2016年01月20日

テレビCM・日本産業カウンセラー協会

今日は風も強く冬らしい冷え込んだ一日でした。

KIMG0026.JPG

ところで先日、何気なくテレビを見ていると、こんなCMが流れていました。



こちらの15秒バージョンもあるようです。



テレビでカウンセリング団体のテレビCMが流れるのは、史上初だと思います。おそらく昨年12月から厚生労働省より実施が義務付けられた、企業のストレスチェック制度の施行と無関係ではないでしょう。

世にあふれている心理カウンセラーの資格というものは、なかなかその道で食べていくことに直結しないのが実情です。学校や医療関係でのカウンセラーは原則的に臨床心理士でなければ雇用されませんが、フルタイムの正社員(正規職員)として食べていくのはまた別の話。企業で人事労務や安全衛生の担当者として、多少なりとも資格を活用できている人は幸せな方なのかもしれません。

私のようにお金と時間を使って産業カウンセラーの資格を取り、またその前後も含めてカウンセリングの勉強を続けていても、結局は実際に活用する場を持っていない人が殆んどなのです。

残された道は「開業カウンセラー」ということになるのでしょうが、これまた食っていける保証など全くと言っていいほどありません。しかも幸か不幸か私などは、辛うじて普通のサラリーマンが務まってしまうので、それを捨ててまで超不安定な「開業カウンセラー」という茨の道に踏み出す勇気も思い込みもありません。

誤解を恐れずに言ってしまうと、わざわざ「開業カウンセラー」になろうなどと考え、実際に実行してしまう人は並の神経では無理だと思います。カウンセラーとしての能力が突出しているというより「人生の選択肢としてそれ以外は考えられない、自分には普通のサラリーマンは務まらない、勤め人など絶対にやりたくない、理屈ではなく何が何でもプロのカウンセラーになるんだ」という強い信念(思い込み)が必要なのです。これはいくら努力して勉強を続けても身につくものではありません。

このテレビCMを観て、産業カウンセラー養成講座を受けてみようと思う人もいるかもしれません。個人的には是非機会があれば受講して、資格を取ってもらいたいと思います。

産業カウンセラーでありながら、しかもカウンセリングの勉強を続けていても、なんら結果として活用できていない私ですが、そのこと自体を無駄だったとか意味がなかったとは思っていません。

苦労して身につけたこと、学んだことをどう活用していくか。やはりそれは自分自身で考え、判断していくことだと思います。

KIMG0030.JPG

今夜から明日にかけて、東海地方の平野部でも雪が降るようです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:45 | 愛知 ☀ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする