2010年04月01日

我が家の母はビヨーキです

先日、早朝うどんを食べに行った際、お店の棚にあった一冊の本(漫画です)に目がとまり、うどんを食べ終わってからも暫く読み続けていました。

我が家の母はビョーキです.JPG


これ、絵柄はコメディータッチの漫画なのですが、内容はかなり笑えない話が満載です。

何しろ主人公のお母さんは長年にわたって 統合失調症 を患い、その娘である主人公は子供の頃から、その母とともに生活しながらの、様々な出来事や感じたことを漫画にしたものなのです。

鬱病とならんで、非常にポピュラーな精神疾患でもある統合失調症ですが、当事者やその家族以外でこの病気について正しく理解ができている人は多くはないのでは、と思います。

カウンセリングを学ぶ上で精神医学の勉強は欠かせませんが、殆どの場合は精神科医や心理臨床家などの、いわゆる治療者としての立場で精神病というものを捉えたものを、テキストとして学ぶことになります。


もう3年ほど前になりますが、とある自立支援施設で統合失調症の方と接するボランティアをしていたことがあります。
ただ普通に一緒にご飯を食べたり、話をしたり(してくれない人もいましたが)するだけのちょっと不思議なボランティアでした。

その時感じたことは、彼等(彼女等)は 統合失調症という病気を持った普通の人たちなんだ ということでした。

もちろんその行動や言動は普通の人とは違うこともあるのですが、病気そのものがその人の全てではないということです。

といっても、私は時折その施設に訪れて限られた時間を一緒に過ごすだけであり、彼らのことなどほとんど理解できてはいないでしょうが…

統合失調症の当事者やその家族が、現実にどのように病気とともに生きているのかということは、なかなか他人にはわからないことですし、ましてやその苦しみや苦悩といったものは、そんなに簡単には理解できないことなのだと思うのです。

この本(漫画です)は、軽いタッチで描かれてはありますが、そこそこの感受性があれば、ただ面白可笑しく心のビョーキをテーマにした漫画ではないことがわかってもらえるはずです。

心の病を治療する側からではなく、当事者(家族も含めた)の側からとらえることが、統合失調症という病気を正しく理解することに、少しは役に立つのではないかと思います。

よろしければ興味がある方は、一度ご覧になってみて下さい。


わが家の母はビョーキです

わが家の母はビョーキです

  • 作者: 中村 ユキ
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2008/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:45 | 🌁 | Comment(6) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河合隼雄さんのお話を聴く


河合隼雄さんの講話を聴く機会がありました。

河合隼雄さんをご存知ない方もいると思います。
詳しくは書きませんが、日本で一番有名なカウンセラーの先生です。

河合さんは2007年になくなられているので、私が拝聴したのはもちろん生前の講話を録音したものです。

1時間ほどのお話だったのですが、優しい語り口と時折ユーモアを交えたわかり易いお話に、時間が経つのも忘れて聞き入ってしまいました。

特にカウンセリングについてのお話ではなかったのですが、初めて聴いた河合先生の講話は 人がひとりの大人として生きてゆくということ についていろいろと考えさせられる内容でした。

私のようにカウンセリングの勉強を細々ながら続けていると、ナントカ療法やカントカ理論といったものや、ナニナニ技法やアレコレの原理などを学ぶことで満足してしまいがちです。

また、カウンセラーや精神科医の先生のお話を聴いて、ナルホドナルホド…、と納得がいった気になってしまうことも少なくありません。

もちろん、それはそれで良い学びになることは間違いないと思うのですが、それらを学んで身につける本人自身の土台がしっかりしていないと、あまり役には立たないばかりか、まかり間違って他人にカウンセリングなどをしてしまうと、カウンセラーとクライエントの双方が不幸なことになってしまうとも限らないのです。

では自分自身の土台をしっかりさせるにはどうすればいいのかというと、やはり毎日の生活の中で鍛えてゆくしかないのでは…、と思うのです。

カウンセリングを学ぶことで、真摯に自らを見つめ、また他人を理解しようとする手助けになるのであれば、それはとても意味のある事だと思います。

しかし中途半端な学びで、肝心の自分を見つめる作業を怠り、聞きかじりの知識や技法だけでカウンセラーになれるわけはありません。

何事も辛い道のりを避けては、ゴールにたどり着くことはできないということですね。

ごく当たり前の毎日の生活を、大切に噛みしめながら、誤魔化さずに生きてゆこうと思う おやじカウンセラー でした。

う〜ん…、今日のブログはとても真面目に書けて、我ながら感心しました。(^.^)内容の良し悪しは別ですが…

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:49 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝うどん

ちょっと前の休日に、早起きして独りで散歩してきました。

2010_0328_090802-SANY0007.JPG 2010_0328_090508-SANY0006.JPG


いつもの里山ですが、とても寒い日だったので「このあと何か温かいものを食べよう」と思いながら歩いていました。

そんな時は、岡崎市にある讃岐うどんのお店 『香の兎(かのう)』 がぴったりです(^.^)

山から下るとさっそくお店を訪れました。 

ちなみにこのお店は、朝の7時から営業しています。

美味しいうどんは大好きなのですが、混んでいるお店は苦手なので、早朝の空いた時間に食べることが多いのです。

本日は「ぶっかけ野菜天うどん」を食しました。

ぶっかけ野菜天うどんA.JPG さぬきうどんの店香の兎.JPG

あったかいうどんにレモンを搾って、熱いつゆをぶっかけていただきます。
お好みで冷たい麺や冷たいつゆなども楽しめるようです(^^)

揚げたての野菜天も最高でした。

麺2人前の大盛りを完食いたしました。(普通盛りは麺1,5人前で小盛り麺1人前もあります)

こぢんまりしたお店ですが、本場の香川で修業されたご主人と奥さんのご夫婦でやっている私のお気に入りのうどん屋さんです。
数年前のオープン直後にたまたま訪れて以来、時々こうして早朝うどんを楽しんでいます(^^)

美味しいものを食べると、なんだか元気が出てくるようですね。

では…夜眠い(睡眠)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:13 | 🌁 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする