2009年10月29日

職場の人間関係って難しい…?←の続き

前回のブログで書いた『職場の人間関係で悩む後輩の話』の続きです。

さて、相談を受けた私は本人に一つだけ次のようなアドバイスをしました。

『自分だけで何とかしようと思わずに、すぐにもう一度、所属部署の上司に相談するように…』

このアドバイスには二つの意味があります。
一つは、前回相談した際には、人間関係の問題で退職まで考えるほど深刻に悩んでいるということが上司には正しく伝わっていないのでは?と思ったからです。
二つめの理由は、改めて本人から直属の上司に相談する際に、私に相談したことを報告してもらうためです。
まわりくどいようですが、問題解決のためには≪事をきちんと荒立てる≫事が必要な時もあるので、筋を通したということでしょうか。

その後の結果ですが、数名の管理職で話し合い、部署内での簡単な人事異動(本人は移動しない)を行うことで問題の解決となりました。
本人も元気を取り戻し、移動に伴うトラブルも今のところないようです。
人間関係のトラブルがきっかけの人事移動でしたが、私としてはむしろ社員のスキルアップにつなげることを目的として捉えていたので、結果として良かったのではないかと思っています。

ただ、今回の問題で少し気になることがありました。
それは、職場の人間関係についてなのですが、確かに皆が仲良く仕事ができれば良いにこしたことはないのですが、元々気が合う人ばかりが集まっているわけではないのですから、必要以上に≪仲良くする≫ことにこだわっていては仕事など出来ないということです。

すべての人と仲良くする…、すべての人に好かれたい…
人間関係で悩むことが多い人には、このような思いがあるのではないだろうか?
現実には不可能な≪すべての人と仲良く≫しようとしても苦しくなるだけなのだと思う。
特に仕事においては、好かれることより信頼されることの方が大切なのだ。
大切なのは皆と仲良く仕事をすることではなく、きちんと職務を遂行することなのだ。(仲良くする事はもちろんいいことなのだけれど)
そのために必要な人間関係は、プライベートでの家族や友人との関係とは異なるものだと理解しておかなければいけないと思う。

職場の人間関係で悩むことが多い人は、職場の人間関係に多くを望み過ぎてはいないだろうか…?
そういう人は職場以外での家族や友人との関係はどうなのか?一度よく考えてみるといいと思う。

う〜ん…(-_-)
このブログを書くのに相当時間をかけて何度も書き直したのだけれど…、はっきりいってダメダメですね〜(-_-;)
自分でも何を書いているんだかわからなくなりました。
削除しようかとも思ったのですが、自戒の意味も込めて公開する事にします。
遊びのネタだと筆が進むんだけどなぁ…(-"-)




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:16 | 🌁 | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

職場の人間関係って難しい…?

ここ最近、会社の後輩から悩み相談を受けました。
その悩みとは職場の人間関係のことです。

先に言っておきますが、私がカウンセリングの勉強をしていること、資格を持っていることは、会社ではごく一部の部下しか知りません(隠しているわけではないです)。
ですから、管理職の立場で相談を受ける事はあっても、カウンセリングをすることは原則的にありません。
以前はそのあたりが自分でも曖昧になっていて、会社の管理職なのかカウンセラーなのか職場の仲間なのか、自分の立ち位置が区別できていない状態で色々な相談を受けてしまい、結果的に相手にとっても自分にとっても良くない事に気付いたのです。
ちなみにこのことは岡田法悦さんのゲシュタルト・セラピーのワークを受けたことで気付きました。

現在は、会社で相談を受ける時は社員としての自分の立場を自覚して相談を受け、カウンセラーとしての自分を意識するときは社外で個人的に相談にのるように区別しています。

少し前置きが長くなりましたが、後輩の悩みとは簡単にまとめると次のようなものでした。

・一緒に仕事をする機会が多い、二人の同僚と気が合わない。
・かなり露骨に仲間外れにされたり、仕事で非協力的な態度をされている。
・上司からはリーダー的な役割を要求されているが、他の二人の方が先輩(本人は数年前に途中入社している)であること、三人とも役職のない社員であることから、リーダーの責任を果たそうとしてもうまくいかない。
・上司に相談しても「それぐらいのことは自分で何とかしなければダメだ、上手くやってくれ」といってそれ以上の対応をしてもらえない。
・この状態で仕事をするのは耐えられないので、限界が来たら退職することも考えている。
と、以上のような相談内容でした。

まあ、どこの会社でもありがちな問題、と言ってしまえばそうなのですが、傍目にも最近は元気が無い様子だったので、当人はかなり深刻に悩んでいることは間違いないのです。

では、相談を受けた私はどう対応すればいいのか…、ということなのですが、実は彼と私は所属する部署が違うのです。
小さな会社なのですが、それでも私が他の二人に直接話をするようなことはあまり適切ではないので、そのあたりが少し難しいところです。

この問題は、既に解決に向かって大きく動いているのですが、この先はまた改めて日記に書きたいと思います。
中途半端で申し訳ないのですが、ブログをご覧の皆さんも『自分が本人なら…』、『自分が相談を受けたら…』というお気持ちで一度考えてみるのもいいかも知れません。

それにしても職場という限られた環境では、いやでも毎日顔を合わせなくてはいけない訳です。それだけに人間関係のトラブルを抱えてしまうと非常に辛いものがありますよね〜(-_-;)

紅玉.JPG

★最近≪紅玉≫という酸味の強い懐かしい味の林檎を良く食べています。ダイエットはやや停滞気味…いや、むしろ増加傾向なので何とか歯止めをかけなくては…と、少々焦っています(+_+)

では、お休みなさい(-_-)zzz
おおっと!お休み前にプロフィールの下の『にほんブログ村』をポチッとお願いしま〜す\(-o-)/

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:21 | 🌁 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

アルコールバーナー

ネット通販で買い物をしていたところ、面白いものを見つけてつい衝動買いをしてしまいました。

★こちらがその面白いものです↓↓↓

トランギア・アルコールバーナー.JPG 五徳.JPG

写真を見てこれが何かわかった人は、なかなかの《通》ですね。

★これはこのように使います↓↓↓

五徳とバーナー.JPG コッヘルとバーナー.JPG

お分かりになりましたか?
これは『アルコール・バーナーと専用五徳』なのです。

で、何に使うかというと、お茶(珈琲)を沸かして飲むために使います(^^)
若い頃からアウトドアで遊ぶ事が好きだったので、キャンプ用のガスバーナーは持っていました。しかし最近は近場の山歩きや自転車ツーリングで遊ぶことがほとんどなので、携帯に便利な小型のガスバーナーを探していたのですが、なかなか高価なのと専用のガスカートリッジしか使えないのは何かと不便があり購入をためらっていたのです。
そんな時に、たまたまこの『アルコール・バーナー』を見つけて思わず買ってしまったという訳です。

写真では分かりにくいですが、子供の手の平に載る大きさ(直径7,5cm)でシンプルな構造、侮れない火力、、ガスカートリッジのようなゴミが出ない点など、私の使用目的にぴったりです。
スウェーデンのトランギアというメーカーが半世紀近くも作り続けているもので、バーナーと五徳で約3500円とお値打ちなのです。
早速お湯を沸かしてみましたが、珈琲1杯分なら2〜3分で沸騰しました。

これから本格的に寒くなりますが、秋冬の季節の方が空気が澄んでいてアウトドアで遊ぶのには夏よりも向いています。
11月頃に≪自転車ナイトツーリング≫を予定しているので、その時はのんびりとお湯を沸かして、熱い珈琲が飲めることでしょう(^.^)/~~~

実はもう一つ、ついでに購入した面白い?ものがあるのですが、また機会があればご紹介したいと思っています。

興味が無い人には全く意味のない、おやじの買い物の話でした。

アルコールバーナーの炎.JPG


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:42 | 🌁 | Comment(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

にほんブログ村

『怒涛のブログ!!』などと名付けて2日間で6件の日記を書いたのですが、すっかり息切れしてしまいました。
やはりおやじに無理は禁物ですね…(-_-)
とても身体が持ちませんので『怒涛シリーズ』はひとまず終了です。

ところで、この度「にほんブログ村」に登録してみました。

「登録したらどうなるのか…?」

う〜ん…、自分でもよく分かりません。
パソコンの師匠(コン太郎)のブログ『ブラックバス料理研究所 ゴムボート釣り部』に「にほんブログ村」のマーク??が貼りつけてあったので「オレのブログにも貼りたい!」と頼んで登録することにしたのです。

コン太郎はPCの師匠であると同時にオレの仕事の部下なのですが、近々《ISO品質管理システム何とかホニャララ…》の審査があり、オレから全ての書類作成を丸投げされて、やや(かなり?)テンパっているのですが、その合間にオレのくだらないブログをあれこれいじってくれているのです。

二人でPCの画面を見ながら「あ〜でもない…、こ〜でもない」と言っている様は、傍から見れば《ISO品質管理システム何とかホニャララ…》の書類作成に勤しむ上司と部下の姿に映っていることでしょう(^_-)-☆

おっと!勘違いしないで下さい、もちろんこれは休憩時間の話ですよ!!

と言い訳しつつ、せっかくですので右側のプロフィールの下にある「にほんブログ村」のマークをポチッとして下さいね(^u^)

ポチッとしたらどうなるかって?

私も知りませんが、きっと何かいいことがあるんじゃないかなぁ…

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:39 | 🌁 | Comment(0) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

怒涛のブログ第6弾!!『中級講座はオーラが違う!』

18日の日曜日から『竹内成彦先生のカウンセリング中級講座』が始まりました。

カウンセリング中級講座@.JPG  カウンセリング中級講座A.JPG

足かけ8年にわたって行ってきた『カウンセリング基礎講座』の卒業生の皆さんからの「さらに上の勉強会」を強く望む声に後押しされるように、竹内先生と竹の子会が満を持して開催したのが今回の『中級講座』なのです。

こうした講座の始めには竹の子会の副会長として、私が簡単なご挨拶をさせてもらうのですが、いつも適当な事を話して笑いを取ったり、スベったりしながら「では竹内先生お願いします」となるのです。
今回もいつものように始めの挨拶をしようと前に立ったのですが…

うっ!何なんだ…この張り詰めた雰囲気は(;一_一)

受講生の皆さんの姿勢も目つきも顔つきも…全てが違うのです。

ふと横を見ると、竹内先生もスーツにネクタイ着用ではありませんか!!

一瞬、受講生の皆さんが発するオーラに飲み込まれそうになった私ですが、すぐに気を取り直しました。

「だって私が講師を務めるわけじゃないんだもんね〜(^.^)/」

ということで、いつものように脱力感満載の適当な挨拶をしてすぐに竹内先生にお任せいたしました。

それにしても今回の受講生の皆さんの中には、ただ者じゃない雰囲気を醸し出している人もちらほらと…(この人何者?って雰囲気です)。

始まる前には、以前東京で竹内先生の研修と懇親会にご一緒させていただいた、女性カウンセラーのK先生に挨拶してもらいました(^^)v この講座を受けに、東京からわざわざ来て下さったのです。
最後列でゆっくりと扇子を煽ぎながら静かに前を見据えるその姿からは、この日一番のオ〜ラが漂っていたように感じたのは、私の気のせいでしょうか(?_?)

次回も皆さんお気をつけていらっしゃって下さいね。
私も皆さんに負けないように気合を入れて挨拶しようと思っています。


ふ〜っ『怒涛のブログ』も何とか第6弾まで来ましたか…(^。^)y-.。o○

『怒涛シリーズ』…なんか意味あるのかと言われたら、特にないです。
まぁ、しいて言えば、自分に勢いをつけるため…ですかね。

ではまた明日 眠い(睡眠) 夜

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:17 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒涛のブログ第5弾!!『高所恐怖症と高所恐怖癖の違いとは?』

仕事の昼休みに近くのコンビニへ買い物に行く途中に、ふと見上げると○△電力の方たちが鉄塔の上で作業をしていました。

高所作業の人たちA.JPG  高所作業の人たち@.JPG

★やや分かりにくいですが何人かの方たちが鉄塔の上で作業しています

高いところが苦手な私は、見ているだけで力が抜けそうになってしまいました(~_~;)
それにしても仕事とはいえ感心してしまいます。
まさに命がけのプロの技といったところですね〜(^u^)

ところで、遊園地の観覧車に乗っても足がすくんでしまう私は、自分のことを[高所恐怖症]だと思っていたのですが、改めて考えると「恐怖症」というからには立派な「心因性の心の病」なわけです。
自分は高いところが苦手であることに間違いはないのですが、はたしてそれが病的なものかと言われると…(?_?)(?_?)(?_?)

そう思って少し調べてみると、どうやら私のようなタイプは「高所恐怖癖」といって病気ではないようなのです(やっぱりね(^。^)y-.。o○)
高い場所で本能的に危険を感じ、怖がるのは人間の本能として正常な反応なのです。

では、本当の「高所恐怖症」はどうなのかというと、一般的に見て殆ど危険と感じられない高さや状況でも恐怖を感じ、社会生活に困難を生じる状態…というのが正しいようです。
こういった真正の「高所恐怖症」の場合、普通の階段も上がれなかったり、数10pの高さでも恐怖にかられてすくんでしまったりパニックに陥るケースも少なくないようです。

しかし「高所恐怖症」については、他の神経症(ノイローゼ)のように何らかの心因的な要因(精神的な葛藤や環境など)が原因としてあるものと違い、危険に対する防衛本能が何らかの体験(高い所から落ちそうになったとか)をきっかけに過剰に反応するようになっただけのケースが多い、という考え方もあるようです。
その場合は≪訓練を繰り返して少しづつ慣れる≫という対処が非常に有効なのだそうです。

やはり心の病といっても簡単に一くくりに出来るものではないようですね。
当然、その対処の仕方も様々だということです。

近頃は、高層マンションで育った子供などには「高所平気症」といって、危険な状況を危険と感じない症状も見られるそうです。
平気ならいいじゃん(・・?と思いがちですが、実際には「高所平気症」の方がずっと危険で、実際に事故につながることも少なくないそうです。

★ヘビやカエルなどのヌルヌル系爬虫類がメチャメチャ苦手な知人がいるのですが、以前ふざけて小さなヘビの死骸を投げつけたら、本当に腰を抜かしてしまい、逆に私が驚いたことがあります。
良い子の皆さんは決して真似しないようにね(^_-)-☆

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:13 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

怒涛のブログ第4弾!!『迷惑メール撲滅大作戦!?』

先月のブログで迷惑メールについて書いたのですが、その後も一向に減る様子もなく毎日30件以上もの迷惑メールが届くようになってしまいました。
チマチマと削除するのもいい加減嫌になり、思い切ってメールアドレスを変えてしまうことにしました。

変更後の30日間は、以前のアドレス宛てのメールも届くような設定も出来たのですが、ここは男らしく『スパッ!!』っと古いアドレスへの受信は拒否するように設定しました。

結果は、当然と言えば当然なのですが、迷惑メールはもとよりメール自体が全然届きません。
よ〜く考えると(考えなくても)いくつかのメルマガやネット通販などでメールアドレスを登録しているところには、アドレス変更の手続きをしておいた方がいいことに気付きました。

という訳でまずは≪竹内成彦先生のメルマガ申し込み≫を真っ先に行いました。
こちらには竹内先生の大変ためになるお話や、研修、勉強会の最新情報などがいち早く届けられるのです。
カウンセリングや心身の健康に興味のある方はぜひ登録をお勧めします(^^)v

さて、その後はネット通販の利用先にアドレス変更の手続きをしたのですが、またしても何とかIDとかパスワードとかで手こずり、やっとのことでひと通りの対応を済ませました。

今回の『迷惑メール撲滅大作戦!?』で感じたのは、インターネットで簡単に多くの情報が得られる半面、不必要な情報や実害のある情報まで無制限に取り込んでしまう可能性がある、ということです。

インターネットという便利なツールを正しく使いこなすには、使い手にその情報を見極める能力が要求されるのですね。

『擬態うつ病』という本を書かれた精神科医の林公一先生
Dr 林のこころの相談室http://kokoro.squares.net/というサイトで心の病についてのメール相談を公開しておられます。

そこで林先生は度々このようなことを仰っています。

『インターネットの情報を、実際に治療を受けている医師よりも優先されることは治療にとって大きなマイナスです。そのような方には私のサイトも有害サイト以外の何ものでもないので見ないでいただきたい』

ちなみに『擬態うつ病』については、竹内先生のカウンセリング中級講座で詳しく学ぶことができます。



擬態うつ病 (宝島社新書)

擬態うつ病 (宝島社新書)

  • 作者: 林 公一
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 新書




にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:36 | 🌁 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒涛のブログ第3弾!!『エゴグラム』

もう2週間ほども前の事なのですが、とある研修で久し振りにエゴグラムをやりました。

エゴグラム??という方はこちら→☆★☆をクリックね(^^ゞ

結果は自分でも驚くほどの典型的なNPをピークとした「ヘの字型」
つまり『自己肯定タイプ』ということになりました。
もっと分かりやすく言えば「対人関係が上手くいきやすく、適度に自己表現もできる円満タイプ」ということでしょうか。

う〜ん…(=_=) これまで何度かエゴグラムによる自己分析をやったことはあるのですが、ここまではっきりとした『自己肯定タイプ』のパターンになったことはなかったのですが…

ただ、カウンセリングをずっと(と言ってもまだ4〜5年のことですが)勉強してきて最近よく感じるのが《以前より言いたいことをはっきり言うようになったなぁ…》ということです。

以前は「こんなこと言っちゃあいけない」とか「これを言ったら困ったことになる」などと思って小さな?胸にしまっておくことが多かったのですが、近頃はあまりそんなことを考えなくなって、結構あっさりものを言うようになってきました。

別に意識して変えたつもりはないのですが、気がついたら少しづつ変わっていたという感じですかねぇ…(?_?)

そのことが良いか悪いか…
まぁ、良いも悪いもないのでしょうが、結果的に悩むことが少なくなったのは事実かと思います。
以前は抱えきれないほど悩みを抱えていましたから、その頃に比べるとようやく自分で抱えられる程度になってきたというくらいです。

性格なんてなかなか変わらないと思っていましたが、あながちそうでもないみたいですね。

性格と言えば竹内先生の性格についてのお話は何度聴いてもメチャメチャ面白いです。

今月から始まった『カウンセリング中級講座』では、いったいどんなお話が聴けるのか…
昨日の「新コース・第1回」の内容が気になるところですが、来月からの「本コース」まで楽しみにしておくことにしましょう(^^)


もう夜中の2時を回ってしまいました。
さすがに明日の仕事にさしつかえそうなので怒涛のブログの続きはまた明日。

ではお休みなさい眠い(睡眠) 夜
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 02:03 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒涛のブログ第2弾!!『メガネ失くした〜』

メガネ失くしました…(-_-;)


よし!5W1Hの手法で探してみるか!

誰が?(私が)、何時?(夕方かな)、どこで?(知るか!)、何を?(メガネを)、なぜ?(はぁ?)、どうやって(だから知るかって(ーー;))、いくらで(安物でしたがそれがなにか?)

う〜ん…、5W1Hは探しものには役に立たないなぁ


実はメガネをかけ始めたのは1年ほど前からですが、普段はほとんど使っていません。
それほど視力が悪いわけではないのですが、年齢と共にやはり時々気になるようになってきて…

夜、車の運転をする時に乱視用のメガネをかけます。
そして本を読んだりパソコンに向かうときには老眼鏡を…眼鏡

今回失くしたのは、その老眼鏡の方なのです。

無くても何とかなるのですが、やっぱり不便を感じることもあって、近いうちに新しいメガネを買おうと思っていたのですが、今日の夕方スーパーの100円ショップで老眼鏡を見つけて思わず衝動買いしてしまいました。

100円ショップのメガネ.JPG


何種類か度数の違うものがあって適当に合わせて買ったのですが、結果的には『安物買いの銭失い』ってことになりました。

しっかり自分に合うものを探せば良かったんでしょうが、適当に買ってしまったのがいけなかったようですね。
今度は目医者さんに行って、しっかり視力の状態を調べてもらってから、ちゃんとしたメガネ屋さんで買おうと思います。

ちなみに、老眼なんて書くのには少々抵抗があったのですが、「老眼…ろうがん…ロ=ガン…」などと頭の中で繰り返しているうちに、こんな楽しい?サイトを見つけました→http://demo.lonio.us/joyman/
≪ジョイマン風ゆるRAPジェネレータ≫というサイトです。

\(-o-)/ナナナナー、ナナナナー♪OK 老眼 正露丸♪

さあ、あなたもご一緒に〜\(-o-)/
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:03 | 🌁 | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

怒涛のブログ第1弾!!『嵐が去って…』

台風18号が嵐のように《って嵐なんだけど》過ぎ去ってから、私のブログもどっかに行っちゃったようです(?_?)

気がつけば、もう十日もブログの更新をしていないではないですか…(>_<)

今日から始まった「カウンセリング中級講座」のお手伝いで1カ月ぶりにお会いした竹内先生にも言われてしまいました。

「最近ブログ書いてないですねぇ〜(^^)」


うう…その通りです
先月は約1年前にブログを始めて以来、最高の更新件数だったのに…

よ〜し!こうなったらもうヤケクソで書いて書いて書きまくってやるぞ〜<`ヘ´>

と思ってパソコンに向かったものの、アマゾンで買い物したり、携帯メールの返事を打ったり、コーヒーを飲んだり、煙草を吸ったりしているうちにもう日付が変わろうとしているじゃあありませんか(^。^)y-.。o○

明日も仕事がある事だし、無理せず今日のところはここまでにしておくかな…夜

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:56 | 🌁 | Comment(1) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風18号!!

台風18号がやってきて、我が家のあたりを通過して、そして日本列島を縦断しているようです。

昨日の夜、会社で台風対策を済ませて帰宅すると、我が家の雨戸が全部しまっていました。

「この家、雨戸あったんだ〜」

私のとぼけた言葉を聞いて妻はあきれていました。

子供たちはすっかり休みモードに入っていて、夜更かしする気満々です。
長男はテスト中なのに・・・

明け方前にもの凄い風音と家の揺れを感じて目が覚めました。
庭の愛犬が気になり、懐中電灯で照らしてみると何とか犬小屋も飛ばされること無く、小屋の中で丸まっていました。

そのまま眠れずにテレビを見ていると突然プツンと・・・??
停電ですたらーっ(汗)

しばらくすると外は白々と明るくなり、風もややおさまってきたようです。
会社の様子も気になったので、少し早めに出勤しました。
幸いたいした被害は無かったようです。(それでもガラスが割れたり、シャッターが歪んだりと、多少のことはありました)

社員やパートさん達も無事に出勤してきて、いつものように仕事が始まりました。

それにしても自然の猛威ってやつはすごいですね。
普段何事も無く過ごしていますが、一旦自然がキバをむくと人間の力ではどうしようもないことになってしまうのですね・・・。

ろくに地震対策もしていない我が家ですが「準備あれば憂い無し」というように、やはり日ごろから対策しておかなくては・・・。

停電は午前10時半ごろに復旧したようです。

皆さんも日ごろの災害対策を怠り無くひらめき
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 13:00 | 🌁 | Comment(2) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

会議では喋りすぎない!!

今日は午後3時から7時頃まで仕事の会議でした。
月に一度の定例会議なのですが、議題が多くちょっと長くかかってしまいました。

実は会議の時にいつも気を付けていることがあります。
それは[あまり喋りすぎないこと]です。

カウンセリングの勉強で[聴くこと]を学んでいる私ですが、本当は話す方が好き…というより、どちらかというと口が達者な方なのです。しかも本来は相当理屈っぽいです。

口が達者な方が仕事上では有利なのでは…、と思われる人もいるかもしれませんが、そうとも言えるし、そうでないとも言えます。

仕事では(仕事以外でも)、いくら口が達者でも行動や結果が伴わなければ「あいつは口だけのヤツ」とみなされます。

また、口が達者で理論家の人は、ついつい相手をやりこめて自分の意見の正当性ばかりを主張したがりますが、いくら論理的に正しいようでも結局その人の主観でものを言っているので「私にとって正しい事は、誰が考えても正しいはずだ」という、相手の立場を無視した独りよがりな意見になり易いのです。

さらに言えば、上司は自分より口の上手い部下は使いづらいと思っていることがほとんどです。
私自身も自分のことは棚に上げて、やたらと口が達者な人間を見ると「信用出来ねぇな、コイツ…」とか思ってしまいます。
だから、なるべく余分な事は言わず必要な事だけ単刀直入に話すように心がけています。

とは言うものの、会議などで話し始めるとついつい言葉が続いてしまい、話しながら自分で「あ〜ぁ、またペラペラしゃべってるよ…オレ…」と思ってしまうこともしばしばなのです(-_-;)

やたらと饒舌な人よりも、少したどたどしいくらいの話し方の方が、聴く人の心に響くような気がするのですが…

こうして文章を書いていても、なんだかくどくど長ったらしくて嫌になりますね〜(*_*;
「よ〜し、添削して余計な文章をそぎ落とすぞ!」と思ったのですが、全部どうでもいいことばかり書いている事に気づいたので、添削するのはあきらめます。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:09 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

アケビの実

今日は秋晴れの清々しい(ちょっと暑かったけれど)日曜日でした。

今朝は私にしては珍しく、眠くて眠くて仕方ありませんでした。
でも、こんな天気の良い日に外に出かけないのは勿体ないので、9時には家を出て、のんびり自転車でポタリングに出かけました。

いつもの里山をめざして、のんびりと…本当にのんびりと自転車をこいで行きました。

里山の中腹まで来ると自転車を降りて、あたりの風景を眺めたり煙草をふかしたりしながらのんびりと歩きました(^。^)y-.。o○

いつもたわわに実をつける柿の木があるのですが、今年は二つの実が残っているだけでした。
誰も食べないので勝手にもいでいいものだと思っていましたが、どうやらこの柿の木にはちゃんと持ち主がいたようです…^_^;
写真だけでもと思い柿の実をさわっていると、枝からポトッと落ちてしまったので(偶然です(^^))しかたなく貰って帰ることにしました。

柿の木.JPG 柿.JPG

しばらく行くと今度はアケビの実を発見しました。
苦労して二つほど収穫しましたが、まだ実が開いていませんでした。
残念ながら熟して実が開いたものは、高くて手の届かない場所にあったので取るのはあきらめて写真におさめました。

アケビの実.JPG アケビ.JPG

再び自転車に跨ってのんびり(今日はのんびりが多いですね)山道を登って行きましたが、昼前には家に帰りたかったので今日は山頂の手前で引き返すことにしました。
それでも17kmほどの距離を走り、気持ちの良い汗をかくことができました。

家に帰って収穫した柿とアケビの実を玄関の鉢植えの横に置いておくと、それを見つけた祖母が「明日の絵画教室に持って行きたいのだけれど…」と聞いてきました。
何か絵のモデルになるものを探していたそうです。
絵を描くので、葉っぱがついているところがとても良いそうです。

どうせ食べられないので(柿は食べられますが)「あんなもので良かったら持って行きな…」と返事をするととても喜んでいました。
苦労して取ったアケビの実が役に立って良かったです。

この季節は自転車に乗るには最高の気候なので、次の休日には少し遠出をしてみたいと思っています。

蟷螂.JPG 薊.JPG

今日の収穫.JPG
 


昨日は「〜こころの居場所〜 AICHI自死遺族支援室」さん主催のセミナーに参加して来ました。詳しい事はまたブログに書きたいと思っています。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 20:23 | 🌁 | Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母の命日に思ったこと

10月2日は母の命日でした。

自宅からそう遠くはないところにお墓があるのですが、めったにお参りに行かない親不孝者です…(>_<)
昨日は仕事が終わってから、雨の中を独りでお参りして来ました。

以前よりお墓の数が多くなっていたせいもあり、久し振りなので少し迷ってしまいました。

雨に濡れながらしばらく手を合わせていましたが、自然に心の中で静かに「ありがとう…ありがとう…」とつぶやいていました。

それは亡き母に向けての言葉でもあり、今、家族が仲良く元気に暮らしていることに対する感謝の気持ちでもありました。
生前も含めて母に「ありがとう」と言葉をかけたのはそう多くはなかったと思います。

母が亡くなって、私や家族の暮らしも私自身も大きく変わりました。
あたりまえのように思っていた日々の生活が、決してあたりまえでなく幸せな日常であったことを母を亡くしたことで知ったのです。

私が何気ない普段の生活の中でも幸せを感じることができるのも、家族が仲良く元気でいてくれるだけで有り難いと思うことができるのも、亡くなった母のおかげかもしれません。

2009_1002_174134-SANY0002.JPG



しばらく墓前に手を合わせてから家に帰りました。
すでに夕食の準備ができており、家族で食卓につきました。
会社が近いこともあり、週の半分以上は家族で一緒に夕食を食べます。

食事をしながら、ついさっき塾から帰ったばかりの次男が、勉強時間とゲームをする時間のことで相談してきました。
結局、勉強した時間だけゲームをしてもいい事になりました。
甘い親かもしれませんが、次男にしてみればそれでも大変な事なのです。
今度は塾の時間を勉強時間に入れるのかどうかで、妻ともめています。

親も子供もあまり出来がいいとは言えない、ありふれた普通の家族ですが、明るい蛍光灯の下で食卓を囲む姿に幸せを感じずにはいられません。
しかし、この幸せが永遠に続くものではないことを私は良く分かっています。
だからこそ、今の生活を幸せと感じる心、そして感謝する心を持てるのだと思います。

相変わらず次男と妻はさっきの話題で言い争っています。
来春の高校受験を控える次男にはもっとしっかり勉強をして欲しいと、妻は心配しているのです。

そんな妻や私の気持ちを知ってか知らずか、中学3年の次男はテレビに顔を向けながらご飯を食べています。

その横顔を何とはなしに眺めながら、ずっと昔の10月2日のことを思い出していました。

母を亡くしたあの日、今の次男と同じ14歳の私は何を思っていたのだろう…
今の私なら、あの時の14歳の自分に何と声をかけるだろうか…
考えても良い答えは見つかりませんでした。

あの日から、再びこうして自分の家族に囲まれて幸せを感じるようになるまでの長い道のりを思いおこすと、やはり家族に対して「ありがとう」と思わずにはいられません。

「今日はお墓参りに行って良かった…」

そう感じた平成21年の10月2日でした。


お墓参りに行こうと思い立ったのは、竹の子会の先輩会員であるまゆこさんのこんなブログ
http://algernon1014555.blog63.fc2.com/blog-entry-21.html
を拝見したおかげかもしれません。
まだ開設間もないブログですが、ブルーのバックが何となくゴージャスな感じで、とても素敵なブログです。
まゆこさんらしいズバッexclamationと切れのいい文章が心地よいでするんるん

まゆこさんのブログはこちらをクリックして下さい
Life is beautiful!


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:44 | 🌁 | Comment(3) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする