりも、そうでない人との関係で学ぶことが大きいと思いますが、いかがでしょうか。


久し振りだニャー


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:06 | 愛知 ☁ | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする