2014年07月27日

竹の子会 W講座修了!

27時間テレビのスマップミニコンサートは大盛況でしたね(^.^)
我が家の嫁はスマップファンで、何度もコンサートに行っているので、テレビの前でノリノリでした。

さて、カウンセリング支援団体竹の子会でも、今日は午前10時から午後5時過ぎまで、ほぼノンストップでW講座を行い、無事に終了しました。

行われたのは、金森真奈美先生の「ミニ講座」と竹内成彦先生の「グループワークトレーニング」です。

主催の竹の子会はボランティア団体ですが、それだけに枠にとらわれない自由な活動をしています。
今日のW講座も、ちょっと他では真似のできない、画期的な内容だったと自負しています。

午前中の「ミニ講座」については、竹内先生と、岡島先生がご自身のブログに感想を書かれています。
私の感想は、あらためてアップしたいと思います。

講師とスタッフ、そして参加者の皆さんに恵まれ、充実した熱い一日を過ごすことが出来ました。

あらためて皆さんに感謝です<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:58 | 愛知 ☀ | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

明日は竹の子会主催の研修会です

「男は泣き言を言ってはいけない」というビリーフを持つ私ですが、自己嫌悪に陥りつつも、泣き言を言いまくっています(+_+)

暑い・・・暑くて死にそう・・・

愛知県豊田市は、全国的にみても非常に暑いです。
その豊田市で、明日27日(日)、竹の子会主催の研修が行われます。




《2時間のミニ講座》

「心理臨床家の在り方を学ぶ」

 〜現役心理士に聞くタブーなき質問タイム〜



日時:平成26年7月27日(日) 午前10時15分〜12時15分
   ※10時5分から受付開始  10時15分までには必ず 入場して下さい。
場所:とよた市民活動センター 会議室( 豊田市駅前、松坂屋の9階です)
主催:とよた市民活動団体「竹の子会
講師:《こころのそうだんしつTRUTH》室長金森真奈美
   ★金森先生のブログ『心理臨床家の在り方』は、こちらからご覧下さい。


講師の金森先生は、臨床一筋に東京・銀座で開業されている心理士です。
今回は竹の子会からのたってのお願いで「ミニ講座」を開催して頂くことになりました。




現役のプロカウンセラーから学ぶ

カウンセリング能力を高める

 グループワーク・トレーニング初級講座


日時: 平成26年7月27日(日) 13時半〜17時15分

場所: とよた市民活動センター(愛知県 豊田市駅前、松坂屋の9階です)

主催: とよた市民活動団体 「竹の子会

ファシリテーター: 心の相談室with室長竹内成彦



私の両親は、鹿児島県の出身ですが、母が言うには、愛知県の方がうんと暑く過ごし難いそうです。
県外から研修に来られる方は、くれぐれも暑さにご注意くださいね晴れたらーっ(汗)

明日の午後からのグループワークで、竹内先生とロールプレイを行う岡島先生は、愛知県を凌ぐ暑さの岐阜県でカウンセリングルームを開設しておられます。

プロのカウンセラーによる、ロールプレイはどんなものなのか・・・
今からとても楽しみです。


それにしてもこう暑いと、思考行動後ろ向きになってしまいますね〜


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 18:13 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

竹の子会から重要なお知らせ

竹の子会からのお知らせです。

7月27日(日)午前10時から、金森真奈美先生を講師にお招きして「ミニ講座」開催する運びとなりました。



****************************************

《2時間のミニ講座》

「心理臨床家の在り方を学ぶ」

 〜現役心理士に聞くタブーなき質問タイム〜


****************************************


金森先生は、《こころのそうだんしつTRUTH》の室長として、心理・精神科専門歴18年、開業11年目、心理臨床に全力を傾けてこられた、臨床現場一筋のプロカウンセラーです。

また最近では、硬派ブログ『心理臨床家の在り方』を開設され、その厳しくも、臨床現場の真実をズバリと書かれた内容で、多くのカウンセラーから反響を呼んでいます。

今回の「ミニ講座」では、心理臨床家の在り方を学ぶミニ講義と、現役心理士に聞くタブーなき質問タイムと題し、実際のカウンセリングに対する疑問について、質疑応答を通して、より深く専門的に心理臨床を学ぶ内容となっています。



****************************************


日時:平成26年7月27日(日) 午前10時15分〜12時15分
   ※10時5分から受付開始  10時15分までには必ず 入場して下さい。
場所:とよた市民活動センター 会議室( 豊田市駅前、松坂屋の9階です)
主催:とよた市民活動団体「竹の子会」
講師:《こころのそうだんしつTRUTH》室長金森真奈美
   ★金森先生のブログ『心理臨床家の在り方』は、こちらからご覧下さい。
定員:20名を予定(若干の変更はございます)
受講料:2,000円


申込みについてのお願い
1.竹の子会の基礎講座、中級講座を両方受けたことがある人
2.カウンセラーの有資格者(認定団体等は問いません)
☆上記のどちらか、または両方に該当する方に限り、申し込みの受け付けをいたします。

さらに申し込みにあたっては、この勉強会が、心理援助者としての学びの場であること、個人的な悩みや、カウンセリングに関係の無い質問はご遠慮頂くこと、を十分ご理解されたうえでお願いします。

申し込み方法

竹の子会のメールアドレスから申し込み下さい
mailto:takenoko@kokorowith.com


@ 件名は「ミニ講座申し込み」として下さい。
A お名前、お電話番号、メールアドレス、ご住所(県名、市町村まで)、性別を必ず記載して下さい。

メールでの申し込みを確認しましたら、出来るだけ早めに返信のメールをいたします。
原則として、先着順に受け付けますので、申し込みは定員になり次第終了いたします。
☆申し込みをされた方には、結果に関わらず必ず返信のメールをいたします。


お願い!

☆参加が確定された方は、当日までに必ず、金森先生の『心理臨床家の在り方』を読んで頂き、ご意見、ご感想、ご質問等を、出来れば書面にて(A4用紙1枚程度)ご用意くださることをお願いいたします。


****************************************


【 今回のミニ講座は、こんな方にオススメです 】
● 一度、金森先生にお会いしてみたかった方。
● 本気でプロのカウンセラーになりたい方。
● 将来、開業カウンセラーを目指している方。
● カウンセリングの現場をより詳しく知りたい方。
『心理臨床家の在り方』を読んで、意見、感想、質問等のある方。
● より専門的な臨床の勉強がしたい方
● カウンセラーとしてのレベルアップを目指す方


当日は、午前の「金森先生のミニ講座」と、午後からの「竹内先生のグループワーク」が続けて開催されます。
ご都合のつく方は、ぜひとも両方の講座を続けて受講されることをお薦めします。

グループワークでは、臨床数1万2千回を超える竹内先生自らがクライエント役となり、カウンセラー役の岡島先生と、超実践的なロールプレイを披露される予定です。

本物の心理臨床家である、竹内成彦先生と、金森真奈美先生を同時に(午前、午後の別ですが)講師にお迎えし、しかも格安で講義をして頂くということは、大変に貴重な機会だと思います。
※今回はいろいろ事情があり、金森先生のご厚意で急遽「ミニ講座」を格安の講師料で開催して頂くことになりました。

この機会に、ぜひとも奮ってお申し込み下さい<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:59 | 愛知 ☁ | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

日本は変わるのか

政府は1日、臨時閣議を開き、集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈変更を決定した。

何とも分かり難い話ですが、簡単に言えば同盟国が他国と戦争を始めた時に、日本も一緒に戦うよ、と言えるように、憲法の解釈を変更することを決めたわけです。
憲法そのものを変えたのではなく、あくまで解釈を変えたというところが大きな問題になっています。
つまりそれほど大きな問題を、解釈の変更で勝手に変えてしまったというわけです。

かつて日本の仮想敵国はソビエト連邦でした。
米ソ冷戦の只中にあって、アメリカと日米安保条約を結んでいる我が国としては当然のことでした。
その後ソ連の崩壊により民主国家となり、冷戦が終わりました。
明確にはしていませんが、冷戦終結後の日本の仮想敵国は、北朝鮮だと思います。

確かに北朝鮮は東アジアの平和を脅かす危険を持っていますが、日本の同盟国であるアメリカにとっては、急激に国力をあげてきた中華人民共和国、つまり中国の脅威をより大きな問題と捉えているのは間違いありません。

国の軍事に関する重大な決定ですが、日本がアメリカの強い影響下にあることを考えると、日本だけの独断で事を進めたとは考え難いです。
中国に対する牽制の意味でも、日本が集団的自衛権の行使を可能にすることが必要だったのでしょう。

戦後の歴史の中で、日本の自衛隊が他国と戦ったことは一度もありません。
自国の防衛以外には絶対にその戦力を行使しない、という姿勢を守り続けていたのです。

今回の閣議決定により、これからの日本はどのように変わってゆくのでしょうか・・・


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:40 | 愛知 ☀ | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする