2014年10月19日

スズキジムニーの「シートレール加工」

今回の記事は「ジムニーJA11・シートレール加工」の話題です。
最近のマイブログはカウンセリングからどんどん離れていくようですが、同じジムニー乗りのUくんや、クルマ好きのMさんはぜひ読んでね(^_-)-☆

実はこのジムニーJA11、本来は長男の車。
昨年暮れに私の反対を押し切り、20年落ちのジムニーを3年ローンで買いました。
確かに走行距離も少なく、内外装もきれいなJA11(旧型のリーフスプリング最終モデル)なので人気があるようですが、さすがに総額110万円は高すぎです。

当時はこの手の旧車に興味があった息子は、すごく気に入って購入しました。
ところが面倒が嫌いな息子は、ラジエターホースの亀裂などの不具合が立て続けに出ると、とたんに熱が冷めて嫌になってしまったようです。

そこに付け込んだ私は、マイカーのスバルサンバーに好きなだけ乗っても良いという条件で、ジムニーの乗車権利を獲得したのです(^_^)/

もともとランクル系などの四輪駆動車が好きだったので、渡りに船というやつです。

2014_1019_081656-P1010278.JPG  

しかし乗り始めてみるとちょっとした問題がありました。
フロントシートを一番後ろに下げても狭いのです。
とてもじゃありませんが、遠出のドライブに行く気は起りません。
ただでさえ足が長い(お腹が出ている)私には、あまりにも窮屈で辛すぎます。

ネットで調べるとこの手の不満は私だけでなく、多くのJA11乗りが感じていることらしく、そのための専用シートレールも販売していましたが、かなりの高額(1万5千円ほど)でちょっと買う気になりませんし、それ以前に嫁の許可が出そうにありません。

さらに調べを進めるとこんな記事を発見しました。
《ジムニー・シートレール改造/強化》
同じような記事が他にもあったので、ジムニー乗りにはわりとポピュラーな改造のようです。

決して手先が器用な訳でもDIYが好きな方でもありませんが、これぐらいなら何とかなりそうです。
これでも自動車整備士の資格を持っていますしね(ペーパー整備士で何も出来ませんが(^_^;))

というわけで今朝は早くから勤め先に出向いて、工具室のサンダ−等を借りて一気に片を付けてきました。

2014_1019_081754-P1010280.JPG

まずは4か所のボルトを緩めてシートを外します。

2014_1019_082105-P1010282.JPG

続いてシートからレールを外します(これもボルト4本)

2014_1019_082307-P1010285.JPG

外したレールをよく観察して、作業の進め方を確認します。

2014_1019_084725-P1010286.JPG

作業を開始したらなるべく丁寧に(特にサンダ−でストッパーを削る作業は慎重に)進めます。

可動部にグリスを塗って元通りにシートを取りつけ作業終了!!

2014_1019_091057-P1010288.JPG

これが改造前

2014_1019_091037-P1010287.JPG

そしてこれが改造後のシートの位置。

3ノッチ分後ろに下がったので、約6センチほどゆとりができました。
さっそく乗ってみると随分違います。
なかなか快適で運転姿勢に無理がありません。
満足満足〜(^_-)-☆

それにしてもシートの取り付けって、安全部品にしては思ったより華奢なつくりなのね。
このジムニーはエアバックもついていないので、安全運転に心がけなければいけません。

あとはナビとETCを付けて、ヘタり気味のリーフサスを何とかすればパーフェクトなのですが、そんなお金も無いし、当面はこのまま大人しく乗ることにします。
実は通勤用に中古の原付を買ったばかりなので・・・(^_^;)

さて、今日は天気も良いし、慣らし運転がてら原付でのんびり走りに行こうかな・・・晴れ


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 11:05 | 愛知 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元気ですか〜っ!!

ちょっと前の話題です。

この前の月曜日(祝日)に、長男と二人で愛知県体育館まで出かけ、プロレスの試合を観戦して来ました。
アントニオ猪木が代表をつとめる《IGF》のGENOME31名古屋大会です。

昔はちょくちょく生でプロレス観戦をしていた私ですが、ここ10年ほどはずっとご無沙汰していました。
ちなみに最後に観たのは、同じ愛知県体育館での新日本プロレスの興行で、引退していた坂口征二が遺恨試合のため一夜限りの復活を遂げるという試合で、親爺の危機に息子で俳優の坂口憲二が登場し、もの凄い盛り上がりでした。

さて今回の試合ですが、有名どころは小川直也ジエロム・レ・バンナ藤田和之、あたりで、少々さびしい感じは否めませんでした。

プロレス的には、あの橋本真也の息子や、ウルティモ・ドラゴンあたりがそれなりに歓声を受けていましたが、なんといってもこの日一番の盛り上がりは、総帥アントニオ猪木の登場でした。

2014_1013_184148-P1010275.JPG  2014_1013_180055-P1010264.JPG  2014_1013_172234-P1010258.JPG  2014_1013_184654-P1010277.JPG

お決まりの「元気ですか〜っ!!」「1・2・3、ダ〜ッ!!」もありましたしね(^_-)-☆

かつては猪木と馬場がそれぞれの団体を率いてブームを巻き起こし、地上波のテレビでもゴールデンタイムの放送をしていたプロレスですが、その両雄が引退した後は群雄割拠の時代となり、その後の格闘技ブームにも押され、どの団体もかなり苦戦をしているようです。

ところで、大会が行われたのは先週の10月13日の月曜日。
ご存じのように台風19号で東海地方も大荒れの天気で、しかもその真っ只中の夕方からの開催でした。
普通ならわざわざ豊田市から電車に乗り、名古屋まで出かけてまでプロレスを観に行こうとは思わないですよね。
それなのにそんな無謀なことをしたのには訳があります。

実は今回の観戦チケットは、ちょっとワケありで手に入った『ひとり5万円のVIP席』だったのです。

しかもタダ\(◎o◎)/!

さすがの私もこんな高額チケットの席で観戦したのは初めてです。

まず入場口も一般席とは別で、黒服のスタッフがお出迎え。
受付のお姉さんが、真っ赤な闘魂タオルを首にかけてくれ、席はリングサイド2列目という豪華さ。
おまけに、試合終了後はヒルトンホテルの会場で、選手と一緒にアフターパーティーに参加できるという特典付きだったのです。

そんな高額なチケットをもらった手前、どうしてもキャンセルは避けたいという事情もあり、台風だろうがなんだろうが、簡単にあきらめるわけにはいかなかったのです。

といっても翌日の仕事を考えて、泣く泣くパーティーの参加はあきらめ、早々に家路につきましたが、JRは待てど暮らせど列車が来ず、見切りをつけて名鉄に乗り換え、新安城からタクシーに乗ろうとするも随分と待たされたあげく、ようやく無事に自宅にたどり着いた次第でした(=_=)

なんだかくたびれた久しぶりのプロレス観戦でしたが、この夏頃までの気分の不調からようやく立ち直ってきたこともあり、けっこう楽しかった台風の夜でした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:13 | 愛知 ☀ | Comment(4) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

台風前夜

平成26年10月12日の日曜日。
明日は祝日で仕事が休みなので、久しぶりに連休です。

今日は竹の子会の定例会がありました。
今回から新しい会員さんも二人増えて、最近は会員学習会も活気があります。

Kさんがリーダーを担当して、子育てプログラム《トリプルP》のエクササイズを行いましたが、なかなか難しいですね。

主に子育ての問題解決の手法として、オーストラリアで開発されたプログラムらしいのですが、カウンセリングとは視点も手法もかなり異なり、馴染み難さや違和感を感じる部分もありました。

もちろんどちらが正しいとか、間違っているとかということではありません。

カウンセリングよりもより具体的、直接的で、尚且つマニュアル化されており、プログラムに沿って行うことで誰でもが、同じような効果をあげることができる。
というのが、この《トリプルP》の目指すところのようです。

このマニュアル化という部分が、個人の資質や能力、センス、習熟度によって、効果が大きく変わり、マニュアル化が難しいカウンセリングとの、もっとも大きな違いかも知れません。

いずれにせよ竹の子会の学習会も、なかなかレベルが上がってきたようですね(^_-)-☆

さて、午後からはちょっとヤボ用で岐阜の多治見まで出かけてきました。
今日も含めて、東海環状自動車道に乗る機会がちょくちょくありますが、岐阜県在住のK.Oさんも仰っていたように、とても走りやすい高速道路ですね。

まあ、私はいつも愛車スバルサンバーでの走行なので、エンジンを唸らせて必死で走っていますが、もう少しパワーに余裕がある車なら本当に快適なドライブができると思います。

ただ、方向音痴でナビ便りの私がいつも思うのは「どうしてナビはあんなに融通のきかない、変な道案内をするのだろう」ということ。
やたらと遠回りの幹線道路を走らせようとするかと思えば、ときにはとんでもない裏道に案内したりと、何とも意味不明です。

このあたりは、WindowsのOSがバージョンアップするたびに、やたらと過剰なサービスというかお節介な機能が増えて、どんどん素人には使い難くなるのと似ている気がします。

パソコンやナビゲーションなど、この手のプログラムを開発する人は、もの凄く頭が良いくせに使う人のことより自分の知識や能力を、兎に角どんどんプログラムに詰め込む事しか興味がないんじゃないか・・・?
なんてことを思うのは、きっと頭も心も時代についていけないダメおやじの思い過ごしなんでしょうね(=_=)

明日はまたまた台風の影響で、東海地方も嵐になりそうです台風

せっかくの2連休なのに・・・(-_-メ)

なんだかボヤいてばかりの秋の日曜日でした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:54 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

異性のカウンセラーと同性のカウンセラー

カウンセリングの勉強を始めてから、プロのカウンセラーの方と知り合う機会も多くなりました。

男性の方、女性の方、それぞれいらっしゃいますが、ここでふと気になることがあります。
クライエントにとってカウンセラーは異性の方がよいのか、同性の方がよいのか、あるいはカウンセラーにとってクライエントは異性の方がよいのか、という疑問です。

私の知っているカウンセラー(プロとして活動されている方)は、圧倒的に女性の方が多いのですが、女性カウンセラーでクライエントの性別に条件を付けていない方、つまり男・女のクライエントを受け付けている方は「カウンセリングオフィスTRUTH」金森先生だけです。
逆に男性カウンセラーでクライエントの性別に条件を付けている方は、私が知る限りいらっしゃらないです。

女性カウンセラーがクライエントを女性オンリーにしている理由についてこの場では深く説明しませんが、カウンセリングは原則として密室で行われることと、異性間のカウンセリングでは陽性転移を起こしやすいこと(特にカウンセラーがイケメンや美人の場合(^_-)-☆)が大きな理由になると思います。
金森先生が男女どちらのカウンセリングも受け付けている理由については、ご本人に直接お聞き頂いた方がいいのですが、ルームの環境、ご本人の覚悟、カウンセラーとしての技量などを兼ね備えたうえでの「性別問わず」ということのようです。
決して美人じゃないとか、武道の達人だからという理由ではございません。

ちなみご自宅の一室でカウンセリングをされておられる慨婚の女性カウンセラーの方から「自分は構わないが、自宅に不特定多数の男性が出入りすると(田舎なので)近所の噂になりかねないので、女性のクライエント限定にしている」というお話を聞いたことがあります。

このあたりはカウンセラー側の事情ですが、クライエントにとっては同性と異性のカウンセラーのどちらが望ましいのでしょうか。
私は男女どちらのカウンセリングも受けた経験がありますが、どちらかというと個人的には異性のカウンセラー(つまり女性)の方が(カウンセリングを)受けやすい良いような気がしました。
※あくまでその時の私個人の感想です。

ただ長く通うようになったり相談の内容によっては、男女の違いよりもむしろ人間的な相性の方が重要なのかも知れません。

いずれにせよ、クライエントはカウンセラーを選択する権利があります。
いかなる理由にせよクライエントに我慢を強いるのは、カウンセラーが自身の無能力を相手のせいにしている可能性があると言えます。

カウンセラーは性別以前に、その人間性を問われる職業なのだと思います。


☆ 竹の子会主催《カウンセリング中級講座in豊田 》の受講生募集中です。


「女性のカウンセリングルーム*杏」の速水史子さんが
  「楽しい心理カウンセリング講座」を開催されます。


岐阜のカウンセリング ルーム《HILL ISLAND》の岡島康治さんが
  《北海道札幌で出張カウンセリング》を開催されます。    


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:51 | 愛知 ☀ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

車で音楽

楽器も弾けず、カラオケも行かず、普段は音楽を聴くことも皆無な私です。
ただ唯一、車の中では音楽を聴くことがあります。

そんな私が、以前から欲しかった音楽DVDを購入しました。
『桑田佳祐 Act Against AIDS 2008 昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』です。
エイズ知識の啓発活動AAAに関わってきた桑田佳祐が、コンサートを通じてメッセージを伝えるということでしょうか。

昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦 [DVD] -
昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦 [DVD] -

車(嫁の愛車ですが)のナビでDVDを再生して聴いています。
もちろん安全のため、運転中は音だけね(^_-)-☆

桑田さんがほぼひとりで61曲を歌っています。
選曲も絶妙ですが、特におススメは八代亜紀の舟歌かな。
もちろん桑田さんが歌っているのですが、聴きごたえ十分ですね。

2013年には『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』も開催してDVDも発売されています。



こっちのDVDも欲しいなぁ・・・(・_・)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:55 | 愛知 ☀ | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

またまたまたまた映画館に

土曜日の出勤が続いているせいか、少ない休日を有効に過ごしたいという思いが強く、本日も仕事が終わってから映画館に行ってきました。
9月以降3度目の映画鑑賞は、面白いと評判のスペースオペラ「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」です。



正直あまり好みの映画ではなかったのですが、映画館のポイントカードが貯まり、10月中なら無料で観ることができたので足を運んだというわけです。

先ほど見終わったところですが、思いのほか楽しめました(^_-)-☆
「スパイダーマン」「アイアンマン」「アベンジャーズ」などでお馴染みの、マーベルコミックスの原作を映画化したものですが、ネットでもかなりの高評価なのが頷ける出来でした。

そうそう、この映画の見所の一つが「音楽」です。
主人公が愛用のソニーのウォークマン(しかもカセットテープ)を持ち歩いていて、ちょっと懐かしいアメリカンポップスを聴くシーンが何度も出てくるのですが、映像と上手くリンクしていて良かったです(^^)/

館内は相変わらずの貸し切り状態で、女性客が一人、男性客が私を含めて二人という有り様。
今年の9月時点で人口422,344人の豊田市で唯一の映画館が、土曜の夜にこの状態とは・・・

ずいぶん以前にある人から「豊田の人は遊び下手、車とパチンコにしかお金を使わない(=_=)」と言われたことがありますが「当(あ)たらずと雖(いえど)も遠(とお)からず 」と言えるかも知れません。

明日は少し用事を済ませてから、嫁とドライブでも行こうと思っていましたが、どうやら雨模様のようですね雨

休日にずっと家にいると気が滅入るので、どこかへ出かけたいのですが、久しぶりにプールでも行こうかな・・・
元竹の子会員で日進市で開業されている鑑定士心音さんを見習って、私もそろそろ運動を始めなければ。

スポーツの秋、読書の秋、遊びの秋、そして食欲の秋は、まだまだこれからです。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:01 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

《楽しい心理カウンセリング講座》アンゲームで自分を表現してみよう

先日の日曜日、岡崎市で「女性のカウンセリングルーム杏」を開設されている、
速水史子さんが主催する講座に参加して来ました。

《楽しい心理カウンセリング講座》 〜アンゲームで自分を表現してみよう〜と題されたこの講座ですが、実は先月に続いて2回目の参加です。

アンゲームってなに?という方は、ぜひ一度体験してみるといいですよ。

アンゲームボード版 J1200 -
アンゲームボード版 J1200 -

カウンセリングを勉強されている方はもちろんですが「自分の思っていることを相手に伝えるのが苦手」という方のコミュニケーションスキルの向上にもきっと役立ちますよ。
講座といっても、少人数で楽しくゲームをしながら学べるので、気軽に参加してもらえばいいと思います。

私は今年の春以降、何かと疲れる出来事が続き、カウンセリングの勉強はおろか、他人と接することも億劫な気持ちになっていましたが、リハビリのつもりでこの講座に参加させてもらい、あらためてコミュニケーションの大切さを実感できました。
安心安全な環境で自分の話を聴いてもらい、また人の話を聴くことが心の安らぎにつながるということです。

次回は10月12日(日)に岡崎市の竜美丘会館で開催されます。
私は残念ながら竹の子会の活動日と重なっているので、その次の11月30日の講座にはまた参加させてもらうつもりです。
                       
講師の速水史子さんは、カウンセラー活動以外にペットの里親募集活動にも関わっておられるので、犬猫好きの方にもお薦めかも知れませんね(^^)

カウンセリングの勉強を始めたけど、本格的な講座やワークに参加するのはちょっとためらってしまう。
そんな方が気軽に参加されるにはイチオシの講座だと思います。


11月から始まる竹の子会主催『カウンセリング中級講座』の受講申し込みも随時受け付け中です。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:39 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

久しぶりのサイクリング

自転車が趣味(自転車ブログはこちら)と公言している私ですが、最近はバイクばかりに乗っていて、サイリングはとんと御無沙汰でした。

9月に入り少しづつ爽やかな気候になってきたので、少し前の休日に仲間を誘ってのんびり自転車散歩に出かけました。

2014_0915_111223-P1010237.JPG 2014_0915_111126-P1010235.JPG

緑色の半袖シャツを着てお腹が出ている私は、まるで大きな食用ガエルのようで、我ながら情けない限りです(>_<)


豊田安城サイクリングロードをゆっくりゆっくり走ります。
平坦路ばかりなので、メタボおやじでも案外すいすいと進むことができますが、景色の変化が無いのが少し物足りませんね。

途中のマックで朝食を食べ、昼過ぎには走行距離30km弱のサイクリングが終了しました。
本当は山道を走る方が楽しいのですが、今の体力では辛いばかりで気持ちよく走ることが出来そうにありません。

そろそろ自転車通勤を復活させて、少しでも体力アップをしなければ・・・(*_*;

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:50 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた映画館に

先日に続き、今月二度目の映画鑑賞に行ってきました。



リーアム・ニーソン主演の「フライト・ゲーム」です。

主演のリーアム・ニーソンですが、現在62歳だそうです。
大人の渋さがにじみ出る役者さんですが、アクションもリアリティがあって迫力満点ですし、とてもそんな歳には見えませんね。
ストーリーも最後まで飽きずに集中でき、なかなかの傑作だと思います。

今回は「安城コロナシネマワールド」で鑑賞しましたが、朝8時からの上映ということもあって、またまた寂しい館内でした(=_=)

2014_0921_075921-P1010241.JPG

私が20代の頃は、週末の夜に暇があるとオールナイト上映に足を運んだものですが、当時はスカラ座とか、なんとか劇場とか各映画会社の単館上映が多く、しかも2本立て3本立てなどが主流で夜中でもけっこうなお客さんが入っていたように記憶しています。

今のようなシネコンも便利で館内も清潔で悪くは無いのですが、昔の映画館独特の雰囲気が薄れてしまったような気がして少し寂しく感じます。

特にシネコンではどこも同じような映画ばかり上映しているので、もっと幅広くいろんなジャンルの映画を上映してもらいたいですね。

若い頃に観た映画のDVDをレンタルして、週末の夜中にひとりで鑑賞するのが、おやじカウンセラーの最近のマイブームです。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:24 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする