2013年10月26日

週末の夜更けに

何かとだらしない息子に腹を立て、意味もなく早くから布団に入ったら、夜更けに目が覚めました。

外は台風の影響でしとしとと雨が降り続いていますが、風はそれほどでもありません。
前回の台風では伊豆大島などで大きな被害が出ているので、何とか無事に過ぎることを祈っています。

このところ立て続けに二人の友人から、愛する家族を亡くしたと聞き、その悲しみを思うと心が痛みます。
すべからく命ある者には必ず死が訪れるものですが、そのことがわかっていても悲しみが小さくなるものではありません。

こんな雨の夜にはいろいろなことを考えてしまいます。

子供の頃から今までに出会ったたくさんの人たちは、今どうしているのでしょうか。

時には家族以上に密接に生活をともにした仲間も大勢いました。
好きで好きでたまらなかった初恋の女の子。
何年も仕事も遊びもともに一緒だった友人たち。

皆それぞれどこかの空で、自分の人生を生きているのでしょうね。

もう一度会いたいなあ・・・
会って「お互い歳をとったね」と笑顔で話がしたい。

ふとこんなことを考えてしまうのも、暗い夜中に独りで雨音を聞いているせいなのかも知れません

今月は母の命日でした。
母が亡くなって40年近い歳月が経とうとしています。


「お母さん、久しぶりですね」

「僕は来年54歳になりますが、とりあえず元気に暮らしていますよ」

「二人の息子も何とか無事に社会人になりました」

「もうしばらく頑張って生きていたいと思うので、よろしく見守って下さいね」



久しぶりに思い出した母の顔は、子供の頃に見ていた笑顔のままでした・・・


いつもいつもブログを読んで頂き、ありがとうございます<(_ _)>
おやじカウンセラーは、いつも皆さまが笑顔で暮らしていけることを祈っています。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 03:15 | 愛知 ☔ | Comment(4) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする