2011年10月23日

あの日にかえりたい?

昨日と今日、プールで泳ぎました。

いつも行くプールは、10月から平日の営業が休みになってしまったので、

週末には何とか暇を見つけて、頑張って泳ぐようにしています。

2011_1023_160531-P1000054.JPG

相変わらず下手くそな平泳ぎですが、いろいろ工夫しながら泳いでいます。

日曜の夕方は思ったより空いていて、気持ち良く泳ぐことができました。


プールからあがると、すでに日が暮れており、敷地内のグラウンドで、草野球の練習をしていました。

2011_1023_172402-P1000056.JPG

なんだか懐かしい風景です。


20代の頃、職場の仲間と草野球のチームをつくって、週末には早朝練習や練習試合をしていたものです。

中学校のグラウンドを借りて、ナイターの試合もよくやりました。

私はあまり野球が得意なほうではなかったのですが、キャッチャーで3番を打っていました。

いつも三振ばかりしていましたが、市民リーグの試合で一度だけホームランを打ったことがあります。

ホームランは後にも先にもその一度だけでした。

2011_1023_172500-P1000057.JPG


どうしても仕事と会社の雰囲気が好きになれず、8年間勤めて30歳の時にやめてしまった職場ですが、

いま振り返ってみれば、友人や仲間たちに恵まれて、楽しい思い出ばかりの幸せな青春時代だったと思います。

あの頃は、今の半分ぐらいの歳だったのかと思うと、不思議な気がします。


もっとあれもやっておけばよかった、あの時こうすればよかった・・・

後悔はありませんが、今の自分ならあの頃の私にいろんなアドバイスが出来ただろうなぁ・・・。

そうすればあの時きっと・・・ハートたち(複数ハート)


う〜ん、これ以上は書かずに思い出として胸にしまっておきます(^.^)


な〜んてね(^。^)y-.。o○





にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:45 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

小学校の先生

今週も私の勤め先には、いくつかのグループが見学に訪れました。

子供たちから、豊田市のエラい方々までいろいろです。

その中で私は、小学生の見学案内を3つ受け持ちました。

豊田市の小学5年生が2グループと、岐阜県恵那市の小学生です。


子供たちは素直で元気がいいのですが、その分遠慮もないので、仲良くなると引っ付いてきたり、

やたらと質問してきたり、なかなか大変です(^_^;)

それにしても、引率の担任の先生が全て女性だったのには、少々驚きました。

小学校の先生は女性が多いとは聞いていたのですが、どうやら本当のようですね。


これが、中学、高校となるに従って男性の割合が増えてくるようです。

小学校の先生は、教員試験も採用試験も先生の中ではかなり難しく、

大学時代に、真面目にこつこつ勉強する女性の方が合格率が高いから、という話を聞きましたが、

果たしてどこまでが本当の話かはわかりません。


確かに低学年のうちは、母親とのつながりが強い時期ですから、女の先生の方が良いような気もします。

逆に高学年になったら、厳しさや我慢といったものを教えるためにも父性的な役割が必要となるのではないでしょうか。

まあ最近は女性の校長も珍しくありませんから、男女の違いなんてあまり関係が無いのかもしれません。

昨今、巷ではモンスターペアレントなどという言葉も聞かれますが、

教師はサービス業ではありませんし、子供たちはすくすくのびのびと、

ストレスを感じないで、苦労知らずで楽しく育てば、将来幸せな人生が送れるようになる。

な〜んてことは、どう考えてもバカな妄想でしかないのですから、

そこのところは、親も学校も社会もよ〜く考えてあげたいものです。


☆ちょっとお知らせです☄

明日の日曜日(10月23日)にNHKの朝の番組「サキどり」で、私の勤め先が紹介されます。
食の安全や、食文化に興味がある人はご覧になって下さい。
ただ、私は映っていませんけどね(^。^)y-.。o○



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:42 | 愛知 ☔ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

カウンセリングの実技

11月に、カウンセリング仲間のK.Oさんが主催する、カウンセリングの勉強会に参加します。

カウンセリングの傾聴訓練(ロールプレイ)を行う勉強会です。

かつて私が学んでいた「日本産業カウンセラー協会」の養成講座では、

この傾聴訓練にかなりの時間を割いていました。


資格を取得した後も、何度か協会主催の傾聴訓練を受けましたが、

やればやるほど自分自身の課題が増えて、実技の難しさを思い知らされたものです。

特に有資格者が対象の訓練では、振り返りの際にかなり辛辣なことも言われるため、

参加者の中には、緊張で具合が悪くなったり、二日目から参加しなくなったりした人もいたようです。


私が養成講座を受けていた頃は、すでに竹の子会のスタッフをしており、

カウンセリングの実技について分からないことがあると、

竹内先生に質問したり、アドバイスを求めることがよくありました。

もちろん自分でも、いろいろな本を読んだりして真面目に勉強していました。


カウンセリングの実技には様々な技法があります。

受容、繰り返し、要約、明確化、支持、質問・・・

よく言われる傾聴については、技法というよりカウンセリングの基盤のようなものと捉えています。


私が受けていた実技講座では、そうした技法をある程度段階的に習得するようになっていました。

毎回のロールプレイにおいて、おおよその課題が与えられるわけです。

これについては、実技の学習という意味ではとても効果的だと思うのですが、困ったことも起きました。

つまり、ロールプレイの最中に、技法を実践することで頭が一杯になってしまうのです。


いつ繰り返しを言おうか・・・

そろそろ要約して相手に返さないと、うなづいてばかりで時間が来てしまう・・・


結果的に相手の話をさえぎって、言葉を挟んだり、

まだそのタイミングではないのに、中途半端な要約をしてしまったり、

意味もなくオウム返しを繰り返してみたり・・・


何よりも、肝心要の傾聴が疎かになってしまうことが一番の問題でした。

どうしても周りを取り囲む指導者や観察者の評価が気になってしまうのです。


産業カウンセラーの養成講座を受講するにあたって、私は竹内先生から一つのアドバイスを頂いていました。


自分が何のために、そこに座っているのかを絶対に忘れないこと。

つまり、自分がクライエントの援助をするために存在していることを常に意識しろ、と言う事でした。

周りが気になると言う事は、意識がクライエントから離れているから、とも言われました。


4月から約半年間の養成講座を受けている間、私はいつもそのことを強く意識して傾聴訓練に挑んでいたのです。


講座が終わり、翌年1月の実技と学科の資格試験の申し込みを済ませた私の元に、受験の案内が送られてきました。

開封してみると、そこにはこう書かれていました。


「実技の試験を免除する」


つまり実技のレベルが合格に達していると判断され、試験を免除されたのです。

私にとって、非常に嬉しい出来事でした。

これにより俄然やる気が出た私は、年末年始の休み中にアルコールを一滴も口にせず勉強に励み、無事、学科試験も合格しました。

晴れて、産業カウンセラーになることが出来たのです。

全てが竹内先生から頂いた、あのアドバイスのおかげだと、今でも本当に感謝しています。


ただ、これにはちょっとした後日談があって、

実技免除の知らせを受けた私は、嬉しいのと自慢したい気持ちから、講座で知り合った仲間達にメールをしました。

すると・・・

私もだよ〜、俺も免除だったよ・・・

という返信が・・・


どうやら私だけが特別、というわけでもなかったようですたらーっ(汗)

でも、私の嬉しい気持ちに変わりはありませんでした。


さて、今の私ですが、正直言ってあの頃よりも実技の腕はうんと落ちています。

6月にK.Oさんの勉強会に参加してつくづくそう感じました。

理由は自分で良くわかっています。


勉強不足の一言ですふらふら

学科もですが、特に実技のトレーニングが全然足りていません。

だから私は11月に傾聴訓練(ロールプレイ)の勉強会に参加するのです。


今度の勉強会では、存分に自分のダメなところをさらけ出して、皆さんにボコボコにしてもらうつもりです。

今から非常に楽しみですわーい(嬉しい顔)

私の下手くそなカウンセリングを見てみたい人、ボコボコにしてみたい人は、

ぜひ、K.Oさん主催の勉強会に参加の申し込みをして下さい。

残席あと僅かのようですが、今ならまだ間に合うようです。

迷っている人は、勇気を出してこちらから⇒http://blogs.yahoo.co.jp/koji_wa32/26233843.html


2013.11.22にこの記事に関連して「カウンセリング実技試験」という記事をアップしました。
産業カウンセラー資格試験を受けられる方はぜひご覧頂きたいと思います。
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:22 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

秋はいいよね

通勤途中の知らない民家の庭先に、柿の木を見つけました。

まだ熟してはいませんでしたが、写真をパチリ(^_-)-☆

2011_1020_120645-P1000047.JPG

あ〜柿が食いたい・・・

会社帰りにスーパーに寄って、柿を買いました。

和歌山県産 刀根柿 種なし・・・(-_-)

2011_1020_200033-P1000050.JPG

う〜ん、美味い(^u^)

やっぱり味覚の秋だね。

秋刀魚も旨いし、栗ご飯も食べたいね。


秋はスポーツの季節でもあるね。

でもプールはちょっと御無沙汰だね。

なぜなら・・・

10月から、行きつけのプールが、週末だけの営業になってしまったから・・・(^_^;)

これは言い訳だね(=_=)


読書の秋とも言うね。

ここ最近で読んだ本は・・・

2011_1020_202305-P1000051.JPG

これだよ。

コンビニで買ったけど、映画とかアニメとか漫画とかの、いろんな秘密やタブーが書いてあるんだよ。

ちょっと情けないね・・・(-_-)

しかも恥ずかしいし・・・(^_^;)


せっかくの秋なのに、

食べてばかりじゃもったいないね。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:32 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

忙中閑あり

なんだか忙しい毎日を送っています。

バタバタと慌ただしくしているうちに、気がつくと一日が終わっている感じです。

もちろん忙しいのは仕事の話です。

私の勤め先は小さな食品会社なのですが、昨今は企業の規模に関わらず、

すべき事は、きちんとしなければいけない世の中になってきています。

しかしそこは中小企業の厳しいところで、完全に分業できるだけの人員も予算もないため、

自ずと、一人が何役もこなさなくてはいけないのは、当然の成り行きなのです。


これをやりながらあれをやり・・・

あれをやっていると、急きょあっちの仕事が入り・・・

あっちをしながら明日のあれの準備をしていると・・・

社長から「例のなには進んでいるのか?」と言われ・・・(-_-;)

あわてて、なにを進めようとしていると営業からクレームの連絡があり・・・(>_<)

その間にも取引先の営業マンから連絡が入ったり、打ち合わせに来たり・・・<(_ _)>

それでも現場の仕事もしないといけないし・・・(T_T)

なんだか機械の調子も悪くてパートさんが文句を言ってくるし・・・(-"-)

明日はISOの外部審査があるし・・・(-_-;)

ぼろ机の上は、要るんだか要らないんだかわかんない書類があちこちにあるし・・・(?_?)

あれの注文するの完全に忘れてたし・・・(=_=)

あっ!そういえば今日は会議があるんだった!


ふ〜   (-。-)y-゜゜゜


事務所から呼び出しが入ってるみたいだけど、社内放送聞こえないもんね〜(^^)v


よしっ!ここらで喫茶店でも飲みながらちょっと考え事を・・・(^.^)

てな感じで一日が終わるのです。


まあ、忙中閑ありということで、

「忙中、閑あり」。忙しい、忙しい、と慌てふためいている中にも、冷静に見直せば必ず閑が存在しているものだ、という意味で、閑というものは自らが見つけ出すもの、というアグレッシブな行動を示唆する中国の言葉である。


いくら忙しくても、慌てず落ち着いてアグレッシブにサボれ、ということですね(^。^)y-.。o○ 


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:56 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

秋晴れの日曜日にランチを食べました(^.^)

今日は月に一度の竹の子会の定例会と自主学習がありました。

天気が良かったので原付スクーターで豊田市の松坂屋まで行きましたが、

バイク用の駐車場がわからずに、ウロウロしていたらちょっと遅刻・・・(-_-;)

遅れて部屋に入ると、新たに入会の方が4名もいてびっくりですexclamation

先月の基礎講座の後、会員募集の案内をしたのですが、早くもその効果があったようです。

特に今回は、男性の方が1名入会して下さったのでとても良かったです(^^)v

なにしろ、5〜6年前に私が入会して以来、ずいぶん会員の出入りはあったのですが、

その間に男性の入会は皆無だったのです。


最近は、竹の子会の講座を受ける方も、以前より男性が増えてきたように感じますが、

それでもまだまだ女性の方が圧倒的に多いようです。


本当は仕事などで大きなストレスを抱えやすい男性にこそ、もっとカウンセリングに興味を持って、

心の病や、メンタルヘルスについて正しく理解し、カウンセリングを学んで欲しいと思っています。

2011_1016_115301-P1000044.JPG



今日の定例会は新しい会員の方を交えて、自己紹介の後にグッド&ニューを行いました。

これは、なるべく最近の何か良かったことを話すというエクササイズです。


人はつい嫌なことや不安なことばかりが頭に残り、そのことに捉われがちですが、

出来るだけ楽しかったこと、良かったことを思い浮かべて言葉にすることで、

思考をボジティブに、プラス方向に変えていこうというものなのです。

本当は、職場や家庭などで習慣的に行うとより高い効果があるようですが、

ひとりでも意識してイメージしたり、声に出してみると案外良いかもしれませんね。


さて、今日は定例会の後で会員の皆さんと久しぶりにランチに行きました。

2011_1016_133237-P1000045.JPG


食後のコーヒーがついて千円ちょっとの、なかなか豪華なランチを美味しく頂きました(^.^)


会員の皆さんはそれぞれが、いろんな仕事や趣味、勉強をされているので、

そうしたお話を聴くのはとても面白くてためになります。

何事も飽き性で三日坊主の私が、細々とですがなんとかカウンセリングの勉強を続けているのも、

竹の子会の皆さんと、こうしていろんなお話が出来るからなのかもしれません。


昨日も仕事で少々疲れ気味の私でしたが、美味しいランチと竹の会の仲間の皆さんのおかげで、

明日からまた元気に頑張れそうな気分になった、秋晴れの日曜日でした晴れ


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:46 | 愛知 ☀ | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

仕事が嫌になる理由

滅多に無い3連休も終わり、今日から仕事。


仕事行きたくないなぁ・・・(=_=)

休んじゃおうかなぁ・・・(-_-;)


と思いつつ、そうもいかないので仕事に行きました。


それにしても、仕事が嫌なのは何故なんでしょうね?

毎日わくわくしながら会社に行けたら幸せだろうなぁ・・・


そう思って、仕事が嫌になる理由をいろいろ考えてみました。


仕事の人間関係が嫌

そういうこともありますね。

特に会社員の場合は、上司と合わないと仕事が辛いですよね。

私の場合は、これまで仕事の人間関係がそれほど苦になったことはありませんが、

たまたま人間関係に恵まれていたのと、私自身があまり苦にしないタイプだからなのかも知れません。


仕事が合わない

これもよく聞く理由ですね。

だいたい仕事に限らず現実というものは、実際に経験してみないとわかりませんからね。

それに会社員の場合、必ずしも自分の希望や能力に見合った仕事ができるとは限りません。

そんな仕事が続くと、嫌になる気持ちもわかります。


自分はこんなことをしている人間じゃない

これは「仕事が合わない」と似ていますが、ちょっと違います。

何だかよくわからないけど、自分にはもっとぴったりの、能力をいかんなく発揮できて、

周りから羨ましがられるような素晴らしい仕事があるはずだ・・・

そんな妄想のような考えが頭から離れないということですね。

若い頃は誰しもそういう思いを持つことがあるかも知れませんね。

まあ、現実に働き始めると、自分の能力が客観的にわかってくるのですが、

いつまでもそういう妄想を持ち続ている人もいるみたいです。


とにかく仕事がきつくて耐えられない

肉体的、精神的に仕事がきつすぎて我慢の限界を超えている。

過労死という言葉もありますから、そういうこともあるでしょうね。

生真面目な人ほど、過剰なまでに期待にこたえようとか、責任を果たそうとか思ってしまうのでしょうか?


単に怠け者で我慢ができない

実際にいますね、こういう人。

若い人なんかで、びっくりするぐらい考えの甘い人がいますね。

いろんな事情があるので一概には言えませんが、ニートやフリーターと呼ばれる人の中には、

正社員になれるチャンスがあっても、苦労するのが嫌で断る人もいるようですから。



仕事が嫌になる理由をいろいろ考えてみましたが、やはり人それぞれで違うのでしょうね。

私はどうしても仕事が(会社が)合わずに辞めてしまったことがあります。

8年間務めましたが、どうしてもこの先ずっと続けるのは無理だと思ったからです。

どこまで我慢するのか・・・、というのはやはり本人が自己責任で判断するしかないのでは、と思います。



ところで、仕事が嫌になる理由をいろいろ考えてみましたが、逆に仕事が楽しくなるにはどうすれば?


それは一言でいえば・・・(-_-)

まず自分に合う仕事を見つけ、そこで円滑な人間関係を持てるように心がけて、自身の体力や精神力の範囲内で、

無理をしないように、尚且つある程度の我慢をしながら、仕事を好きになって真面目に一生懸命に働くこと。


う〜ん(?_?)

俺には一生無理だな・・・(-_-;)


今日は仕事帰りに、疲れた身体と心を癒そうと、近くの公園で抹茶ラテを飲みながら一服しました。

2011_1011_183608-P1000038.JPG


抹茶ラテ・・・

あんまり(個人的には)美味くないです(-_-;)

ただ、仕事帰りに道草するのは楽しいなぁ(^。^)y-.。o○

明日も頑張ろう


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:22 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

久しぶりのサイクリング

ものすごく久しぶりにサイクリングに行きました。

体力が衰えていることは承知の上なので、のんびり平坦路コースで、肩慣らしならぬ足慣らしです。

最近は水泳もしているので、この調子で運動をするようにしないといけませんね。

そう言いながらも、今日は大した距離も走らずに本当に足慣らし程度でした。

2011_1010_081320-P1000035.JPG  2011_1010_074700-P1000034.JPG

まあ、焦らず少しづつでも続けることが大切ですから(^_^;)


カウンセリングの勉強仲間で、産業カウンセラーのK.Oさん主催の勉強会が11月6日(日)に行われます。

カウンセリング実技(ロールプレイ)の訓練が足りてないなぁ・・・

とお思いの方は、ぜひ参加して欲しいと思います。

もちろん私も参加させていただきます車(RV)

詳しくはこちらから⇒カウンセリング実技勉強会のご案内
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 17:33 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

3D映画ってどうよ?

3D映画を見てきました。

ジェームズ・キャメロン監督の「サンクタム」です。

巨大な洞窟でいろいろ大変な事がおきる映画で、実話を基にしているそうです。

朝8時からの上映だったので、お客さんも少なくのんびり鑑賞できました(^。^)y-.。o○


観終わった感想は・・・

まあ、なかなか良かったです。

あまり期待はしてなかったのですが、思ったより面白い映画でした。


しかし・・・


3Dってどうよ?


最近やたらと3Dの映画が多くありませんか?

なんでもかんでも3Dにしなくても・・・


だいたい3Dの映画って、300円高くなるんですよね。

しかも変なメガネをさらに100円で買うんですよ!


ただでさえ今の映画って高いと思っているのに、

3Dでさらに400円も高くなるなんて、

ぼったくりじゃありませんか(-"-)


私が若かりし頃は、2本立てが当たり前の時代でした。

日活ロマンポルノなんて、3本立てでした(イヤ〜ン揺れるハート


3Dってそんなにいいのかなぁ・・・

個人的には、別に普通の画面で良いと思いますが(=_=)


ついでに言っておくと、

CGもほどほどで良いかと思います。


昔の特撮映画みたいに、着ぐるみの怪獣や手の込んだミニチュアのセットの方が、

ずっとずっとリアリティがあったような気がします。


3DやCGがなかった時代でも、こんな映画があったんですよ。



なんじゃこりゃ???

って人には、つまんないでしょうが、

あくまで私の個人的な趣味ということで勘弁して下さい<(_ _)>


今日は映画を見て、プールで泳いで、久しぶりに自転車屋さんに顔を出して、

の〜ん〜び〜り過ごした一日でした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:39 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

人の心配をする人はウザい人?


「あれこれ聞かれて、心配されるのは本当にウザい(-"-)」

と、ある知人が言っておりました。


あれは大丈夫なのか?それはどうなっているのか?心配だ、心配だ。

そんなことばかり言われるとイライラするそうです。


確かにそうかもしれません。

何か助けになることをしてくれるならともかく、

ただ心配ばかりされても困りますよね。


だいたいそういう人は、自分が安心するために、自分の興味を満足させるために、

そうやって根掘り葉掘り聞いてくるケースが少なくないです。

しかもそのことに気づかずに、自分はこんなにも心配してあげてるのに・・・

と思っていることがほとんどです。

いらぬお節介で心配されるより、黙ってほっておいてくれる人の方がずっと有難いことが多いです。


求められてもいないのに人の心配をするよりも、

悩みがある人から「ちょっと話を聞いてくれる?」と、

相談されるような人になりたいものです。


いずれにしても、自分が何をしてあげられるのか?

何をしてあげられないのか?


そのあたりを良〜く考えてから、

人の心配をしたり、相談に乗ってあげる、


それが大切じゃあないかと思います。


私は、心配されるよりも、

黙ってお金をくれる人がいいなあ・・・(^。^)y-.。o○


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:17 | 愛知 ☀ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスの旅

昨日は三重県に業界の日帰り研修旅行に行ってきました。

8時45分に金山駅南口のボストン美術館前集合だったのですが、

朝の通勤電車の混雑に、早くもすでにグロッキー気味・・・(*_*;

毎朝、豊田市の片田舎の会社までスクーターで僅か5分の通勤の身には、

通勤ラッシュはまさに苦行以外の何物でもありません。

よくよく見れば乗車中の皆さん、目をつぶって悟りの境地のように見えたのは、

きっと毎日の苦行の成果なのでしょうね(^_^;)

本当に本当にご苦労様です。

早めに金山に到着したので、構内のロッテリアで朝マックならぬ朝ロッテで一服。

ここのロッテリアは喫煙コーナーがあるので、愛煙家の私にはとても有難いのです喫煙

その後、集合場所からバスに乗り込みいざ三重県に出発進行〜バス

2011_1005_125628-P1000032.JPG   2011_1005_084029-P1000031.JPG

と、何気に元気が良さそうですが、実際には我が社からのもう一人の参加者の工場長以外に顔見知りもおらず、

けっこう満員のバスにもかかわらず、私の近寄るなオ〜ラのせいか隣の座席は空席のまま、

ひとり窓の外を見ながら無言のバスの旅となりました。


この研修旅行は、業界団体の親睦を兼ねた勉強会のようなもので、

この日は三重県の食品メーカー2社の工場見学が目的です。

我が社と同じような小規模の会社と、業界でも大手の会社を見学しました。


私は普段、品質管理や衛生管理の仕事に関わっているので(もちろんその他の山のような仕事の合間にです)

特に、人員も予算も限られる中小企業がどのように品質管理を行っているのか興味がありました。

我が社と同規模の小さな老舗の食品メーカーは、古いながらも建物も設備もきちんと手入れがされていて、

普段からの管理が行き届いていることが良くわかりました。

若社長に、そのあたりのコツを質問したところ。

「とにかく小さなことからコツコツ積み重ねる以外にありません」

という、ごくごく真っ当な、あたり前の答えが返ってきました。

そうですよね・・・、なんか手軽なコツがあるかと考えた私自身が恥ずかしいです・・・反省<(_ _)>


お昼に、名前だけのささやかな松坂牛のランチをいただいて、午後からは業界大手の工場を見学しました。

決論から言えば、規模も設備も何もかもが違いすぎて、参考になるようなならないような???

実は食品会社の一番の問題は、いかに異物の混入を防止するかということなのですが、

この会社では、そのために金属探知機はもとより、X線異物検出機(レントゲンです)を導入していました。

これだと金属以外の異物も感知できるので、異物の除去に非常に効果があるんですよね。

そのかわり、ものすご〜く高価な機械です。

まあ、他にも工場自体が限りなく自動化されており、

とにかく、極力人が関わる部分を減らすことを目標にしているのです。


ただ、これはあくまで私の個人的な感想なのでが・・・

正直に言って、こういう大きな会社は苦手です(^_^;)

なんというか、独特の閉塞感というのか、雰囲気というのか・・・

広い敷地が囲まれていて、外の社会と隔離されているような感じがすごく苦手なのです。


今の勤め先は、給料もそれなりで仕事も便利屋のように何でもしなければいけないのですが、

やはり人間味が感じられて、私には合っているのかも知れません。


帰りの高速道路を走るバスの窓から、ぼんやり雨の景色を眺めながらそんなことを考えていました。


ところで、私のことを見かけによらず優しくて愛想が良い人、と思っている方もいるかも知れませんが、

この日は結局、ほとんど一言も、誰とも喋りませんでした。

やや寝不足で疲れていたのと、人混みが苦手な私は朝のラッシュでうんざりしていたので、

ずっと黙って景色を見たり、会社見学をしていました。

普段は確かに愛想は悪くないのですが、別に無愛想なコワい奴と思われても全然気にならないタイプなのです。


帰り道に立ち寄った、御在所サービスエリアの立派なトイレに感心し、

名物の赤福をお土産に買って家路についた、ちょっと疲れた久しぶりのバスの旅でした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:35 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

今日のお仕事

今日は仕事で子供たちに会社見学の案内をしました。

春日井市の子供会(総勢45名)が観光バスで勤め先に社会見学に来たのです。

昨日は運動会だったので、その代休を利用して見学に来てくれたのです。


実は私の勤め先は、毎年たくさんの見学者が訪れます。

一番多いのが小学生で、週に4回、5回と見学があることも珍しくありません。

他にも様々な団体やグループが見学に訪れますが、そのほとんどを社長が対応していました。


あまりに見学希望の申し込みが多く、社長だけでは対応しきれなくなったので、

社内一イケメンの私に白羽の矢が立ったのです(^.^)


わが社の見学は観光ではなく、食について学んでもらうこと、伝えることが目的なので、

今年の夏ごろから何度か社長の見学案内の際に同行して、そのあたりを勉強してきました。

今日は私が一人で見学案内をするデビュー戦というわけです。


実は先月にも栄養学を学ぶ女子大生の見学案内をひとりでしたのですが、

小学生の場合は何かと大変なことが多く、さすがの私も緊張していました。


午前中に2時間ほどの見学でしたが何とか無事に終わり、子供たちを見送るとどっと疲れが出てきました。

やはりいろいろと反省することばかりです。


無意識のうちにどうしても、そつなくこなそうという気持ちが先に立ってしまうのですが、

何を伝えたいのかをしっかり自覚して、絶対にブレないことが本当に大切なのだと感じました。

子供たちだからこそ、誤魔化しや小手先のテクニックで話をしても伝わらないのですね。


午後からは通常の業務に戻りましたが、今月はいろいろとややこしい仕事が入っているので、

シャキッと気合を入れ直して頑張ろうと、自分自身に喝を入れました<(`^´)>


と、その前に早く代休を取りたいなあぁ・・・(=_=)









にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:34 | 愛知 ☁ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の日記

昨日の日曜は、地域のイベントに参加して来ました。

2011_1002_082455-P1000021.JPG

準備中の写真なのでちょっと寂しい感じですが、この後たくさんの人たちが訪れ、

いろいろなお店やイベントもあって大盛況でした。

地域の子供会、自治会、老人会、消防団、商工会、その他の様々な団体が協力して行った催しです。

私も以前に、子供会や自治会の役員を立て続けにしていたことがあり、

その流れで、こうした地域の催しなどのスタッフとしてお手伝いをしていた時期がありました。

この日は、そのころに知り合った人達からたくさん声をかけられました。

そのうちの何人かは、今でも続けて地域活動の委員として活動をしているそうです。

皆さん仕事や家庭を持ちながら、こうした地域活動をされているわけですから本当に頭が下がります。


昨日はこのイベントの他にもいくつかの催しに会社から出店があり、営業や現場の社員が出勤していました。

せっかくの休日ですが、こうしていろいろなところから声がかかるのは有難いことです。

仕事も休みもどちらも大切ですから、うまくバランスをとってやっていきたいものですね。


今週はどこかで代休を取って、久しぶりに映画を観に行きたいなぁ・・・(-_-)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:54 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廻る廻るよお皿は廻る〜♪

長男はアルバイト・・・

次男は遊びに行ったきり・・・

というわけで、昨夜は仕事から帰ってから家内と二人で外食に行くことにしました。

久しぶりにお寿司が食べたいねぇ・・・、と珍しく意気投合して、行きつけのお寿司屋さんへ。

そのお店は芸能人も頻繁に訪れるという、かなりの高級店です。

というのはもちろんウソで、我が家から一番近くにある回転寿司に行きました。

2011_1001_180203-P1000018.JPG

私は食べることは大好きですが、グルメでもお金持ちでもないので、ここで十分なのです(^.^)

土曜の夜なのでお客さんでいっぱいでしたが、ほどなくカウンター席が空きました。


それにしても私が子供の頃は、お寿司といえば母親が作る巻き寿司、いなり寿司、

あるいはちらし寿司が定番で、あのピンク色の甘いでんぶの味を思い出します。

握り寿司などというものは、特別のお客さんが来たときに食べるようなものでした。


それが今ではあちらこちらにある大きなお店で、くねくねと曲がりくねったレールの上を、

音もなくお皿に乗ったお寿司が次々と流れてきて、それを好きなだけ食べられるようになりました。


それでも少し前まではお皿の色や柄によって値段が違ったりしていたので、

子供たちがついうっかり、金色のお皿などを取ってしまわないように気をつけたりしたものです。


しかし今では、なんでもどれでも一皿100円というお店も多くなり、

「なんでも好きなものを食べなさい」(^。^)y-.。o○

と、太っ腹な態度でいられるようになりました。


家族で回転寿司を食べに行くというのは、それぞれが好きなものを好きなだけ食べられるので、

きっと、家族全員がそれなりに満足できる外食なのかもしれませんね。


エンドレスで廻り続けるお皿を見ながら、中島みゆきの「時代」のメロディを思い出していました。


廻る〜廻る〜よ お皿〜はまわるるんるん

中島みゆきもこんなふうに自分の曲が口ずさまれることになるとは、きっと思ってもみなかったことでしょうねたらーっ(汗)


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:02 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする