2014年04月09日

トラブル

人生の半分はトラブルで、あとの半分はそれを乗り越えるためにある。

誰の言葉か知りませんが、まさに言い得て妙とはこのことだと、日々実感しています。

出来るだけトラブルを無くす(減らす)努力をすることが大切なのは間違いありませんが、それでトラブルがゼロになることは、残念ながら絶対にありません。

行動すれはするほど、責任が重くなればなるほど、頑張れば頑張るほど、トラブルが発生する可能性も大きくなります。
大切なのはトラブルが起きたときに、それとどう向き合うかということです。
人はそのために経験を積み、勉強をしているといっても過言ではありません。

最近は趣味のバイクや自転車のことばかり、ブログに書いています。
しかもどういうわけか、そうした記事の方がブログ村のランキングが上がる傾向があるようです。

私は仕事やカウンセリングの勉強と同様に、遊びも真面目に一生懸命取り組んでいます。
しかし世の中には仕事では頑張っても、上手く遊べない人が少なくありません。
遊びを楽しむには、感受性と創意工夫の精神が必要不可欠です。
受け身ではなく、自ら遊びを生み出す積極性が大切なのです。

仕事も家庭も遊びも、同じように大事にしているおやじカウンセラーでした。

久しぶりにランキングアップのクリックをお願いいたします。バッド(下向き矢印)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:53 | 愛知 | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする