2013年11月05日

心配するのは誰のため


世の中には自分のことだけではなく、人のことをいろいろ心配してくれる人がいます。
きっとそういう人は心優しく面倒見が良い人なのだと思います。
困っている人や悩んでいる人をみると、気になってほっておけないのでしょうね。

ただ、私がちょっと困るなぁ・・・と思うのが、自分が誰かのことを心配しているということを、当人や第三者に伝えずにはいられない人。

「私はあなたのことが心配なの・・・」と言われて、有り難いとか嬉しいとか感じる人もいるのでしょうが、私はそうではないのです。

私は人に心配されると「心配させて申し訳ない、心配させないようにしなくちゃ」と思って、重荷に感じてしまうのです。
さらに言えば、心配するだけで何もしてくれないなら、時には迷惑とさえ感じることもあるのです。

人のことはほっといて欲しい」と思う私は、人の親切がわからない冷たい人間かもしれません。

もちろん、人のことを心配するのは悪いことではありません。
私も家族や友人や仲間や、ときには赤の他人のことを心配することもあります。
人並みに、あるいはそれ以上に心配性な私なので、人のこともいろいろ心配してしまいます。

でも、それを相手に伝えたり、他の誰かに「あの人が心配だけどあなたはどう思う」などと声に出して言うことには、とてもとても慎重になります。

なぜなら、心配することはあくまで自分の勝手な感情なので、それがそのまま相手の援助に繋がるとは思えないから。

家族の場合は、事と次第によってはとことん面倒をみる覚悟があるので、自分の心配な気持ちを伝えることも少なくありませんが、相手が他人の場合は自分の感情を心にしまっておく、ということも大切だと考えています。

「あなたが心配でしょうがないの」とわざわざに言葉に出さずとも、その気持ちを心に抱いて、優しく温かい心で見守っていれば、自然に相手に伝わるような気がします。

当然「自分はそんなふうには思えない」という人もたくさんいるでしょう。
その人たちに私の考えを押し付けようなどとは、夢にも考えてはおりません。

ただそれでも私は、あえて心配な気持ちを口には出さずとも、誰かが本当に辛い気持ちにある時に、私の顔が思い浮かぶような、そんな人になりたいものだなぁ・・・といつも思っています。



おやじカウンセラーの推薦図書

二十四の瞳 (角川文庫) [文庫] / 壺井 栄 (著); 角川書店 (刊)

今さら「二十四の瞳」なんて、と思うなかれ。
暗い時代に翻弄される大石先生と十二名の教え子たち。
いつもそばにいて手を差し伸べることは出来ずとも
人が人を思う気持ちがあれば絆は切れないのですね。
初冬の夜長に一人涙を流すのもいいものですよ。



長々とお付き合い頂きありがとうございます<(_ _)>
ついでにクリックして頂けるとさらに有り難いです。



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:16 | 愛知 ☀ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする