2016年01月31日

インフルエンザに注意です!


長男が最初に、次が次男、そして嫁。
ここ数日、我が家でインフルエンザが猛威をふるっています

実は私も風邪気味で一昨日病院に行ったのですが、インフルエンザの診断は出ませんでした。
だからといって100%シロとは言い切れませんが、熱が上がらないのでただの風邪かも・・・
いずれにせよ、このまま良くなって欲しいものです。


先日友達が本を貸してくれました。

ヒトでなし 金剛界の章 -
ヒトでなし 金剛界の章 -

実は「京極夏彦」の著書を読むのは初めてです。
なかなかがっしりしたハードカバーの分厚い本ですが、もう90%ほど読み終えています。
完読したら感想を書いてみたいと思っています。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:36 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「狭く深く」が幸せの秘訣?


私は何事においても「広く浅く」生きてきたようです。

社会人になってからは幅広く色々な仕事を経験し、それなりに熟(こな)してきましたが、人並み以上の専門性やスキルを身につけたとは言えません。

遊びや趣味も同じで、好奇心にまかせていろんなことに手を出しましたが、どれもが特技というレベルには達しませんでした。

人間関係については、う〜ん・・・自分ではよくわかりませんが、付き合いの幅もその対象も広いのは間違いないと思います。

そんな私は、自分とは逆のタイプである、物事を「狭く深く」掘り下げ、とことんまでのめり込むような人を羨ましく感じる気持ちが強いです。

何故なら、人生において「選択肢が多い」ことは必ずしも幸せにつながらないと思うから。

人生の節目節目では、必ず何かを選択する決断が必要となります。
いつもいつも迷っていては決断のタイミングを逃し、なかなか前に進むことが出来ないのです。

自分の選択が正しいか否かを、事前に予測することも出来ません。
例えリスクのある選択をしても、結果に結びつけることが出来れば、それは良い選択だったといえるでしょうし、逆もまた同じです。

大切なのは、自分で選択をし決断を下したのなら、迷わず全力で突き進むことなのです。
あれもこれもと目移りしたり、選んだ道をすぐに諦めてしまうようでは、いつまでも前に進めず充実した人生を歩むことが出来ないと思います。

才能や能力に恵まれていることは、幸せをつかむ大きな手助けになるでしょう。
しかしそれ以上に大切なのは、自分の進むべき道を見つけ、持てる力を精一杯に発揮することなのだと思います。

残念ながら私自身は、これまでの人生でそれが出来ていませんでした。
これからも出来る自信はありません。
「広く浅く」歩んできた私は、これからも寄り道や道草を食いながら、少しづつ前に進むしかないと思っています。

P1010587.JPG

そう決断してしまえばそれはそれで悪くはないし、幸せに生きられるような気がします。
最近では、私という人間は、きっと「そういうふうにできている」のだと思っています。

そういうふうにできている (新潮文庫) -
そういうふうにできている (新潮文庫) -


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 13:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

無神経な人


一度このテーマで書いてみたかった。

基本的に無神経な人は、自分の考えが「正しい」と信じて行動しています。

そして無神経な人は、正しいことを言ったり、正しい行動をしたりしているので、その結果が相手にとっても良いことだと信じて疑いません。
さらに言えば、もしそれに気づかないのなら相手が悪いので、やっぱり私は正しいことをした。
仮に相手に受け入れられなくても、あるいは相手に嫌われても、正しいことをしている自分は間違っていないし、いつか相手も気づいて感謝してくれるはず。
そう信じています。

無神経な人のなかには、ただ無神経なだけの人と、無神経だけど善意の人がいます。
はっきりいって後者の方が私にとってはかなり面倒くさいです。

うちの母親はやたらと「心配」をします。
「大丈夫?」と聞くので「大丈夫じゃない」と答えると困った顔をします。
私が「大丈夫じゃない」ことは、今さら母親にはどうしようもないことなので、聞かれても私が困るのです。
でも「大丈夫じゃない」のに「大丈夫だよ」というのは本当に疲れるので、正直に言うまでです。

人のことを心配する人は「善意の人」ですが、ただ心配されても時として相手の負担になるのです。
例え善意からの言動であっても、相手がどう受け止め、どう感じるかをよくよく考えてほしいと思います。
そこに考えが及ばず、自分中心で人に関わるのは、やはり「無神経」なのではないでしょうか。

この記事を読んで、納得がいかないと思う人もいるでしょう。
もしかしたら共感してくれる人もいるかも知れません。

まあどちらでも構いません。
私は個人的な思いを書いているだけで、私の考えが絶対に正しいとは考えていません。
これは本当にそう思っています。
それに自分で気づいていないだけで、私も「無神経」な人間かも知れませんから。

ただ、できることなら・・・
本当に辛いときに、ふとその人の顔が浮かぶような、思いやりと温かさに溢れながらも、静かに見守ってくれる人。

そんな人になりたいものです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:13 | 愛知 ☔ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

好きなことと嫌いなこと

今年になってから時間だけはありました。
自分で好きなように使える時間です。
何か特別に有意義な時間を過ごせたわけではありませんが、考えることに沢山の時間を費やせたのはよかったと思います。

KIMG0032.JPG

時間はどのように使おうと、どんどん消費していきます。
「無駄な時間」の定義は人それぞれなので、例えゴロゴロテレビを観て過ごしても間違った時間の使い方とは言えません。

ただ大切なのは「好きなことに時間を使う」ことだと思います。
もちろん持てる時間のすべてを「好きなこと」に費やすのは不可能でしょう。
好きではないこと、嫌いなことにも時間を使うことで、社会生活が成り立っているのも事実です。

しかし、ほんの少しでも、一日の中で、あるいは一週間の中で「好きなこと」に大切な自分の時間を使うように心掛けたいものです。

そのためには、自分にとって何が「好きなこと」なのか・・・。
それをよく知っておく必要があります。
多くの人は「嫌いなこと」を意識することはあっても、「好きなこと」はどこかへ仕舞ったままにしています。

「好きなこと」を仕事にしたり「好きなこと」ばかりして暮らすことは簡単ではない、というよりほとんどの人にとっては不可能です。

だからといって「好きなこと」が何かわからなくなったり、忘れてしまったまま「嫌いなこと」ばかりに時間を使うのは不幸だと思います。

「好きなこと」に目を向けると「嫌いなこと」のなかにも、もしかしたら「好きなこと」が少しぐらいは見つかるかも知れませんね。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:37 | 愛知 ☀ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

幸せと不幸とカウンセリング

幸せは感じるものだといわれます。あなた自身の中にあるものだともいいます。
ということは不幸せも感じるもの、あなた自身の中にあるものだということです。

お金に不自由していなくても、立派な肩書があっても、暖かい家庭に恵まれていても、辛くて寂しくて悲しくて仕方がないと本人が感じていれば不幸せなのでしょう。
まあよく聞く話です。

カウンセラーは、そんな不幸せな人を幸せにする職業なのでしょうか。
私はそうであって欲しいと思います。

ではカウンセラーは皆幸せなのでしょうか。自分は不幸だと感じている人はカウンセラーになれないのでしょうか。
自分が幸せでないのに赤の他人を幸せにできるわけがない。そう考えるのが普通です。

でも末期ガンの医者でも、ガン患者の治療は出来るでしょうから関係ないかもしれません。
カウンセリングは心理学に基づく心理療法だと定義すれば、カウンセラー自身の幸不幸はあまり意味はないとも言えます。

そこそこ長い間カウンセリングを学んできましたが、いつまでたってもわからないことだらけです。
やはりカウンセリングを正しく理解するには、カウンセラー或いはクライエントの体験を積むしかないのでしょう。
きっとそう思います。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:24 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

続・会計の書類作りで心を病む

昨日アップした「会計の書類作りで心を病む」の続きです。

たくさん書類を作る中で最も肝心な「会計報告書」と「収支明細」にとりかかりましたが、出納帳はパソコン入力をあきらめて手書きにしました。詳しくは書きませんがとにかく面倒。数字を書き込み、電卓を叩き、領収書とレシートの束を貼り付け、足し算・引き算・掛け算・割り算を繰り返し、ようやく出来上がった書類は計算が合わず・・・

何やら数字がびっしり書き込まれた表があり、どこからその数字を持ってきたのか見当がつきません。悪戦苦闘の挙句、しかたないので前任者に電話で聞くと・・・「確かにあれはなかなかわからず苦労したヤツです」「去年の資料を見直して思い出してみますから、明日連絡しますね」との、有難いけどすっきりしないお返事。

その後も夫婦で頑張ってみましたが、朝からこんな作業を夜中過ぎまでずっと続けて疲れきってしまいました。しかも何度計算しても収支の金額が合わないことが、恐ろしいほどのストレスになり、二人とも具合が悪くなる始末。あきらめて布団に入りましたが、さすがの私もなかなか眠れず、何度も目が覚めているうちに夜が明けました。

嫁は殆んど寝られなかったようで、早朝からダイニングテーブルに資料を広げて、電卓片手に資料とにらめっこ。すると突然「あっ!〇〇が△△になってるから、こっちは〇△を△〇しないとダメじゃん!」と叫びました。大急ぎで計算し直すと・・・かなり計算が合ってきましたが、まだ数字が合いません。

うう・・・もうこれ以上書くのは面倒だし、誰も読みたくないと思うので終わらせます。

結論を言うと、二日がかりで悩んだ挙句、なんとか自力で解決することが出来ました。確かに夫婦そろって頭が悪いですが、あんな書類は訳が分からなくて当然です。来期の役員も絶対に訳が分からずに聞いてくると思います。

来月には、会計監査、総会準備、総会&引継ぎと、3回も日曜日に集会があるのです。書類は約7割ほど出来上がりましたが、まだまだ気の休まることはありません。夕方から嫁と二人で気晴らしにお茶を飲みに行きました。

KIMG0043.JPG

とことん頭が疲れると、ろくな記事も書けません。長年ブログを書いてきましたが、内容の無さにかけては今回の記事がワーストワンだと思います

KIMG0044.JPG

過度なストレスからか甘いものが無性に欲しくなり、お茶を飲んだ帰りにリンゴ飴とチョコレートを買いました。買ってしまうと気が治まったのか、リンゴ飴を眺めてぼんやりしています。

またまた寒波襲来です。明日も雪が降りそうですね。

ブログ村ランキングOUT部門で上位を維持しています。更なる飛躍のためにどうかクリックを宜しくお願い致します<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:13 | 愛知 ☀ | Comment(3) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

会計の書類作りで心を病む

自治区役員の会計として年度末の書類をつくらなければなりません。本腰を入れて資料作りを始めて気がつきました。一昨年までは殆んど手書きの帳簿ばかりだったのを、昨年はパソコンで作成したようです。

前任者はパソコンに長けていたようで、数多くの詳細な資料を作成していました。それをそのまま打ち直せばいいかと思っていたのですが、実際にはそれほど甘くはなく、試行錯誤を繰り返した挙句、結局は手書き帳簿に戻すことにしました。

私はパソコンのワードはほんの少し使えますが、エクセルは全く駄目です。エクセルが使えないと仕事にはほとんど役に立たないので、多少は使えるようにしないと・・・と思いつつ、未だ習得には至っていません。

当たり前のことですが、世の中にはパソコンを手足のように使いこなす人もいて、そんな人が作る資料は時として必要以上に詳細まで作り込むきらいがあります。「好きこそものの上手なれ」と言いますがまさにその通りで、細かい文字や数字がびっしりと並んだ表を見て満足感を得るのでしょう。

そんなことを考えるのは、私自身がそんなこまごまとしたことがとても苦手だからに他なりません。パソコンを開いては閉じ、資料作りに手を付けては嫌になりを繰り返していたら、とうとう気持ちがどんよりしてしまいました。私は簿記検1級なのだと豪語していた嫁も、パソコンが使えないのは私以上なので結局役には立たず、私以上にどんよりとしています。

夫婦そろって気が重い週末を迎えましたが、今から手書き用の帳簿を買いに行き、さっさとこの問題にきりをつけてしまいたいと思います。

ブログ村ランキングOUT部門で上位を維持しています。更なる飛躍のためにどうかクリックを宜しくお願い致します<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:30 | 愛知 | Comment(0) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

朋あり近隣より来る、また楽しからずや


先日、40年来の友人と久しぶりにゆっくりお茶を飲み、四方山話に花を咲かせました。

KIMG0033.JPG

児童文学作家の阿部夏丸とは本当に昔からの付き合いです。

すべてにおいて正反対ともいえる彼と私ですが、どういうわけか妙に気が合い、若い頃はこれでもかというほどいつもいつも遊んでいました。大人になって一緒に仕事をしていた時期もあります。

こと遊びに関しては常に一生懸命な私ですが、そんな私から見ても彼の遊びに対する姿勢は生半可なものではありませんでした。特に川遊びや魚釣りにかける情熱は傍で見ていても変人の域に達していたと思います。

そんな彼が「絵本作家になる!」と突然会社を辞め、しばらくの潜伏期間を経ていきなり文壇デビュー。

泣けない魚たち (講談社文庫) -
泣けない魚たち (講談社文庫) -

しかもデビュー作の「泣けない魚たち」でいきなり第11回坪田譲治文学賞・第6回椋鳩十児童文学賞をダブル受賞の離れ業

その後の活躍はこんな感じです⇒阿部夏丸・作品一覧

課題図書や入試の問題にも採用されている彼の作品は、日本中の小・中学校の図書室には必ずあります。ちなみに2作目の「オグリの子」はNHKでドラマ化もされました。

トム・ソーヤーの冒険 (ポプラ世界名作童話) -
トム・ソーヤーの冒険 (ポプラ世界名作童話) -

児童文学といっても、彼の作品は大人の心にも響くものばかりです。どんなオヤジもオバサンもいきなり大人として生まれてきたわけではありません。阿部夏丸の本を読むと、慌ただしい日々の生活で忘れかけていた風景が蘇ってくるはずです。

同じ地元なのでその気になればいつでも会える。そんな気持ちもあってここ最近はご無沙汰していましたが、どういうわけか無性に彼と話がしたくなって先日会ったわけです。そして久しぶりに会った彼は、相変わらず山のようにやりたいことを抱え「自分の好きなやりたいことをやって生きる」という道を突き進んでいるようでした。

人は誰もどんな人生を歩むかを決めるのは自分自身です。彼も私もそれぞれが選択した生き方をしていることに変わりはありません。どんな人生を選択しても辛いことはあるでしょう。また同じように楽しいこともあるはずです。

ともに50歳の半ばを超え、それなりに人生の酸いも甘いも味わってきたと思います。しかしあらためて思うのは、人間いくつになっても根っこの部分は変わらないんだなぁ・・・ということですね。

しばし歓談したあと「今度は一緒に焚き火をしよう」と約束して別れました。やっぱり彼と会うと元気になります。そして若い頃のように一緒に遊びたくなります。

彼との思い出はいくらでもありますが、ブログには書けないことの方が多いのです。今回はこのへんで綺麗に終わりたいと思います。 


とうとうブログ村ランキングOUT部門で1位になりました。更なる飛躍のためにどうかクリックを宜しくお願い致します<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:11 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

風邪・インフルエンザの完全予防対策マニュアル

巷ではインフルエンザが流行りだしているようです。そこで皆さんに朗報を(-_-)

最も手軽で、しかも効果的な風邪の予防対策は・・・鼻毛を切らないこと だそうです。

そうだっったのか・・・ こんな簡単で効果的な情報を知らない私は、いつも切っていました。

KIMG0037.JPG

このパナソニック鼻毛カッターはなかなかの優れものです。

パナソニック  エチケットカッター   グレー ER-GN50-H -
パナソニック エチケットカッター グレー ER-GN50-H -

私の持ってるのは古いので「ナショナル」と表記がありました。
でも風邪はひきたくないけど、鼻毛ボーボーなヤツ と思われるのもちょっと嫌だしなぁ。誰か実践してみて効果があれば教えて下さい。

ん・・・?良いことを思いついた!もし本当に効果があるようなら、
「風邪・インフルエンザの完全予防対策マニュアル」と題した情報商材をつくって売り出そうかと。

9800円(税込み)を今なら5980円(税込み)で、しかも先着100名様にボーナス特典として、乾布摩擦タオルを付けちゃう!ってのはどうでしょう
もしかしたらがっぽり稼げるかもしれませんね。そんなわけないか(-_-;)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:18 | 愛知 ☁ | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男と女のコミュニケーションの違い

ここ数日、世間を騒がせていた「スマップ解散騒動」ですが、生放送での緊急謝罪でとりあえずの決着をみたようです。テレビや新聞などのマスコミ情報は事務所側に都合のいいことばかり、といった感がありますが、ネットなどでは事務所幹部の横暴が原因などと言われています。

夢を売るのが商売のアイドルタレントであり、しかも超大物のスマップといえども、事務所にとってはひとつのコマ(商品)にしか過ぎない。そのコマが勝手に独り歩きすることなど絶対に許さない、ということなのでしょう。一部のファンからは、今回のトラブルの元凶とされる事務所幹部に対して「解任署名運動」まで起きているようです。個人的には噂の事務所幹部に対して「あんたが責任をとれ」と思っています。


話は変わります。
よく言われることですが、一般的に女性は男性よりもコミュニケーションを重要視しています。男性の場合は仕事や遊びなど共通の目標のためのツールとしてコミュニケーションを活用する場面が多いです。ですから特に目的もなく人と会ってお茶をする、などということは女性と比べてうんと少ないと思います。

女性の場合は、コミュニケーションに具体的な目的やルールを持たなくても、人との信頼や関係を深めるためのコミュニケーション。友人とただゆっくりお茶を飲みながら世間話をする。そんなことはごく日常的にあることでしょう。もちろん男女ともに例外はたくさんありますけど。

女性の場合は相手との信頼関係が非常に大切なので、同じ言葉を言われてもその相手に対する信頼度によって受け止め方は大きく変わります。例えば自分にとって嫌な事、厳しいことを言われた時「我慢する、聞き流す、納得する、感謝する、怒りを覚える、言い返す・・・」それは相手との普段からの関係が大きくものをいいます。

言ってることはわかるけど「あんたに言われたくないというやつですね。

男性はそのあたりの心の機微に鈍いところがあるので「正論を言ってあげたのになぜ機嫌を悪くするのだ?」と思いがちですが、それは違います。普段から相手の女性に対して、感謝の気持ちや好意、賛同や支持を言葉や態度で示すことが重要なのです。

そうすれば女性の心の貯金箱には、ちゃんとあなたに対する愛情や信頼がたまっているので、いきなり不機嫌になったりすることが抑えられます。逆に貯金ゼロの相手から気に障ることを言われた日には、それこそ怒りが爆発してしまいます。

男性の方は身近な女性と良い関係を築こうと思うのなら、なるべく普段からチャリチャリと女性の(心の)貯金箱にお金(愛情)を入れるようにしましょう。はい、私もなるべくこれからそうします

新装版 話を聞かない男、地図が読めない女 -
新装版 話を聞かない男、地図が読めない女 -

昨日はここ豊田市でも雪が降りました。冬の終わりにようやく冬らしくなりそうです。

KIMG0031.JPG

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:17 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

テレビCM・日本産業カウンセラー協会

今日は風も強く冬らしい冷え込んだ一日でした。

KIMG0026.JPG

ところで先日、何気なくテレビを見ていると、こんなCMが流れていました。



こちらの15秒バージョンもあるようです。



テレビでカウンセリング団体のテレビCMが流れるのは、史上初だと思います。おそらく昨年12月から厚生労働省より実施が義務付けられた、企業のストレスチェック制度の施行と無関係ではないでしょう。

世にあふれている心理カウンセラーの資格というものは、なかなかその道で食べていくことに直結しないのが実情です。学校や医療関係でのカウンセラーは原則的に臨床心理士でなければ雇用されませんが、フルタイムの正社員(正規職員)として食べていくのはまた別の話。企業で人事労務や安全衛生の担当者として、多少なりとも資格を活用できている人は幸せな方なのかもしれません。

私のようにお金と時間を使って産業カウンセラーの資格を取り、またその前後も含めてカウンセリングの勉強を続けていても、結局は実際に活用する場を持っていない人が殆んどなのです。

残された道は「開業カウンセラー」ということになるのでしょうが、これまた食っていける保証など全くと言っていいほどありません。しかも幸か不幸か私などは、辛うじて普通のサラリーマンが務まってしまうので、それを捨ててまで超不安定な「開業カウンセラー」という茨の道に踏み出す勇気も思い込みもありません。

誤解を恐れずに言ってしまうと、わざわざ「開業カウンセラー」になろうなどと考え、実際に実行してしまう人は並の神経では無理だと思います。カウンセラーとしての能力が突出しているというより「人生の選択肢としてそれ以外は考えられない、自分には普通のサラリーマンは務まらない、勤め人など絶対にやりたくない、理屈ではなく何が何でもプロのカウンセラーになるんだ」という強い信念(思い込み)が必要なのです。これはいくら努力して勉強を続けても身につくものではありません。

このテレビCMを観て、産業カウンセラー養成講座を受けてみようと思う人もいるかもしれません。個人的には是非機会があれば受講して、資格を取ってもらいたいと思います。

産業カウンセラーでありながら、しかもカウンセリングの勉強を続けていても、なんら結果として活用できていない私ですが、そのこと自体を無駄だったとか意味がなかったとは思っていません。

苦労して身につけたこと、学んだことをどう活用していくか。やはりそれは自分自身で考え、判断していくことだと思います。

KIMG0030.JPG

今夜から明日にかけて、東海地方の平野部でも雪が降るようです。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:45 | 愛知 ☀ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

あらためて頭の悪さに気づく

自治区役員の会計担当も3月で終わります。そろそろ会計報告や出納帳などの作成に取り掛かからねばと思い、パソコンを開きました。

ホントわけわからんです(-_-;)

どこから手を付けていいのか?計算は合わないし、打ち込みは間違えるし・・・こまごまと並んだ数字を見るだけで頭が破裂しそうです。思っていた以上にこの手の作業は苦手です。しかもそこそこの高級車が余裕で買えるぐらいの予算を管理しているので、適当なことは出来ないのです。

今日は家電ショップでスマホとPCを繋ぐUSBケーブルを買い、スマホで撮った写真をPCに取り込む作業にもチャレンジしました。他にも取り込む方法はいろいろあるようですが、これが一番わかりやすそうでした。結果的にはよくわからないままあれこれ画面を開いたりクリックしているうちに目的達成です。「終わり良ければ総て良し」ということなのでしょうが、気持ち的にはすっきりしません。何しろ次に同じことが出来る自信が全くないのです。

改めて自覚しましたが、私は頭が悪いようです。理解力と記憶力に問題が大ありです。子供にスマホの操作方法を教えてもらっても、なかなか理解できませんし何度も同じことを聞いて馬鹿にされる始末。
嫁にいたっては私以上に理解できず、子供に怒られてしょんぼりしています

できるゼロからはじめるAndroidスマートフォン超入門 -
できるゼロからはじめるAndroidスマートフォン超入門 -

泣き言ばかりではなんにもならないので、これを読んでサクサク操作できるように頑張ります(-_-)

でもね〜、年明け早々入院して仕事は休むし、スマホひとつまともに使えないし、
落ち込むなぁ・・・



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:29 | 愛知 ☀ | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

私は「アスペルガー症候群」ではありません

最近「アスペルガー症候群」についての記事を目にすることが多いので、私もアスペルガー診断テストをやってみました。

結果は・・・私は「アスペルガー症候群」ではありませんでした。
しかも平均より得点が低く、ある意味でアスペルガーとはかけ離れた気質のようです。この結果には自分自身でとても納得しています。良くも悪くもアスペルガーの特徴を私は持っていません。


アスペルガーでない私は、場の空気を読むのが得意です。暗黙のルールや阿吽の呼吸がよくわかります。人の言うことを鵜呑みにすることはありません。冗談が得意で場の空気を和ませます。常にいくつものことを考えています。オープンクエスチョンにもすぐに上手く返答します。「ほどほど」の兼ね合いが自然にわかります。他人の顔色をみて対応することが得意です。初対面の人とも緊張することなくすぐに仲良くなれます。物事の細部より全体を見て対応します。他人の細かい心の機微を感じ取るのが得意です。誰とでもすぐに仲良くなり楽しませるのが上手です。


その反面、すべてにおいて適当でいい加減なところがあります。情報を記憶することが苦手で、特に数字には弱いです。持続力がなく何事もすぐに飽きてしまいます。寝食を忘れて何かに没頭したりのめりこむことが出来ません。一つのことを掘り下げて勉強したり研究したりすることが苦手です。場の空気や雰囲気に左右されやすく自分を主張しません。決まりや理屈より感情に流されやすく、怠惰な生活をしてしまいがちです。自分で決めたことをやり遂げることが出来ません。またやり遂げなくてもそれほど苦になりません。地図や図形の理解が苦手です。本気かウソかわからないぐらいの冗談を平気で言います。信念というものが特にありません。集中力がなく持続性もないため何事に対しても専門性が高まりません。本当は自分が何をやりたいのか、どうなりたいのかがわかりません。


自分がアスペルガーであることを自覚しているかどうかは別として、当事者の人が生き辛さを抱えていることは間違いないでしょう。しかし私の知るアスペルガー(それらしい人も含む)の人たちは皆、自分の興味があることに対するのめりこみ方、集中力を発揮する力は凄いものがあります。その部分については正直言って「羨ましい」という気持ちがあります。

ある説によると、ノーベル賞の受賞者は殆んどアスペルガーだそうです。信憑性はともかくとして、常に周りが見えている(空気を読んでいる)ことは、生活する上で便利ではあっても人生を生きる上ではメリットばかりではないように思います。

苦労しながらも自分主体の生き方しかできない人と、全体の中でそれほど苦労せずに生きられても自分を見失ってしまう生き方。

いったいどちらが幸せなのかと考えてしまいます。いずれにせよ、自分を大切に生きるしかないのは間違いないのでしょうね。

2014_0214_092948-P1000908.JPG

明日から天気が崩れそうです。水曜日あたりはこちらでも雪が降るかも知れません。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:21 | 愛知 ☁ | Comment(3) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

ガラケーからスマホに

P1010731.JPG

年明け早々から入院しておりましたが、一昨日の午後無事に退院いたしました。<(_ _)
仕事などへの復帰はもう少し自宅で療養してからとなりますが、まあ順調に回復しています。

入院中の食生活でやや痩せましたが、すでに戻りつつあります(^^;
改めて普段の食事が質・量ともに今の自分には適正ではないと感じている次第です。若い頃は代謝もよく、またそれだけ身体も動かしていたのですが、やはり年に応じた食事に変えていかないといけませんね。

ダイエットは食事だけでなく、すべての習慣を見直すことが必要になるのだと思います。仕事、睡眠、食事、運動、等々・・・。あらゆる生活習慣を変えていくのはとても難しいことですが、出来ることからやっていくしかありませんね。

P1010732.JPG

退院の翌日、所用で出かけたついでに嫁と二人で携帯ショップに行き、長年使い慣れたガラケーからスマホに変えました。受付のお姉さん?がとても親切に対応してくれて、アドレス帳の移動や最低限の設定はやってもらいました。

しかしいざ使おうとなると、電話やメールひとつするのにも一苦労です(-_-;)それでも私は普段からパソコンを触る生活をしているので、何となくぼんやりと(本当に何となくですが)わかるような気がするのですが、嫁にいたってはスマホに買えたことを既に後悔し始めている有様(-_-)

何がわからないかすらわからない・・・
子供に教えてもらうも、あまりの理解力の無さをなじられ気分を害す・・・
普段どれだけ面倒を見てやっているんだ!とあらぬ方向へ話が向かい・・・
心と脳みそが疲れて寝てしまいました・・・
ちなみに息子たちはiPhoneなので、アンドロイドスマホはよくわからなくて使いにくいそうです。

今回ガラケーからスマホに買えたのも、特にガラケーに不満があったわけではありません。ただパソコンやスマホなどのデジタル家電をある程度は使いこなせないと、これからいろいろ不便だったり困ったりするだろうなぁ・・・。そんな理由からです。

やはり体も頭は使い続けないと退化する。いや、退化というより老化ですか(-_-;)
まあ、夫婦ともども少しづつ楽しみながらスマホになれていこうと思います。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:02 | 愛知 ☀ | Comment(6) | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

おやじの愛車遍歴【バイク編】

以前に『おやじの愛車遍歴【クルマ編】』という記事を書きました。


大して意味のない内容にもかかわらず、未だにけっこう読まれているようです。
いつかヒマがあったら【バイク編】も書きたいと思っていました。という訳で、今よりヒマなときはなさそうなので書くことにしました。


では早速、おやじのバイク人生を時系列で公開いたします\(-o-)/


※画像はひろったものばかりで画質が悪いですが許してね。


ホンダロードパルS
8[1].jpg
16才になってすぐに原付免許を取り、夏休みにアルバイトをして初めて買ったバイクです。当然ですが学校には内緒でしたが、何故か免許を取ったのはバレました。
当時は他にも魅力的な原付バイクがたくさんありましたが、いろんな事情でこれにしました。同じ柔道部の同期で仲が良かったタカハシくんも、このロードパルの色違いに乗っていて一緒に遊んだりした思い出のバイクです。


ホンダモンキーZ50J
2[1].jpg
高校生の頃に欲しかったモンキーですが、ようやく19才のときに買いました。このころは私の黒歴史なので詳しく書けませんが、夜中にサングラス、ノーヘル(当時はOK!)で走っていて電柱に激突!バイクはイカれましたが私はとっさの回転受け身でかすり傷ひとつなし。若かりし頃の良い思い出です(-_-)


スズキハスラーTS50
TS50[1].jpg
スズキハスラーと言えば、今では軽自動車に使われている名前ですが、もともとはスズキの2ストオフロードバイクの名車です。当時バイクや車好きな先輩と遊ぶことが多く、本格的にバイクの楽しさを覚えた時期でした。30km規制もなかった頃なので、最高速は90km/h近く出たように思います。とても楽しいバイクでした。


ホンダMTX125R
imgd41d8b26zikezj[1].jpg
22才になって車に乗り始めましたが、同時に中型2輪の免許を取って買ったバイクです。なぜだかオフロードバイクに興味があって、ホンダから発売されたばかりのこれを買いました。近くの河川敷に行ってはブイブイ走らせていましたが、乗っていた期間は割と短く、オフにハマるきっかけのために買ったようなものでした。


ヤマハYZ80
yam-pk-1982yz80[1].jpg
このへんからバイクを趣味としてハマってきたように思います。とにかく80ccしかなくてもレーサーです。一般公道は走れません(内緒で何度か走りましたが(^^;)わざわざ車も軽バンに買い替えて、バイクを積み込んではあちこちに練習に行きました。当時は空前のバイクブームで、峠には走り屋が、河川敷にはオフローダーがという時代でした。私もすぐに仲間が出来て、みんなで(勝手に)コースをつくり、暇さえあれば走りまくっていました。


ホンダCR80
7_03[1].jpg
2代目の80ccモトクロッサーです。ヤマハYZが壊れたので中古で安く買いました。このころはジャンプなどもバンバン飛んだりして、我ながら乗れていた時期だと思います。そんな私でしたが瀬戸市にあった80cc専用の有料コースで草レースに出て、中学生の女の子にぶち抜かれ自分の限界を知りました(>_<)というよりそろそろ一般道を走れるバイクが欲しくなってきたころで、徐々にモトクロス熱も冷めていたのでしょう。


ホンダXL400R
12[1].jpg
今のところわが生涯で唯一の400ccバイクがこのXL400Rです。XL250Rはよく見かけましたが400ccは珍しく、低速トルクたっぷりの乗り味が気に入っていました。これを買った理由は単純で、北海道に行くためでした。そして買ってすぐの黄金週間を利用して北海道への一人旅を実行しました。楽しい旅行というより、いろんな悩みを抱えていた時期の自分探しの旅という感じでしたが、何か吹っ切れたわけでもなく延々と一般道を走り続け、帰りはフェリーが台風に巻き込まれ、船酔いの苦しさだけが思い出に残る旅となりました。今思えばよき思い出です。


ヤマハXT250T(後期型)
xt250t_198508[1].jpg
XL400Rで念願の北海道一人旅を達成した私ですが、やはり400ccの車検には耐えられませんでした。このバイクでは単独キャンプや仲間との温泉ツーリングなど、のんびり楽しんだ思い出があります。オフロードバイクの4スト250ccは全体のバランスが良く、オールラウンドに使える良いバイクだと思います。


スズキジェベル200(初期型)

blog_import_52aa5698019f3[1].jpg
転職や結婚を機に、XT250を最後にしばらくバイクから離れていました。このスズキジェベル200は思いがけない副収入で買ったバイクです。しかしかつてのバイク仲間もバイクを降りた人が多く、私自身も年中無休の店長職で忙しく、たまに近場をうろうろしていただけでした。キックがなかったのでバッテリー上がりにも苦労しました。今思えばのんびりと走るには最適な名車だったと思います。


ホンダXLディグリー250
224[1].jpg
友人が手放すというので、格安で譲り受けたバイクです。ジエベル200よりパワフルでしたが、やはり公私ともに忙しくあまり乗る機会はありませんでした。今でも付き合いがあるUくんと、猿投りんどうに走りに行ったのが、私の最後の林道ツーリングになりました。当時住んでいたアパートから実家に移り住んだのを機に売ってしまい、これ以降はしばらくバイクとは縁のない生活になりました。


ヤマハパッソル
SANY0004[1].jpg
店舗の仕事から本社の製造業に移り、週末はそれなりに落ち着いて休めるようになったこともあり、原付でも乗ってみようかという軽い気持ちで手に入れました。長男が乗ってみたいというので5月の連休に二人で(出来る範囲の)レストアした結果、なかなかの見栄えになりました。久しぶりのバイクは、高校生当時に戻ったようなワクワク感があり、非力ながらもけっこうな遠出をして楽しんだバイクです。


ホンダモンキーリミテッド(6V時代の限定車)
monkey_L[1].jpg
厳密には私の愛車ではなく長男が購入したバイクです。久しぶりにモンキーはやっぱり可愛くて楽しいバイクでした。ただ、私自身がかつてモンキーに乗っていた頃より大幅に太ってしまい、私にはポジションがキツイキツイ(-_-;)しばらくして息子は2ストスクーターに買い替えてしまいましたが、今思うと勿体なかったなあ・・・。


ヤマハリモコンJOG/ZRエボリューション(SA16J)
2011_1210_111855-P1000147-thumbnail2[1].jpg
言わずと知れたヤマハジョグの最強バージョン・・・と言いたいところでしたが、長男がモンキーを下取りに出して購入したのは、排気ガス規制後のデチューンされたモデルでした。とはいえ軽くメーターを振り切り70q/h近く出たのはさすがです。たぶん社外CDIとかにしてあったんだろうね。スクーターなりの楽しさを覚えた原付でした。


スズキLOVE(初期タイプ)
2013_0209_112235-P1000505-thumbnail2[1].jpg
とあるところに売りに出ていて思わず買ってしまったバイクです。年式の割にかなり程度が良く、しかも格安と来れば買うしかないでしょう🎵このころは原付ばかり複数台所有していました。ヤフオクで当時モノのシートカバーや風防を手に入れて楽しんでいました。ただ古いバイクは手がかかりますねー。いろいろ苦労しました。


ホンダジュリオ
2014_0322_085853-P1000932-thumbnail2[1].jpg


ホンダCBX125カスタム
2013_0811_125630-P1000677-thumbnail2[1].jpg


ホンダXL125S(長男バイク)
2015_0426_095315-P1010422.JPG


スズキレッツ4
KIMG0375.JPG


ホンダライブDIO SR
2015_0316_181037-P1010386.JPG


☆ホンダジョルノAF77(嫁バイク)
KIMG0339.JPG




☆は現在所有バイクです。



中年になってからどういう訳か、やたらと小排気量バイクばかり乗り継いでいます。


でもね、小さいのって目一杯パワーを使えて楽しいんですよねー(^O^)/


次に買うなら、一生乗るつもりでスーパーカブ90カスタムかなあ・・・


1010314_00_2005_09[1].jpg


丸目じゃないところがまた渋いね。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:00 | 愛知 ☁ | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

死ぬときぐらい好きにさせてよ

宝島社の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」の新聞掲載写真です。

全身がんを公言しながらも、しぶとく生きている(褒め言葉です)女優の樹木希林さんを起用した今回の広告写真。

CX7RjF-U0AAsXnz[1].jpg

ジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」がモチーフらしいですが、「落穂拾い」のミレーとは別人のようです。

img55721424[1].jpg

テーマとしては「生きるのも日常、死んでいくのも日常」として捉えることが必要ではないか・・・ということらしいです。

末期がんで余命いくばくもない患者さんに「何かやり残したことは?」と聞くと、多くの方が「仕事ばかりせずにもっとやりたいことをやればよかった」と答えるそうです。

別に末期がんにならなくても、いつかは必ず死ぬことは小さな子供以外は皆が知っているわけです。それなら最初から自由に好きなことをやって、人生を過ごせばよさそうなものですが、なかなかそうはいかないものですよね。

入院生活もそろそろ終わりそうな気配です。仕事復帰には今しばらく療養が必要ですが、あまり長く休んでいると居場所がなくなってしまいそう・・・(-_-;)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:10 | 愛知 ☀ | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単純明快な人と複雑怪奇な私

『複雑な思考力と精神構造を持っている反面、外に現れる行動は単純明快』

これが幸運をつかみ成功する人の特徴らしいです。何となく納得です。

他のパターンとして「思考も行動も単純な人」「両方複雑な人」「思考は単純、行動は複雑な人」なんかもいるようですが、行動が単純明快なのはどうやら成功者の必須条件らしいです。

「他人から見てわかりやすい行動をする」人は確かに魅力的だと思います。あれこれ理屈を捏ね回してなかなか行動しない人より、己自身の直感を信じて、まずは行動する。確かに一芸に秀でる人はこういうタイプが多い気がします。

あと成功者の条件として、あんまり孤独に強くない方がいいらしいです。逆じゃないかという気もしますが、孤独を好む人はどうしても行動範囲が狭くなりがちなのが問題だそうです。

まとめてしまうと成功者のタイプはこんな感じです。
あれこれ考えるけど動くときは直感で素早く行動する人、寂しがり屋でいろんな場所に出かけ人の輪を広げる人。

う〜ん・・・一言でいうとガキっぽい人?まあ間違いなく言えるのは、私とは正反対なタイプが成功をおさめやすい人だということですね。そのへんはよ〜く自覚しています。

理屈っぽくてなかなか行動しない。自分の腹(本音)を他人に見せない。直感では動かず行動が遅い。他人を遠ざけ孤独を好む。これ私です(-_-)確かに成功には程遠いタイプですわ。

ちなみに単純明快の対義語ですが、複雑怪奇?かなぁと思ったら当たっていました。私は複雑怪奇なおやじだということです。

宇宙で最も複雑怪奇な交尾の儀式 [DVD] -
宇宙で最も複雑怪奇な交尾の儀式 [DVD] -

「複雑怪奇」で商品検索したらこんなん出ましたので貼っておきます。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:00 | 愛知 ☀ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SMAP解散!?

相変わらずの入院生活で寝てばかり。早朝に目が覚めてパソコンを開くと(スマホは持っていないので)こんなニュースが!?

SMAP解散へ!木村拓哉以外ジャニーズから独立


これが関連ニュースです

@SMAP解散へ!木村拓哉以外ジャニーズから独立

ASMAP分裂危機!“育ての親”退社に4人同調、キムタクは残留

BSMAP分裂 キムタク残留決意、4人に迷い…全員残留の可能性も

マジっすか!?

我が家の嫁がそこそこのSMAPファン。以前は何度かコンサートにも行っていたので、早朝4時にメールでお知らせしてやりました。すぐに返信が来て、愛犬と一緒に飛び起きてショックを受けたようです!(^^)!

所属事務所との軋轢などが理由の一つとも言われています。いろんな事情があってのSMAP解散報道でしょうが、あれだけの国民的グループなのですから、あまりゴタゴタして欲しくないですよね。

Smap Vest - SMAP
Smap Vest - SMAP


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 05:57 | 愛知 ☀ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

静かな夜

入院して6日目の夜。食堂の本棚に又吉直樹の「火花」があったので、部屋に持ってきて読んだ。正味2時間ぐらいで読めた。

火花 -
火花 -

うん・・・。お笑い芸人て、こんなに理屈っぽいのか?というのが正直な感想。もっと直感的に面白いことを感じてるのかと思ったけど。まあ又吉の漫才やトークで爆笑したことないからそんなものだという気もする。

内容については、登場人物の誰にも共感できなかった。別に悪口や批判するつもりはなくて、それ以外にないだけ。話題作だしタダで読めてよかったと思う。

それにしても普段からテレビをあまり見ないし、睡眠時間も短め(長々と寝るのは嫌いなので)な私にとって、入院生活は本当に退屈。お見舞いもすべて遠慮してもらったので、たまに嫁と息子が顔を出すだけ。看護師さんと必要な会話をする以外は、他の患者さんと話すこともほとんどない。寂しいかと言えばそんなこともなくて、思っていた以上に自分は他人嫌いなのかもしれない、なんて考えてしまう。お見舞いも「遠慮」というより「来て欲しくないのでお断りします」という感じで言ったのだけど、結果的に誰も来ないので正解だった。

病棟全体が夜になると本当に静かだ。入院自体は別に楽しくも嬉しくもないが、こんな静かな夜を続けて過ごすのも、たまには悪くないという気もしている。そろそろ飽きたけどね。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:43 | 愛知 ☀ | おやじのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

『クリード チャンプを継ぐ男』の感想

☆この記事には映画『クリード チャンプを継ぐ男』のネタバレを含みます。


おやじは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観たのか?という記事を少し前に書きました。結論を言えば観ていません。で、何を観たのかというと、これ



『クリード チャンプを継ぐ男』を観ました。とてもよかったです。しみじみと感動しました。

「ロッキーシリーズ最新作」と銘打ってはいますが、私はちょっと違うと思います。前作の「ロッキー・ザ・ファイナル」では、衰えたといえそれでもロッキーが主役でした。ロッキー自身が空いてと拳を交え、夢や未来を語る物語だったと思います。



今作のロッキーは人生の幕引きに向けて静かに暮らしている初老の男です。妻のエイドリアン、師であるミッキーを失い、そして前作では相変わらずのダメオヤジっぷりを見せていた義兄ポーリーまでもがすでに亡くなっています。

主人公であるかつて盟友アポロの息子も、その生い立ちなどから大きな葛藤を抱え、苦しみ悩みながら生きています。それでもその若さはまさに眩いばかりで、私には老いたロッキーにしか感情移入できませんでした。

映画のなかで時代の流れを感じさせる描写がいくつも出てきます。音楽も聞き覚えのないものばかり。最後まであのテーマ曲を耳にすることなく終わるのか、と思いましたが・・・



時代が変わりロッキーも老い、私も年をとりました。それでもこのシリーズには、心を揺さぶられる何かがあります。よろしければ映画館でご覧ください。スターウォーズ人気の陰に隠れていますが、なかなかの名作だと思います。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 16:40 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする