2011年09月30日

9月最後の平泳ぎ

仕事の後でいつものプールに行ってきました。

閉館まで1時間もないので、黙々と泳ぎます。

隣のコースに平泳ぎの兄ちゃんがいたので、それとなく並んで泳いでみたのですが、

必死で泳いでも、どんどん差をつけられてしまいます(T_T)

のんびり泳いでいるようなのに、全然追いつけません。

なぜなんだろう・・・(?_?)

私の平泳ぎには、致命的な欠陥があるのかもしれません(-_-)


思い起こせば、私は平泳ぎが苦手でした。

クロールには自信がありましたが、平泳ぎはからきしダメなのです。

きっと私の平泳ぎは正しい泳ぎ方ではないのでしょう。


仕方ないので平泳ぎに似た変な泳ぎ方で泳ぎながら、

水面下で隣の兄ちゃんを観察してみると、どうやら足の動きに秘密がありそうです。

私も見よう見まねで足をピョコピョコしてみましたが、あまり効果はありません。

ふと思いついて、足をバタ足に変えてみました。


おおっ!これは良いかも(^.^)

上半身は平泳ぎ、下半身はクロール・・・

どうやらオリジナルの泳法を発見してしまったようです(^^)v

ただ、この泳法には大きな欠点がありました。

手と足の動きに連動性が無く、どうにもちぐはぐな感じです。

さらにいえば、非常にカッチョ悪いです・・・。

ヤケになって、思い切り激しく足をバタバタさせてみました。


あうっ、うう〜

足がつりました(>_<)


私が開発した新泳法は、身体への負担が半端ではないようです。

例えて言えば、星飛雄馬の大リーグボール3号のようなものでしょうか。





9月最後の平泳ぎは、懐かしのスポ根漫画を思い出したのでした。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:39 | 愛知 ☔ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする