2012年10月28日

おやじが小学生を叱りました<`ヘ´>


こんばんは<(_ _)>おやじカンセラーです。


さて、皆さん・・・

怒ると叱るの違い、わかります??


おやじは知っています。

なぜならさっき調べたから。


先週の木曜日に小学生を叱りました(-_-;)


おやじの勤め先には、毎年たくさんの小学生が校外学習に訪れます。

年間に数十回はある校外学習を、社長と私が交代で(7:3位の割合です)対応しているのです。

今月は既に4回の校外学習を担当したのですが、先週の見学の際に叱ってしまいました。


見学の始めには、必ず子供たちにルールを守ってもらうことを約束させます。

それは子供たちが安全に見学してもらため、そして現場の品質管理のためです。


これまでも、見学の途中で注意することはたまにありましたが、大きな声で子供たちを叱ったのは今回が初めてでした。

叱った理由は、絶対に守らなければいけないルールを破った子供がいたからです。

ちなみに引率の先生(40人弱の生徒を一人の先生が引率していました)が、急な事情で場を離れていた時のこと
でした。


私はまずルールを破った子を厳しく叱った後、なぜ守らなければいけないかを改めて全員に説明しました。

最後までルールを守ることを、もう一度子供たちに約束させてから見学を再開しました。


そうして無事に見学を終えた子供たちは、最後には元気よく挨拶をして、手を振りながら帰って行きました。


そのあと私は、叱ったことが気になって仕方ありませんでした。


間違ったことはしていないと自分では思っています。


ただ、あんなに厳しく言わなくてもよかったのではないか・・・

もっと違う叱り方があったのではないか・・・

子供たちは怖がって嫌な思いをして帰ったのではないか・・・


実はその後、小学校の校長先生から会社に電話があり、私の心配は杞憂だったとわかったのですが、それでも今も気になっています。

※校長先生からは叱ったことを感謝されたそうです。




怒るのは自分のため、叱るのは相手のため




私が叱っていた時、子供たちは直立不動で私の顔を見ていました。



子供の頃の通知表にはいつも「温厚である」と書かれていた私ですが

怒った顔は相当怖い、おやじカウンセラーでした(-_-;)



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:19 | 愛知 ☔ | Comment(8) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする