2013年07月31日

ブログの恥は書き捨て

特に必要も無いのにブログを書き続けるのはなかなか難しいものです。何か伝えたいメッセージがあるとか、強い思い込みがないと、そのうち面倒になって書くことを辞めてしまう人も多いと思います。
私自身もブログの更新にものすごく波がありますがその理由というのも、取り立てて書かなければならない事情がないので気が向かなくなると更新しないということだけなのです。
そもそも私のブログなんて一方的に発信しているだけで、ただ書き捨てているようなものです。基本的に書いた事に責任の取りようもないので、あまりメッセージ色が強い内容や批判や独断に繋がることは出来るだけ書かないようにしています。
それでもたまについつい勢いに任せてそうした記事を書いてしまうことがありますが、本当は毒にも薬にもならないようなくだらない話のほうが楽しく書けるし、読み手側にもいいんじゃないかと思っています。
ちょっと覗いてみたらバカなこと書いてるなぁ〜」と思われるくらいが丁度いいのかもしれません。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 17:49 | 愛知 ☁ | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする