2010年01月28日

性格の話と「第16回、カウンセリング基礎講座」のご案内

カウンセリングの勉強を始めてから、それ以前より自分の性格をはっきり理解できるようになりました。
自分の性格が良く分かると、現在や過去の自分の行動の意味もとても理解しやすくなります。

性格には良い悪いはありませんが、行動には良い悪いはあると思います。

自分の性格を正しく知ることは、より良い性格(より生きやすく幸せを感じやすいという意味です)に変えてゆくための第一歩でもあります。

ただ性格を変えるといっても、変えられる部分と変えられない部分がありますし、どのようにしたら変えられるのかということも知っておかなくてはいけません。

性格は「生まれつき持っているもの」「育てられた環境」「自分自身で培ってきたもの」の3つの要素でつくられています。

人が幸せを感じるということと、その人が持っている性格とは深いつながりがあると思います。

4月11日(日)から始まる「第16回、カウンセリング基礎講座」は、私が初めてカウンセリングを学んだ講座です。
その後もいろいろな場でカウンセリングの勉強をしてきましたが、今でも「講義の内容、講師のレベル、受講料(コストパフォーマンス)」において、この講座の右に出るものはないと思っています。

特に「性格とは何か?どう作られ、どう変わってゆくのか?」の講義は絶対にオススメです(^_-)-☆

講師は「心の相談室 with の竹内成彦先生」です。

主催は「竹の子会」私もボランティアスタッフをしています。

詳細およびお申込み方法はこちらをご覧ください
第16回、カウンセリング基礎講座

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:49 | 🌁 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くよくよ悩めばいいじゃないか にんげんだもの

年が明けてすぐに部下の一人が退職してしまいました。
まだ若く元気が良くて仕事も頑張っていたのですが、本人がいろいろ考えた末に出した結論なのでしかたありません。
しかし小さな会社なので1人が抜けてもその穴を埋めるのはなかなか大変です。

それに加えて3月初旬までに仕上げる予定の仕事に関わっており、それが期日的にかなりヤバい状況です…(^_^;)

私個人が無理をして何とかなるものならまだ良いのですが、いろいろな外注さんなども関係しているので、独りで慌ててもどうにもならないのです。

「まあ、なんとかなるさ…」

などと口では言うものの、実際のところは気ばかり焦ってどうにも落ち着かない日々が続いています。

今朝の新聞に面白い記事がありました。

チンパンジーは人間とゲノム(全遺伝情報)の98.8%が共通しているほど近い動物で、喜怒哀楽の感情や知性も近いものを持っているらしい。
しかし最大の違いは、チンパンジーは〈今、目の前の暮らしを生きている〉のに対して、人間は〈時間や空間を越えて想像できる〉ことなのだそうだ。

人間が過去の自分を悔んだり、先行きを悲観して落ち込むのも、この想像力がそうさせるのだという。

記事の終りは「くよくよ悩んでこそ人間だと思えば気も楽だ。何しろそれはチンパンジーにはできない芸当なんだから」と締めくくられていた。

「う〜ん…そうか、悩んでこそ人間なのか…」

って、そう簡単に割り切れないのが人間なんだよなぁ…
タイトルもどっかで見たことあるような感じだし(-_-;)

まぁいいか、おやじカウンセラーもにんげんだもの(^。^)y-.。o○

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:56 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする