2014年12月07日

屈指の傑作映画「インターステラー」を観よ

私の勤め先は9月頃から土曜出勤が増え、日曜日は貴重な休日なので、出来る限り朝寝坊はせずに早起きし、気分転換になるような過ごし方を心がけています。

今朝は愛犬に顔をペロペロされて目が覚めると7時でした。昨夜は遅くまで起きていたので危うく寝過ごすところを愛犬に助けられました。なにしろ隣町の映画館で朝8時から上映の映画を観る予定なのです。寝ぼけながらも速攻でシャワーを浴び、着替えてバイクに跨りました。映画の後はひとりでツーリングに行くので、寒くてもバイクなのです。

ところがこんな時に限ってバイクのセルスイッチの調子が悪く、なかなかエンジンがかかりません(=_=)しかしそこはバイク歴40年近いベテランライダーなので、慌てず騒がずギヤを3速に入れ押しがけ一発で走りだしました(^.^)もちろんいくら急いでいても安全運転は基本ですよ。20分ほど走って映画館に着いた頃には冷たい風のおかげですっかり目も覚めました晴れ

チケットと熱いコーヒーを手に席に着くと、ほどなくして館内が暗くなり映画が始まりました。

今年は公私ともに忙しい年でしたが、その合間をみてけっこう映画館に足を運びました。15作品ほどは観たのではないでしょうか。映画鑑賞は私の若い頃からの趣味であり、気分転換とストレス解消の手段でもあります。暗い館内でスクリーンに集中していると、現実を離れ映画の世界に入り込めるのです。

さて本日鑑賞したのは、全米公開時に高い評価を受けたと評判の映画
「インターステラー」です。

ここからはあくまで私個人の(独断と偏見による)感想です。

世間の評価が良いことなどは、あまりあてにはしていませんでしたが、クリストファー・ノーラン監督作品という期待はありました。人間心理の探求、シリアスな描写、フィルム撮影へのこだわり(現在はデジタル撮影がほとんどです)、ときに難解なストーリー、脚本を自ら書いている、などが彼の作品の特徴でしょうか。

そしてこの「インターステラー」の感想ですが・・・

凄いです!ここ10年間で観た映画でベスト1でした\(◎o◎)/!

もう一度言います、映画ファンなら絶対に観て欲しい作品です!

この映画には全てのテーマが描かれていました。

希望、絶望、人間、地球、宇宙、宇宙の果て、時間、未来、過去、信頼、裏切り、科学、哲学、真実、嘘・・・そして、『愛』

といっても単純な感動ストーリーお涙ちょうだいなんてものではありません。

はっきり言って、こんなのを観てしまうと、日本のドラマ映画など、ちゃぶ台の上で演じる紙芝居(これは言い過ぎですかねぇ・・・邦画ファンの方、ゴメンナサイ(^_^;))としか思えません。

もちろん映画の評価など人それぞれなので「傑作だというから見たけど超つまんなかった」「おやじカウンセラーの野郎に騙された」というのも全然ありです。私の評価など大したものではありません。しかし、私にとっては、感動したとか面白かったとか、そんなのを超えてまさに心を揺さぶられたという表現がぴったりの、屈指の傑作、名作といえる映画でした。



つまんない映画ほど、そのハイライトシーンの全てを予告編に盛り込むものです。予告だけ観れば十分だったという映画も少なくありません。しかしこの作品は違いました。僅か3分程度の予告編など前菜にもなっていませんでした。この作品はDVDではなく、ぜひぜひ映画館のスクリーンで観て欲しいです。

映画館をあとにした私は、寒空の中を往復100kmほどのバイクツーリングに出かけました。本日の目的地としていた、遠い田舎の喫茶店がお休みだったのは残念でしたが、寒空の下で飲んだ暖かい缶コーヒーは格別でした。

コーヒーを飲みながら、ふと今日の映画の映画のことを思い出しました。観ている間ずっとなにか懐かしいような気がしてならなかったのですが、ようやくわかりました。子供の頃の土曜の夜に観ていて大好きだったSFテレビドラマ「宇宙家族ロビンソン」です。

そうか「インターステラー」は21世紀の「宇宙家族ロビンソン」だったんだぁ・・・。そういえばちゃんとフライデー(そのものズバリが出ていたわけじゃないです)も出ていたよな。

宇宙家族ロビンソン/ B-9 フライデー エレクトロニックロボット -
宇宙家族ロビンソン/ B-9 フライデー エレクトロニックロボット -

今日はとても良い休日でした。明日からまた頑張ろう(^.^)

明日のブログは「我が家の嫁のパニック障害と寛解・其の一」の続きを書く予定です。

皆さまのおかげでブログランキングの上位を維持できております。本当にありがとうございます。
しばらくは毎日の更新を続けてゆきたいと思います。引き続きの応援よろしくお願い致します<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:27 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイコパスの犯罪

今日は朝から「寒い寒い・・・(>_<)」と言いながら仕事をし、外に出ると雪が降っていました。雪もう秋をすっ飛ばして一気に冬ですね。冬はけっこう好きな季節です。寒いのが好きなわけではありませんが、むしむし暑い季節よりよりもう〜んといいです。

仕事から帰ってパソコンをひらき「心の相談室withの竹内成彦先生のブログ」を読んでみると、「うつ病と擬態うつ病の見分け方」と「性格の悪い奴と人格障害者の見分け方」についての記事でした。竹内先生のブログはいつも非常にためになります。私の駄文と違いカウンセラーとしての経験と知識から書かれた、きちんとした記事が多いのです。

私も、うつ病、擬態うつ病、人格障害については本を読んだり講義を受けたりして、自分なりに理解していたつもりですが、それをわかりやすく人に説明できるかといえば・・・全く自信がありません。多少本を読んだり講義を受けたりすると、すっかり理解できたかのような錯覚に陥ってしまいますが、カウンセリングの勉強を続け、学びが深まるほどに、自分は本当に理解していたわけではないことに気づき、まだまだ勉強が足りないと感じるのです。

ところで、私は「人格障害(パーソナリティ障害)」について一時期とても興味を持ち、いろいろな本を読んで勉強していました。そのなかで「サイコパス」あるいは「サイコパシー」と呼ばれる人たちの一部が引き起こした様々な犯罪を知り、そのあまりに凶悪で凄惨な内容に驚愕したことがあります。
※これから書く内容や、特にリンク先の記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています。

日本のサイコパス犯罪といわれるものはいくつもありますが、個人的にこれぞ「サイコパス」と思ったのは「北九州監禁殺人事件」犯人でした。

この事件の犯人が最も「サイコパス」らしいのは、複数の殺人(その被害者のほとんどは一つ屋根の下に住む家族や親族です)の主犯でありながら、自らは直接手を下すことなく、マインドコントロールにより家族同士を虐待、殺人に導いていたということです。事件の内容を詳しく知るにつれ「どうして誰も途中で逃げ出したり、警察に通報したり、あるいは犯人を攻撃したりしなかったのだろう」という疑問が湧いて仕方がありませんでした。しかし当時の被害者たち(被害者が同時に加害者でもあったりします)は、完全にこの犯人のコントロール下に置かれ、まともな判断や行動をする能力を奪われていたのでしょう。それほど犯人の「サイコパス性」が際立ちその能力に長けていたのだと思います。

この事件は日本の犯罪史上でもまれにみる、凶悪で猟奇的な連続殺人事件でありながら、マスコミ報道では事件が発覚した当初こそ、それなりに大きく取り上げられたものの、次第にメディアから消えてしまいました。噂では、そのあまりに凄惨な内容があきらかになるにつれ、途中から報道が自粛されたと言われています。

他にもわりと有名な「埼玉愛犬家連続殺人事件」も、犯人は典型的な「サイコパス」であると言われています。この事件をベースに「冷たい熱帯魚」という映画が後につくられたことも話題になりました。私は観ていませんのでおススメはしませんが、興味がある方はご覧になってみて下さい。またこの事件の共犯とされた男性が出所後に書いた「愛犬家連続殺人事件」という文庫本があり、以前に私も買って読んだことがあります。まあ、こちらもまともな人なら胸が悪くなるような内容なのであまりおススメできません。ちなみにこの本、私はブックオフで処分(たぶん10円とかで)してしまったのですが、現在ではアマゾンで中古本が6000円から1万7000円ほどの値がついておりました。出版当時は400円ぐらいの文庫だったのに・・・(=_=)

愛犬家連続殺人 (角川文庫) -
愛犬家連続殺人 (角川文庫) -

それにしてもこうした犯罪のことを調べるほどに感じるのが、人間というのは外見(肉体)の違いなど取るに足りないもので、目に見えない心(精神)の方が、理解不能なほど相容れないものがあるのだということです。人は人をどうしても外見で判断してしまいがちですが、ある意味でそれは怖いことなのかも知れません。

最後に、竹内先生もブログで仰っておられましたが、安易に他人のことをサイコパス(多くのサイコパスは犯罪とは無縁の生活をしています。)だとか人格障害だとか思い込み、決めつけるのはやめましょう。多くの場合間違っているし、あなたにとっても周りにとっても、良いことや得をすることは何もありません。


皆さまのおかげで目標としていたブログランキングの上位を維持しております。本当にありがとうございます。これからもこつこつ更新を続けてゆきたいと思います。引き続きの応援よろしくお願い致します<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:47 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする