2014年05月28日

精神分析を学ぶ

竹内成彦先生が主催する「グループカウンセリング」を受講してきました。
ここ数年はほぼ毎年2回づつ参加していますが、今回のテーマは「精神分析」。

意識と無意識とは。
自我と超自我、そしてイド(原我・本能)。
抑圧、逃避、退行などの自我防衛機制について。

これらは精神分析の基本なので、私も何冊かの本を読んで一通りは知っています。
しかし、知っているのと理解している事は違います。
正しく理解し、尚且つカウンセリングに生かすためには、本を数冊読んだ程度では全く役に立ちません。

竹内先生の講義があまりに解りやすく、具体的なので、すっかり理解できたような気になってしまいましたが、本当に理解するためには復習しなければいけません。

精神分析が面白いほどわかる本―人間のアブナイ本能が見えてくる絵解き入門書 -
精神分析が面白いほどわかる本―人間のアブナイ本能が見えてくる絵解き入門書 -

この本は一般向けに書かれたムック本ですが、精神分析の入門書としては悪くないと思います。
とにかく精神分析について書かれた本は山ほどありますので、いろいろ読んでみてください。

午後からは各自が持ち寄ったテーマを全員でシェアするグループカウンセリングを行いました。
毎回参加するたびに思うことですが、こうしたフリーな、ルールや縛りの少ない勉強会は、ある意味で諸刃の剣です。
どれだけ深い学びが得られるか、また場の安全が保たれるかは、参加者とファシリテーターにかかっています。

気心が知れた馴染みのメンバーであれば、比較的安全は守られますが、あまりに予定調和になってしまうと新鮮さと面白みに欠けてしまいます。
今回は参加にあたり、日程の選択を竹内先生に一任しました。
結果的に、初の平日講座となりましたが、いつもとはずいぶん顔ぶれが違う参加者も多く、私自身は良かったと思っています。

終了後の懇親会は、個人的な事情で参加しませんでしたが、時間があればもっとお話をしたい方がたくさんいたので、本当に残念な気持ちで会場を後にしました。

今回の勉強会では、竹の子会の学習会についての有益なアドバイスもたくさん頂き、ぜひ今後に生かしていきたいと思います。

竹内先生と参加メンバーの皆さんにはこの場を借りてお礼を申し上げます。
有難うございました、そしてお疲れさまでした<(_ _)>


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:51 | 愛知 ☀ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

シャブ&飛鳥

今回の記事はあんまり真面目に書いていないので、あえてカテゴリを「ど〜でもいいお話」としました。

今話題のASKAの覚醒剤の事件です。
ところで、いつ飛鳥からASKAになったの?

昨年の週刊文春の見出しに「シャブ&飛鳥の衝撃」とあって、すぐにコンビニで立ち読みをした。
内容もなかなか衝撃的だったが「シャブ&飛鳥」という見出しは、単純だがけっこう笑えるなぁ・・・などと、変なところに感心した覚えがある。

それから数カ月、世間も忘れかけていたころに今回の逮捕劇。
警察もちゃんと捜査を続けていたわけだね、立派立派(^。^)y-.。o○

まあ、マスコミもあんまり信頼できないけど、今回の件に関してはやはり事実だったというわけなんでしょうね。
だいたい全くの事実無根ならば、とっくに文芸春秋なりを名誉棄損で訴えておかしくなかったわけで「あれは実はアンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)で、合法薬物を暴力団からもらっていたんです」などとむちゃくちゃな告白をした段階で、限りなくクロに近い灰色って印象なのは、みんな感じていたんじゃないですか。
そのあたりはちょっと前に騒がれた、元プロ野球選手のも同じ流れだけれどね。

それにしても覚せい剤の中毒性って怖いね〜。
これまで築き上げてきたものが、全部パ〜になるってわかっててもやめられないんだから。

私自身ニコチン依存症でタバコがやめられないので、なんとなくわかる気もするけど、やっぱり違法薬物に手を出しちゃあいかんでしょ。

今回の事件はチャゲアスのファンからすれば、本当に残念でやりきれない気持ちでしょうね。

音楽にあまり興味がない私でも、知ってる大ヒット曲がいくつもあるスター歌手だから、しばらくはこのニュースで大騒ぎなんでしょう。
でもこんな時に、大事な法案なんかがこっそり可決されたりすることがあるので、国民の皆さんは注意しましょうね。

飛鳥本人については、法律できちんと罰せられるだろうし、今回の事件が本人に与えるダメージは相当なものだと思うので、あんまり言いたくはないけど、往生際だけは見苦しくしないで欲しいよね。

それにしても人間なんて、本当に弱いもんだねぇ・・・(=_=)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:48 | 愛知 | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢をみる

最近よく夢をみます。
しかもちょっとうつらうつらしている間に。

少し前にみた夢は、昔の知人、友人がたくさん出てきて、みんなでバーベキューをしている夢でした。
特に何か意味があるわけでもなさそうですが、もしかしたらあるかもしれません。

以前「プロカウンセラーの夢分析」という本を買って読んでみましたが、なかなか夢の分析は難しいということだけは理解できました。

プロカウンセラーの夢分析―心の声を聞く技術 [単行本] / 東山 紘久 (著); 創元社 (刊)

本当は何度も読み返して、実際にみた夢を自分なりに分析して、少しづつ理解が深まってゆくのだろうけれど、面倒なのでなかなか上手くいきませんでした。
だいたい夢をみた直後は詳細まで覚えていても、再び眠りに入ってしまうと殆んど忘れてしまうので、分析のしようがない、ということもあるのだ。

この前のバーベキューの夢も、登場人物から会話の内容まで、けっこう細かく覚えていて後から分析してみようと思っていたのに、次に目が覚めると肝心なことは全く思い出せない。
だから、今度から枕もとにノートを置いておこうと思っている。

つげ義春氏の「つげ義春と僕」という随筆集に、彼の夢日記が書かれていて、かなり摩訶不思議な普通じゃないような夢ばかり見ているのに感動したことがあるが、もう一度読もうと本棚を探したが見つからなかった。

新版 つげ義春とぼく (新潮文庫) [文庫] / つげ 義春 (著); 新潮社 (刊)

数年前にたくさんの本を処分した時に売ってしまったのだろうが、残念なことをしたと少し後悔している。
今の我が家の本棚が漫画ばかりになっているのは、私の脳みその劣化を表しているような気がして悲しかった。

やっぱり、もっとちゃんとした本を読まないといけないなぁ・・・(-_-)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:09 | 愛知 ☀ | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

仕事日和

今日はとてもいい天気晴れ
近くの小学校でも運動会が行われていたようですが、五月晴れの青空の下で子供たちが元気に走ったり踊ったり、家族でお弁当お食べたりしたのでしょうね。

こんな天気の日には、私も自転車でも乗りに出かけて汗を流したいところですが・・・
今日は仕事でした(=_=)

まあ、仕事をしていた方が気分が楽な時もありますし、今週は膝の怪我で休みを取ったので文句は言えません。
その膝の調子ですが、痛みはずいぶん治まってきたようです。
まだ曲げ伸ばしの際に少し辛いですが、普通に歩く分にはあまり気にならなくなってきました。
竹の子会のまゆこさんにも言われましたが、膝の負担を減らすにはダイエットしかないですね(^_^;)

仕事日和の五月晴れの土曜日でした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:09 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

平成26年5月15日「無題」

今年に入って2度目の入院をしていた父親が、今週の初めに退院して自宅に戻っています。
昨夜は風呂に入れてやりましたが、慣れないこともあってなかなか苦労しました。
やはり自宅での介護は大変ですが、出来るうちにやれるだけのことはするつもりです。

昨日は自分の古傷である、右ひざを痛めてしまいました。
最近ちょっと違和感を感じていたのですが、階段を下りている時にいきなり痛みが出て一晩様子を見たのですが、このままでは歩くのにも支障があるので、しかたなく今日は仕事を休んで病院に行きました。

以前に痛めたときにもお世話になった整形外科の専門病院ですが、早い時間に行ったのにもかかわらず既に待合室は多くの患者さんたちが診察待ちをしていました。

2014_0515_094505-P1010047.JPG  2014_0508_180201-P1010042.JPG

待ち時間が長かったので、中庭の喫煙所でコーヒーを飲みながらを読んでいました。

最初の問診の後、レントゲンを撮ってもらい、改めて診察を受けた結果は、やはり膝の半月板が悪いようです。
詳しいことは、再来週にMRIの検査をしてからということですが、医師の話からは手術はしなくても良さそうな感じでした。
以前に痛めた際は別の病院で診察を受けたところ、すぐにでも手術が必要だと言われ、戸惑ったことがありますが、このあたりは病院によってずいぶん治療の方針に違いがあるようですね。

とらえずしばらく安静にしていれば、痛みは徐々に治まるとのことなのでひと安心しましたが、のんびり療養しているわけにもいかないので、痛み止めを処方してもらい、帰りに保護用の膝サポーターを購入しました。

2014_0515_184539-P1010048.JPG  2010_0307_220544-SANY0002.JPG

左の写真が買ったばかりのサポーターです。
生地がメッシュになっていて蒸れにくく、それほど強力ではありませんが装着しているとずいぶん違います。
右のやつはサポーターというより、スポーツ用のニーブレスというタイプで、装着時のガッチリ感は半端なく、前回の膝を痛めた際に柔道をするため購入したものです。
ただ、圧迫感があり過ぎて長時間の着用は無理なので、今回は普段用にサポーターを購入したというわけです。

病院で痛み止めの飲み薬と胃腸薬、湿布薬を処方されたので、サポーターと合わせてこのまま良くなるといいのですが・・・。

今年になってからは父親の病気や介護、また今回は自分のことで病院に行くことになり、そのために何度か仕事を休んでしまって、少し心苦しい思いをしています。
ただそれでも家族と自分の健康は何よりも大切なのだと、最近の私はつくづくそう感じています。

年老いた父親も、いつまで自宅で過ごすことが出来るのかわかりません。
担当の医師には「おそらく今回が最後の帰宅になると思います」と言われています。
年齢と病気のこともあり覚悟は出来ていますが、少しでも長く我が家で落ち着いた生活をさせてやりたいと、そう思っています。

今週末の18日(日曜日)は「岡島さん主催の講座」に参加します。
それまでに普通に歩けるようになっているといいのですが・・・。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:30 | 愛知 ☀ | Comment(3) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

おやじの社会見学ツーリング・後編

おやじの社会見学ツーリング・前篇」の続きです。

先の連休中に、いつものメンバー(おやじ、コンちゃん、ケンちゃん、バラちゃん)で、岐阜県恵那方面にツーリングに出かけ、「道の駅・山岡おばちゃん市」で久しぶりの行楽を楽しんだ我々は、すぐ近くの「小里川ダム(おりがわダム)」に移動しました。

2014_0504_112541-P1010026.JPG  2014_0504_112552-P1010027.JPG 

このダムはエレベーターで地下4階まで降りられ、ダム堤体内部を見学することが出来ます。

2014_0504_112825-P1010029.JPG  2014_0504_114131-P1010036.JPG

下から見上げるダムの風景もなかなか壮大なものでした。

2014_0504_114302-P1010037.JPG  2014_0504_113200-P1010032.JPG 

ダム見学の後は、帰り道に「日本大正村」に立ち寄りましたが、GWということで催し物もありけっこうな人出で賑わっていました。
ただ正直言ってあまり見るべきものはありませんでした。

2014_0504_125738-P1010038.JPG  2014_0504_130458-P1010039.JPG

帰路はのんびりと休憩を取りながら、安全運転で無事に出発地に到着しました。
この日の走行距離は約150kmでした。

去年から今回のメンバーで、何度か原付ツーリングに出かけていますが、小さなバイクでトコトコと走るのは、私の趣味に合っています。
最近は自動車教習所で大型バイクの運転免許が取れることもあって、排気量が1000ccを超えるようなバイクを見かけることが多くなりましたが、50ccや125ccといった小排気量のバイクでも、走る楽しみは十分に味わえるような気がします。

ただここ最近はもう一つの趣味である「自転車」に乗る機会がめっきり少なくなってきたので、これから夏に向けては、そちらの方も頑張ろうと思います。

忙しい仕事の疲れや、家庭生活の慌ただしさから、ついついストレスを溜め込んでしまいがちですが、仲間とあるいは独りで遊ぶことが、自分にとっての良い気分転換になっているようですね。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:43 | 愛知 | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の「生まれつき性格」を大切にする子育て

昨秋に出版された、「すっごく心細いがピタリとやむ!」に続いて、今月初めにすばる舎から、竹内成彦先生の新刊が出版されました。

子どもの「生まれつき性格」を大切にする子育て [単行本] / 竹内 成彦 (著); すばる舎 (刊)

子育てに関する書籍は、作者自身の経験で書かれたもの、発達心理学などを基盤にしたものなど、それこそ数多にありますが、読んだ時は納得できても、いざ実践となるとなかなか上手くいかないことが多いです。

親も子もそれぞれ生まれついての独自の性格があり、それに合った育て方、育てられ方が大切だということを、本書ではわかりやすく具体的に説いています。

親が子にしっかりと愛情を注ぐことが、子育ての基本であることは言うまでもありませんが、親の性格、子の性格によって、愛情の注ぎ方も受け取り方も様々です。
それを一般論でひとくくりにしてしまうと、親にとって子育てが大きな負担になったり、子供に上手く愛情が伝わらなかったりするわけです。

この本では、まず親自身と子供の生まれつき性格を知るためのテストが出来るようになっています。
親と子のそれぞれのタイプを知ることで、多くの親が抱えている子育ての疑問が解け、これからの子育てについての答えがわかるようになっています。

また、自分は子育てとは関係がないという人も、自身の幼少期の親子関係についての疑問や、問題の答えが得られるのではないでしょうか。

活字離れが進んでいると言われる昨今ですが、この「子供の「生まれつき性格」を大切にする子育て」は、ぜひとも書店やアマゾンで実際に手に入れて読んで頂きたい、おやじカウンセラーおススメの良書です。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:33 | 愛知 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

おやじの整理整頓

仕事でよく使われる言葉に「5S」というのがあります。

整理、整頓、清潔、清掃、しつけ、のそれぞれの頭文字から5Sというわけです。
仕事においては5Sを指導する立場でもあるので、それなりに心がけて実行していますが、私生活ではなかなか難しいものです。

趣味のバイクや自転車の用品、部品、工具などは、けっこうこまめに片づけたり整理していますが、自宅2階の自分の部屋はひどい状態になっています。

狭いながらも一応、書斎を兼ねたパソコン部屋にしているのですが、最近は1階のリビングにパソコンを持ち込んでいるので(無線ランなので)、自室はほとんど物置になってしまいました。
読んだ本と読んでない本が本棚からはみ出し、要るのか要らないのか判断できない(してない)書類が山ほど散らばり、床には趣味のキャンプ道具が転がっているというありさま(-_-)

この前の連休中に片づける予定だったのですが、グダグダ過ごしているうちに休みは終わってしまいました。
今月中には何とかしなければ・・・とは思っています。

ところで部屋の片づけ以上に面倒なのが、自分のパソコン。
ほっておくとどんどんメールが溜まるので、毎日こまめに片づけています。
竹の子会関連の書類も、それなりに整理しておかないと、後々困ることになるのが目に見えているので、何とか頑張って整理するようにしています。

モノがなければ、こんなに苦労することもないのでしょうが、生活しているとどうしても荷物が増えてしまうのです。
心も身体も生活スタイルも、身軽が一番なのでしょうが、なかなかそういうわけにもいかないものですね。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:52 | 愛知 ☔ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

金森真奈美先生の「心理臨床家の在り方」について・其の三

少し前のブログで、カウンセラー金森真奈美先生のブログ「心理臨床家の在り方」について、其の一其の二と二つの記事を書きました。

今回、新しい記事をアップされたので勝手にご紹介いたします。
最新記事のタイトルは「覚悟と信念」です。

まあ、おやじの場合、タイトル見ただけでビビりました(+_+)
しかも冒頭からいきなり「心理士なぞという仕事には、就かない方がよろしいです」と書かれては、素直に「はい、私もそう思います」と頷くしかありません。

今の世の中には、カウンセリングスクールといわれるものが乱立しています。
内容についてはそれこそピンからキリまであるのでしょうが、とにかくカウンセリングを学ぶ場所には事欠かない状態です。
それだけ「カウンセラーになりたい、学びたい」という需要が多いということなのでしょうが、そうして量産される「カウンセラー」に対して、実際にお金を払ってカウンセリングを受ける「クライエント様」はどれほどいらっしゃるのでしょうか?

もちろんカウンセリングは必要なものだと思いますし、もっともっと世の中に広く認知されるべきだと考えています。
そのためには多くの人が正しくカウンセリングを理解し、学ぶことはとても大切なことですが、だからと言って皆がカウンセラーになる必要もありません。

人の心(精神)に関わるカウンセラーという職業は、やはり特殊な仕事です。
本来はいろんな意味で、普通の人がなろうと思って簡単になれる職業ではないと思います。
ところが、あたかも「誰もがプロのカウンセラーになれる」と勘違いをさせて受講生を募るようなスクールが少なくないように感じます。

私は多くの人にカウンセリングを学んでもらいたいという気持ちで、竹の子会の活動をしていますが、カウンセリングを学ぶこととプロのカウンセラーになることは、また別の次元の話です。

高いレベルの学びを得られる学校やスクールはあっても、本当にプロのカウンセラーを養成するスクールは、今の日本には存在していないのではないでしょうか・・・。

「覚悟と信念」を読まれた方は、今後どのようにカウンセリングと関わってゆくのかを、今一度ご自身に問いかけてみて頂きたいと思います。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:31 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

おやじの社会見学ツーリング・前篇

前回のブログに続いて、連休中の2度目のツーリングの話題です。

朝8時にいつものメンバー(おやじ、コンちゃん、ケンちゃん、バラちゃん)が集まりました。
今回は岐阜県恵那方面におやじの社会見学ツーリングというわけです。

日頃の行いが良いおかげか、素晴らしい晴天の下、いつものように安全運転で出発しました。

2014_0504_093111-P1010015.JPG  2014_0504_093104-P1010014.JPG

2014_0504_093057-P1010013.JPG  2014_0504_093117-P1010016.JPG  

豊田市から国道11号をひたすら恵那方面に走るのですが、どこまで行っても豊田市のままです。
あらためて豊田市の広さを実感しながら、緑に囲まれ車の少ない県道を気持ちよく走り続けます。

2014_0504_091150-P1010011.JPG  2014_0504_090558-P1010009.JPG

しばらくすると、本日の最初の目的地である「道の駅・山岡のおばちゃん市」に到着しました。

2014_0504_104402-P1010019.JPG  2014_0504_104904-P1010025.JPG

ここに来るのは初めてですが、遠くから見た時「観覧車だ・・・」と思ったのは勘違いで、巨大な水車がゆっくり回っていました。
標高400mの高台にある道の駅は、GWということもあって家族連れやバイク、自転車のグループなどけっこうな人出で賑わっていました。

普段はあまり観光地へのツーリングに行くことはないのですが、たまには行楽地もいいものですねるんるん

ひとしきり景色を眺めたり、あたりを探索したり、名物の五平餅を食べたりしながらくつろいだ後、次の目的地である「小里川ダム(おりがわダム)」に向かいました。
といっても、バイクで1分ほどの距離なのですぐに到着。

2014_0504_112541-P1010026.JPG  2014_0504_112552-P1010027.JPG

おやじの社会見学ツーリングは後編へと続きます。
ではまた明日<(_ _)>

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:30 | 愛知 ☁ | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマハパッソルとホンダジュリオ

4連休の間に、2度のバイクツーリングに行きました。
1度目は長男と二人で作手方面に100kmほどのショートツーリングでした。

2014_0503_101809-P1010007.JPG  2014_0503_101825-P1010008.JPG

ヤマハのパッソルは1978年式の旧車ですが、今年の3月にいつもお世話になっているバイク屋さんでキャブレター、ブレーキの修理をしてもらったので絶好調でするんるん

ホンダジュリオも1998年式となかなかの年代物ですが、購入時に一通りの部品はきっちり交換してあるので、走りに関しては全く問題ありません。
普段は嫁の通勤バイクとして活躍していますが、排気ガス規制の関係で今では造られなくなった2ストロークエンジンのバイクなので、走りもなかなかのものです。

2台とも50tの原付バイクなのですが、田舎道を景色を見ながらのんびり走るにはちょうどいいのです。
100kmほどの距離でも十分にツーリング気分が味わえました。

ヤマハのパッソルは長男と二人でレストアしたバイクなので、維持できる限りは手元に置いておこうと思っています。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:17 | 愛知 ☁ | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

ブログの更新

4連休のGWが終わり、今日から仕事が始まりました。

連休中はなぜだかブログを書く気分になれず、久しぶりの更新です。
バイクツーリングのことなどを書こうと思ったのですが、あまり気分が乗りません。

仕事が忙しく帰宅も遅くなっていた時は、気分を切り替えるためか深夜になっても頑張ってブログの更新を頑張っていたのですが、休みが続くと気が抜けてしまったようです。

ランキングの順位も4位から13位に下がってしまいましたが、あまり上位だと何かに追われるようで落ち着かなかったので、正直少しホッとしています。

またぼちぼち更新したいと思っているので、どうかよろしくお願いいたします。

う〜ん・・・なんだか気分が乗りません。
書いているうちに調子が出てくるのかなぁ・・・(-_-)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:39 | 愛知 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

家族の健康

同居の父親はかなりの高齢でいくつかの病気を抱え、要介護3の認定を受けています。

辛うじて自宅での生活を続けていますが、母親の負担や本人の病気のことを考えると、いつまでこの生活を続けていけるのかわかりません。

病院での入院生活のことを考えると、一日でも長く自宅で暮らしていたい気持ちはよくわかりますし、家族もそう願っています。

家族のだれもが健康で、ずっと普通の暮らしが出来ればそんなに有り難いことはないのですが、予期せぬ病気や加齢による衰えは逃れられないことでもあります。

家族が元気でいるときには気にもとめない普通の暮らしが、つかの間の穏やかな幸せなのだと思います。

少し前に嫁が消化器系の内視鏡検査を受けました。
ずっと喉のつかえが気になっていて、思い切って診てもらったのですが、幸い異常はないと診断されました。
それ以降は徐々に喉のつかえも気にならなくなってきたようです。

嫁は6年ほど前に、とあるきっかけでパニック障害を発症し、様々な症状に苦しんだ時期がありました。
今では寛解していますが、それでも時々は軽い症状が出ることがあるようです。
当時のことはまた機会があれば、ブログに書きたいと思います。

あと2日仕事をすれば、とりあえず4連休に入ります。
我が家の家族、6人と1匹が平和に暮らしていられる事に感謝して、ゆっくり休みたいと思う、連休前の私です。

ただいま心理カウンセリング部門782サイト中で第4位となっております。
知り合いのブログがたくさん上位に入っているので、負けずに頑張ろうという気になります。
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:54 | 愛知 ☁ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする