2016年02月29日

講師のお仕事

昨日は岡崎市で「女性のカウンセリングルーム杏」代表の速水先生が主催する講座に参加してきました。

「ファシリテータのためのアンゲーム講座」ということで、講師、ファシリテータとしてアンゲームを行いたい方には、とても貴重な講座だったと思います。

速水先生のアンゲーム講座には、随分前からかなり頻繁に参加させて頂いてはいますが、受講者の立場では絶対に気づけなかったことを学ぶことが出来ました。

私自身は、竹の子会のスタッフとして、それなりに長く講座の主催に関わっており、また受講する立場でもいろいろな勉強会に参加してきました。
しかし今回の講座を受けてみて、あらためて講師の仕事というのは、ただレジュメを準備して受講生の前で話をするだけではないことがよ〜くわかりました。

集客、事前準備、会場確保、参加者との連絡、当日の受け付け対応、苦情やクレームの対応、事後のフォローなどなど。
はっきりいって講師の仕事は大変ですね。
そして速水先生が、ひとりひとりの参加者が、安心して学べ、満足できる講座となるように、苦心して努力されていることを知り、心から感心しました。

なんとなくぼんやりと「自分も講座をやってみたいなぁ」という気持ちがありましたが、甘い考えでやるものではないことを実感しました。

このような講座を開いてくれた速水先生には、心から感謝します。
また6名の少人数講座でしたが、参加メンバーも旧知の皆さんばかりで、お会いしたいと思っていた方もあり、個人的にはとても大満足の一日となりました。

P1010639.JPG


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 12:52 | 愛知 ☁ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする