2009年12月23日

五平餅と柚子湯

年の瀬も近づき、寒さに震えながら(本当は皮下脂肪のおかげ?であんまり寒くはないです)頑張って仕事をしています。

今日(昨日)は五平餅を焼きました。
遊びなどではなく、社長直々に依頼されたちゃんとした仕事です。
まぁ、普段から色々な仕事をしているのですが、五平餅を焼いたのは私も初めてです。

五平餅(ごへいもち)とは木曽・伊那地方から岐阜、東海・三河・南信濃(いわゆる三遠南信地方)に伝わる郷土食で、潰したご飯を串焼きにして、軽く焦げ目がつくまで焼いたものに味噌や醤油と砂糖をベースにしたタレをつけて仕上げた食べ物です。
江戸時代中期にに米が貴重であった時代、ハレの食べ物として祭りや祝いの場で捧げられ、食べられたのが始まりと言われています。

だんだん焼けてきました.JPG 味噌だれと醤油だれ.JPG 

焼きあがった五平餅を試食してみましたが、なかなか美味しくできていました(^^)v
味噌味と醤味味の2種類をつくったのですが、初めて食べた醤油ダレの五平餅もなかなか美味しかったです。
もっとも、ただ食べるだけが目的ではないので、ちゃんと次回への課題も把握しておきました。(ということはまたやるの…?)

さて、これで仕事が終わるのであればそんな楽なことはないのですが、五平餅を食べて給料がもらえるわけはないので、その後は普段の仕事に戻りました。
しかも、今日は突発の仕事がたくさん入り、結局8時過ぎまで残業となりました。

くたびれて家に帰ると、我が家のお風呂には柚子が浮かんでいました。
毎年冬至には、妻の実家にある柚子の木からたくさんの実をもらって柚子湯にするのです。

のんびり柚子の香りのするお湯に浸かりながら目を瞑っていると、そのまま眠ってしまいそうになりました。

あと1週間ほど仕事があるのですが、何事もなく無事に一年が終わればいいなぁ….。o○

そんな思いのおやじカウンセラーでした。

エゴグラムについてのブログは、近日中に落ち着いてゆっくり書きたいと思います。
では…夜
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:08 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする