2014年06月30日

金森真奈美先生の「心理臨床家の在り方」について・其の四 本編

昨夜の記事「金森真奈美先生の「心理臨床家の在り方」について・其の四」の続きです。
取り留めのない、少し長い話になると思いますが、よろしくお付き合い下さい。

金森先生は不定期ではあるものの、かなりの頻度でこのブログを更新されています。
これだけの内容の記事を、しかもきちんとした文章で書かれるのは、かなりの重労働だと思います。
というより、書けといわれて誰もが書ける文章ではありません。

『読解能力』と題した記事の冒頭に「心理士には、高い国語能力・読解能力が必要です。」とありますが、いつも寝ぼけたような文章で、ゆるい記事ばかり書いている私には、非常に耳の痛い言葉です。
クライエントの話を聴きながら、瞬時に理解し判断すると同時に、どう応えるのか、この先どのようにカウンセリングを進めるのかなど、複数の対応が要求されるわけですから、ぼんやりしていては心理士は務まらないのでしょう。
金森先生の文章にも、鋭さ、キレのよさが現れているようです。

『倫理』という記事には、心理士としての金森先生の倫理観が明確に書かれています。
「カウンセリングは「枠」というものがとても重要なものです。」とあり、
さらに「この「枠」を守れないことは、 心理士の身を滅ぼすことにもなっていくのです。」と続きます。

私もこれで失敗したことがあります。
詳しくは書きませんが、素人がカウンセリングまがいのまねごとを、親切心でやることは、本人と相手の双方にとって不幸な結果になることが殆んどです。
カウンセリングマインドを実践するには、あくまで相手に意識させないよう、自身の傾聴の訓練のつもりで行う程度に留めておく方が賢明です。

ところで、金森先生のブログを読んだ方から「厳しい」という声を聞くことがあります。
確かに厳しいかも知れませんし、あやふやな表現をせずきっぱりと断言されることが多いことも、厳しく感じる理由かも知れません。
実際に「心理臨床家の在り方」を読むほどに、いかに自分が甘い考えだったのかに気づかされ、仕事としてプロの心理士になること、しかも開業カウンセラーになることなど、よっぽどの覚悟と信念がなければ辞めておくべきだ。
という結論に到達することは、至極当然の成り行きだと思います。

やはりカウンセラー、心理士という職業は間違いなく特殊です。
特殊な能力が必要ですし、立場としても世間から完全に認められているとは言い難い特殊な職業です。

私はカウンセリングを少しでも多くの人に正しく理解し、認知してもらうために、竹の子会というボランティア団体の活動を続けています。
私自身は産業カウンセラーの有資格者であり、現在も細々と勉強を続けている身ですが、一度も本当の臨床を経験したことはありません。

そんな私が金森先生のブログを読んで思うのは「当たり前すぎるほどまともなことを書いておられる」ということです。
仕事というものは厳しく、甘えが許されないのは当然、という意味では私も全く同感なのです。

私はカウンセラーとしては素人同然ですが、社会人としてはそれなりの経験を積んでいます。
立派な学歴も、人に秀でた能力も特技もありませんでしたから、食うため、自立するために仕事を求め、そのうちに食うことだけが目的では、前向きに仕事に取り組むことは出来ないと知り、サラリーマンという立場で与えられた仕事に自分なりの意味を得るためにどうしたらよいのか、悩み苦しみながら自分と仕事の関係をつくってきました。

かつては気楽な商売といわれたサラリーマンでさえ、過労死、ブラック企業、サービス残業、ストレスによる心の病など、安泰と気楽な職業などとは言えない世の中なのですから、たった一人で独立開業すること、しかもろくに世間に認められていないカウンセラーなどという職業を選択することが、どれほどの困難な道であるかは、竹内成彦先生の「カウンセラーはいばらの道」という言葉に集約されています。

それほど厳しく困難を極める職業であることを、重々理解のうえで「それでも私はカウンセラーになるのだ、私にはこの道しかないのだ」という命がけの覚悟を持って決断してもらいたい。
そして一度その道を進むと決めたなら、もう甘えは許されないのですよ。
そんな金森先生の思いが、厳しい言葉となってあのブログに表現されてるのはないかと感じるのです。
それはおそらく金森先生自身の、仕事というものあるいはプロフェッショナルというものの捉え方に、大きく関わっているのでしょう。

人は皆それぞれの価値観、それぞれの物の見方捉え方を持っています。
人生は修行だ、人生は楽しむものだ、人生は空しいものだ・・・
どれが正解で、どれが不正解だという答えは無いのかも知れません。

「カウンセラーになりたいからなろうとすることの事の何が悪いのか!?」
もちろん何も悪くはありません。
あなたの人生はあなた自身のもの、誰にも束縛されることなく精一杯自分の生き方を貫いて頂きたいです。

私は真摯な気持ちでプロのカウンセラーを目指し、日々の努力と研鑽を怠らない方を心から応援しています。

今回の記事に関して、また金森先生のブログに関してのご意見等があれば、コメントおよび直接メールでお寄せ下さい。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 19:12 | 愛知 ☀ | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金森真奈美先生の「心理臨床家の在り方」について・其の四

東京在住の心理士金森真奈美先生の「心理臨床家の在り方」というブログについての感想を、其の一から其の三まで書きました。

その後も新しくいくつかの記事を更新されていて、私も読ませて頂いた感想などを記事にしたいと思っています。

しかし、今日はもう書けません(-_-)

ですから、この続きは明日必ず書くぞ!
という執筆宣言としてこのブログを書きました。
真面目な記事は頭を使うので、少々気合を入れないと書けないのです(=_=)

明日(もう今日になりましたが)、もしくは明後日には、頑張って書こうと思います。

なぜこんな言い訳がましいことを書いているのでしょうか・・・?
私にもよく分かりません。

では・・・夜眠い(睡眠)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:28 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六月の李(すもも)

今週末は久しぶりにのんびり過ごせた休日でした。
昨日はバイクツーリングを兼ね、日東醸造さんのイベントに出かけて帰宅すると、何だか疲れてしまい早々に床につきました。

今朝も昼近くまでぼんやりしていたのですが、気力を振り絞って自室の掃除を始めました。
狭い自室は書斎兼パソコン部屋としていたのですが、パソコンはリビングに持ち出してしまい、普段は使わない部屋なので、書類や本が山積みなってしまい、かなりヤバい状態なのです(=_=)

次々とゴミ袋に書類を突っ込んで、適当に本棚に本を並べ、残った書類をファイルに綴じて終了です。
基本的にモノを捨てることにあまり抵抗がないので、片づけを始めてしまえば1時間もかからずにすんなりと終わりました。

午後からは、本当に久しぶりに自転車を引っ張り出して、軽くポタリングに出かけました。

2014_0629_131718-P1010114.JPG

梅雨とは思えない初夏の景色は、本当にが豊かです。

自然の中を自転車で走るのは、とても気持ちがよかったのですが、悲しいほど体力が落ちていて、20kmもいかないうちにへとへとになってしまいました。
今年の夏には去年のリベンジで海まで行きたいと思っていますが、自転車通勤を再開して少しづつでも鍛えないと無理ですね(=_=)

夕方には自宅で父の法要がありました。
来週の日曜に忌明け法要と納骨があり、それで一つの節目となります。
今月の4日に父が亡くなったのですが、ずいぶんと時が経ったように感じる今日この頃です。

2014_0626_224637-P1010101.JPG

今年も嫁が実家で採れた李(すもも)をもらってきました。
甘酸っぱい李は、嫁にとっては子供の頃から馴染んだ実家の味であり、私には夏を迎える季節の味です。

平穏な日々に感謝する、おやじカウンセラーでした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:35 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする