2012年08月04日

ニッポンの柔道はどこへゆく

オリンピックにはそれほど興味はありませんが、柔道だけは熱心に応援していました。


が、しかし


結果は女子が金メダル1個


男子にいたっては、一つも金メダルを取ることが出来ませんでした。


本当に残念です。


残念ですが、しかたがないという思いもあります。


なにしろ、フランスなどの競技人口は日本よりずっと多いようですし


柔道を統括する国際柔道連盟には、日本人の理事は一人もいないのです。


柔道が日本のお家芸と言われた時代は終わりました。


明治初期に嘉納治五郎が、たった12畳の道場で興した柔道は


年月を経て世界に広まり、柔道からJUDOになったのです。


武道としての柔道が、競技スポーツのJUDOに変質したと嘆く声もありますが


もともと柔道自体が、武術であった柔術を変質させることで、生き残ってきたわけですから


さらに国際的なスポーツとして発展する中で、変わってゆくのは仕方のないことですね。


今後は、外国人指導者やコーチの招聘も考える必要がある、という意見も出ています。


日本の柔道連盟もずいぶんややこしい組織のようなので、簡単にはいかないと思いますが


世界のJUDOで勝ち残ってゆくためには、従来の枠にとらわれないことも必要かもしれませんね。


これからの日本柔道に期待します。




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:04 | 愛知 ☀ | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする