2011年09月26日

取扱説明書を読む人

長年愛用していた300万画素のデジカメが、とうとう壊れてしまいました。

カメラの趣味はありませんが、ブログの写真用に新しく買うことにしました。

さっそく「カメラのキタムラ」に行ってみましたが、たくさんのお客さんで賑わっています。

新しいカメラの条件は、安くて、簡単で、四角くて、出来れば防水機能あり。

店内をいろいろ見て回ってこれに決めました。

デジカメuntitled.bmp

パナソニックのFH−5というエントリーモデルです。

安くて、簡単で、四角い、という条件にぴったりでした。

壊れたデジカメを下取りしてもらって、1万円以下で買えました(^.^)

家に帰ってさっそくバッテリーを充電して、作動させてみました。


う〜ん、これは正解です(^^)v

殆ど取説(取扱説明書)を読まずに写真が撮れました。

2011_0926_202540-P1000009.JPG 2011_0926_203156-P1000012.JPG

実は私は、取説を読むのが面倒で嫌いです(-_-)

上の写真の携帯電話は、わけあって最近買い換えたのですが、

とにかくやたらといろんな機能があって、まったく使いこなしていません。

まあ、電話とメールができればいいのですが、最近やっとワンセグが見られるようになりました。

世の中には、私と違って取り説をきちんと読む人もいるらしく、

私の職場のK君は、何か買った時は、必ず取説の隅から隅まで目を通すそうです。

ちなみにK君は理系の大学卒で、私のパソコンの師匠です(^.^)

彼のような人が身近にいるので、何かわからないことがある時は、

なんでも質問すれば、私の代わりに取説を読んで答えてくれるのです。

取説をきちんと読む人は、とてもありがたい存在なのです。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:37 | 愛知 ☁ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする