2015年06月20日

自分自身を知るための「コラージュ療法」

夕方の5時から金山で行われた「コラージュ療法体験学習会」を終え、先ほど自宅に帰りつきました。

今日は朝から豊橋市でイベントの仕事をしていたのですが、どうしてもこのコラージュ学習会に参加したくて、午後から休みを取り急遽名古屋まで足を運んだのです。

2015_0620_091748-P1010482.JPG


コラージュの体験学習は3回目ですが、竹内先生のコラージュ学習会には初参加でした。
いつもお会いする人、久しぶりの人など6名の方と一緒に学んだのですが、とてもくつろいだ雰囲気のなかで自分なりのコラージュができました。

どんな学習会、講座でもそうなのですが、場の雰囲気はとても重要です。
講師の竹内成彦先生と参加者の皆さんのおかげで、日頃の生活でたまったストレスがずいぶん癒された気がしました。
私も竹の子会の活動で講座や学習会を主催していますが、参加者が安心してのびのびと学べる場をつくることの大切さを、もっともっと意識しなければという思いを強くしました。

2015_0620_223754-P1010488.JPG


ところで、上の画像が今日の作品なのですが、いまひとつ自分では納得がいきません。
特に中央の富士山の写真・・・。
あれこれ迷った挙句に張り付けたのですが、やはり違和感を感じてしまいました。
コラージュ療法に上手い下手はもちろん関係ありませんが、自分の作品に違和感を感じないということが最も大切なのかも知れませんね。

素直に自らの感じるままを表現する。
それがコラージュ療法なのですが、枠組みやルールの縛りが無いワークはどうも苦手です。
自由を求めながら、どうしても自分の枠から外へと踏み出せない私。
今日の作品はそんな自分が表現されていたように感じました。


おやじ写真館


2015_0328_134629-P1010409.JPG
☆鉄板焼きそばの上で踊る鰹節☆



2015_0606_100710-P1010445.JPG
☆両手を広げて1本橋を渡る、55歳の子供☆



「ブログ村」のバナーのクリックをお願いします<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:49 | 愛知 ☁ | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする