2010年09月11日

「カウンセリングを学ぶ」ことと「カウンセリングを受ける」こと


突然ですが

「カウンセリングを学ぶこと」と

「カウンセリングを受けること」は

きっちり分けなければいけません。

あたりまえのことですね。

でも、時々ごっちゃになっている人を見かけます。


カウンセリング講座の講師や

カウンセリングを学びに来ている人たちは

優しい人や、人を傷つけないように気配りができる人が多いので

悩みを抱えている人や

ちょっぴり心を病んでいる人にとっては

カウンセリングを学ぶ場はとても居心地がいいのです。


でも

本気でカウンセリングを学ぶことは

自分の弱点や嫌な部分を見つめることになるので

けっこう辛い作業なのです。

癒されたくてカウンセリングを学ぶ人には

本当の意味での勉強にならないでしょうし

問題の解決にもならないのです。


私は、心身の調子がおもわしくないときは

カウンセリングの勉強はしたくなくなります。

特に集団で受ける講座や、ワークは避けるようにしています。


かつて私が学んだ日本産業カウンセラー協会

わりと受講生に対して厳しかったように思います。

「私は講師であって、あなたのカウンセラーではない」

という姿勢に徹していたような感じでした。


長年にわたりカウンセラーの育成に携わっていると

そのへんは、必要以上にハッキリさせておかないと

何かとややこしいこともあるのでしょう。


ちなみに

私の経験から言わせてもらうと

カウンセリングをいくら勉強しても

なかなか自分の問題は解決できません。


自分が悩みや問題を抱えていると感じたならば

やはりカウンセリングを受けるか

精神科(心療内科)を訪れるか

もしくはその両方を実行することが

手っ取り早くて、最も確実な問題解決の方法だと思います。


カウンセリングを受けたり

精神科の受診をすることに

どうしても抵抗があるという人は

少なくともカウンセリングを学ぶ人として

ちょっとどうかなぁ…

と思います。


11月から、竹の子会主催の「カウンセリング中級講座」が始まります。

どうか募集要項をしっかりお読みいただいてからお申し込み下さい。


受けたいけれど迷っている、受けてもいいのか自信がない…

そんな方は、この機会に講師の竹内成彦先生のカウンセリングを受けてみてはどうでしょう。


もしかしたら

カウンセリングを学ぶ前に片付けておいた方がいい問題が

解決するかもしれませんね。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:51 | 愛知 ☁ | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢で言えたら…


先日の朝、奥さんが言いました。

「ゆうべ夢見てたでしょ、仕事の夢」

はあ〜   !!!  

その瞬間、昨夜の夢がまざまざと蘇りました。

「あのね〜、やたらと喋ってたよ」

なになに??

「仕事って言うのはそんな甘いもんじゃないんだ!とかいろいろずっと言ってたよ」

そうです、しっかり思い出しましたいい気分(温泉)

仕事上の部下のミスと、そのことを私に報告しなかったことにブチギレてちっ(怒った顔)ガンガンに気合を入れていた夢だったのです。

う〜ん…

最近は、あまり仕事のストレスは溜まっていないと思っていたのに

そうでもなかったようですね〜バッド(下向き矢印)

その日は何となくムカついた気分だったので

いつもよりちょっぴり威圧的な態度で仕事に臨みましたパンチ

人に厳しく 自分に優しく

これがストレスをためない秘訣です!!

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 11:58 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾンビになるかならないか


あまりにも暑かった(まだ暑いですが…)この夏…

エアコンの効いた部屋でDVDを観ることが多かったです。

洋画好きの長男と、いろんな映画を観ました。

最近、長男はロバート・デ・ニーロにハマっているらしく

「デ・ニーロいかしてるぜ〜決定」といいながら、意味も無く腕立て伏せをしたりしています。

私は、どういうわけか、ゾンビ映画にハマってしまい、手当たり次第にゾンビ系の映画を観まくっていました。

それこそ数多くのゾンビ系の映画があるのですが、なかにはビックリするほどテキトーなつくりの映画もあり、それはそれで楽しいのです。

しかしやはりゾンビ映画と言えば、ホラー映画の巨匠・カルト映画の鬼才といわれる、ジョージ・A・ロメロ監督の作品を観ずしてゾンビは語れないでしょう。

それにしても、ゾンビ映画を観ていていつも思うのですが

ほとんどの人間がゾンビになってしまい、そのなかであても無く恐怖に怯え、逃げ惑うぐらいなら

いっそゾンビになっちゃえばいいのに

そうすればゾンビに食べられる心配もなくなるしね

ってね…

息子は

「オレは絶対やだ!!」

と言っておりましたが…

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 11:26 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親バカとバカ親


ご無沙汰しております

おやじカウンセラーですモバQ

7月に長年ともに暮らしてきた愛犬のサーブを亡くしていらい

もう一匹の愛犬ハナをものすごく可愛がるようになりました。

ハナは1歳のチワワですが、ちょっと大きめでスタイルが良く

とても美人です。

スイカとハナ@.JPG

去年の夏の写真ですかわいい


私の奥さんは、背が低く、スタイルも…ドーン・ドーン・ドーンで

自称「若い頃はかなり可愛かった」らしいのですが

いまはそのへんは必要ないので、全部どこかへしまいこんだみたいです。

ハナちゃんは、そんな奥さんよりもずっとずっと可愛いのです。

おまけに家族の誰よりも、私のことが大好きらしいです。

私が仕事から汗だくで帰ってくると、飛びついてきて顔中ぺろぺろとなめ回します。

私は顔と頭の境界が曖昧になっているので、頭のてっぺんもぺろぺろとなめ回します。

ハナちゃんは、私のハゲ頭が大好きなのです。

息子達などは「ハゲおやじ」とか「つるっぱげ」などとバカにしますが

どうせ息子達も、私の遺伝パワーでいつか「つるっぱげ」になるので、気にもなりませんわーい(嬉しい顔)

とにかくハナちゃんが大好きな私は、立派な親バカです。

しかし最近は、親バカならぬバカ親が増えているような気がしてなりません。

親バカは、あくまで親の役割や責任を果たした上でのバカなのですが

バカ親は、そのあたりが出来ていなかったり、わかっていなかったりするのに親になってしまった

と言う感じがします。

親も人間なので、未熟だったり失敗したりするのはあたり前ですが

親になったからには、一生懸命に子供と向き合っていく覚悟が必要なのだと思います。

少しばかり子育てが上手くいかなくても、その一生懸命さはきっと子供に伝わるのだと思います。

私の古い友人の奥さんが、3人の男の子に悪戦苦闘?しながらも楽しい子育ての様子を、ブログに書いています。

私も毎日のようにブログを訪れては元気をもらっています。

子育てに悩むお母さん、お父さん

よかったらのぞいてみてはいかがでしょうるんるん

自閉症はるくんとその家族の雑記帳たーとるきっず

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 10:56 | 愛知 ☀ | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近況報告らしきもの


ご無沙汰しております

おやじカウンセラーですモバQ

暑い暑いとボヤいているうちに9月になってしまいました。

でもやっぱり暑いです…たらーっ(汗)

ここ1ヶ月ほどブログの更新もせず、ほったらかしにしておりましたが

ごくごく普通に生活しておりました。

変わったことといえば

ブログを書かなくなったこと

パソコンで麻雀ゲームをするようになったこと

それぐらいです。

麻雀は、中学生から20代の終わり頃までは、友人とよくやっていました。

ここ10年程はほとんどしていません。

ブログを書こうと思ってパソコンに向かうと

ついつい麻雀ゲームをしてしまいます。

だからブログが書けないのです。

最近は、愛犬と遊んで麻雀ゲームをして本を読んで…

眠くなるとさっさと寝てしまいます。

のんびりし過ぎるのもちょっとどうかな…?

と思い始めてきたので

ブログもたまには書こうと思っています。

では…いい気分(温泉)




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 09:59 | 愛知 ☀ | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする