2009年09月29日

仕事[ON]と私事[OFF]

昨日あたりからスッキリしない天気です曇り
雨は嫌いではないのですが蒸し暑いのが苦手なので、何だか気分もスッキリしません。
夏の間はかなりのんびり(暇)だった仕事も、ここ最近はちょっと忙しくなってきました。
仕事柄、これから年末にかけてはどんどん忙しくなってくると思います。

うんと小さな会社の管理職なので色々な仕事をしているのですが、その全部をきっちりやろうとしても無理な話です。
「きっちりやる仕事、適当にやる仕事、後回しにする仕事、上司(私の場合は社長ですね)に言われるまではやらないでおく仕事など」と上手く優先順位を決めて進めようとしているのですが、商品クレームの対応などの急な仕事が入ったり、思うように仕事がはかどらなかったりでバタバタすることが多いです。
まあ、そのバタバタを上手に処理するのが私の仕事のようなものなので仕方がありませんたらーっ(汗)

忙しくなるに比例して、仕事のストレスもどんどん溜まってきます。
仕事以外の時間にも頭の中が仕事のことで一杯になってくると、かなり危険な状態ですどんっ(衝撃)
そうならないように[ONとOFF]を切り替えることがとても大切だと思っています。

私にとっての[OFF]を思いつくままに書き出してみました。

里山を歩く・自転車に乗る・半身浴をする・仕事以外の友人とお酒を飲む・カウンセリングの勉強をする・本を読む・映画を見る・家族と過ごす・犬を可愛がる・仕事以外の友人とお茶を飲む・ブログを書く・自転車屋さんの大将と世間話をする・漫画喫茶に行く・歯医者に行く・ひとりでドライブをする・料理を作って家族と食べる…

う〜ん…他にもあると思いますが、まあこんなところでしょうか…

以前は会社の人達とお酒を飲んだり、遊んだりすることが多かったのですが、どうしても仕事の話題(やっぱり愚痴や誰かの悪口などが多くなりますね…)ばかりになってしまうのと、あまり馴れ合いになりたくない気持ちもあって次第に離れていくようになりました。
今では、ごく一部の人を除いて会社の人間とは職場以外での付き合いは殆どありません。
別に仲が悪いわけではないです。基本的に部署を問わず会社の人間とは仲良くしています。
ただ、仕事以外の時間に一緒に過ごさないようになっただけです。

[OFF]の世界を持つことは、仕事のストレスを仕事以外の場に持ち込まないためにも意味のある事だと思います。

最後に[OFF]の世界を持つための私なりの秘訣をお教えしましょう。

@孤独を怖がらないこと。
 ひとりの時間を楽しむように心がけましょう。[OFF]のスタートは 孤独から始まるのですモバQ
A出来るだけ嫌な事はしないこと。
 我慢するのは仕事だけで十分です。私事の時間は楽しむ時間です。
B興味のあること、人、場所、に積極的に関わるようにしましょう。
 [OFF]の世界がパチンコ屋…だけでは寂しいです。ただ面白可笑し く時間を浪費するのが[OFF]ではありません。

仕事は自己実現のためにとても大切なものです。
しかし、仕事によるストレスや自己実現が果たせなかった場合に、どこにも自分の居場所がなくなってしまう事はとても怖い事でもあると思います。
もちろん「仕事こそが自分の全てなんだ」という生き方がいけない等と言うつもりはありません。
大切なのは「幸せのために何かをしているかどうか」です。

辛かったり、悩んだりしながら感じる幸せもありますから…かわいい

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:32 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

締め切り間近!竹内先生の「カウンセリング中級講座」

昨日は久しぶりに家族で香嵐渓までドライブに出かけました。

足助から稲武方面に向かう道にバイパストンネルが出来てから初めて通ったのですが、紅葉の時期などは香嵐渓周辺の道が狭くかなり込み合うので、渋滞の解消にはそれなりの効果があるのでしょう。

ただ、この日の目的は香嵐渓ではなく、その先にある「かしわ料理の花の木」で、この店の名物メニューの「焼き鳥定食」を食べることでした。

半身の鳥の丸焼きにご飯とみそ汁、おしんこがついて1400円です。(1年ほど前に来た時は1250円だったので、値上げしたようです)
他にもから揚げ定食、照り焼き定食などのメニューがあるのですが、この「焼き鳥定食」目当てに来るお客さんが多いようです。

この日も、私と長男は「焼き鳥定食を」を、妻と次男は「照り焼き定食」をいただきました。

焼き鳥定食.JPG 焼き鳥半身.JPG

食べる息子.JPG
★鳥の丸焼きと格闘中の息子★
シンプルに塩胡椒だけの味付けですが、皮がパリッと中はジューシーでとても美味しいです。
フライドチキンのように油で揚げていないし、味も濃すぎないので飽きずに食べられます。

以前私は自転車仲間とツーリングでここまで来たのですが、この日はオートバイのグループがたくさん来ていました。

お腹一杯で大満足のドライブでしたが、次男を除く家族3人ともダイエット中(長男は柔道の試合のための体重調整です)なので、本当はあんまり美味しいものは食べないほうがいいのですが…たらーっ(汗)

まぁ、たまにはいいでしょうるんるんまた頑張って運動することにします。


ところで、今日のブログタイトルは《締め切り間近!竹内先生の「カウンセリング中級講座」》だったのをすっかり忘れていましたあせあせ(飛び散る汗)

さて皆さん待望のカウンセリングルームwith・室長竹内成彦先生の「カウンセリング中級講座」ですが、11月からの本クラスは既に定員になりましたが、10月から始まる新クラスはまだ少し余裕があるようです。

来年の4月からは従来の「カウンセリング基礎講座」を行う事が決まっていますが、この「カウンセリング中級講座」は、この次の予定は全く決まっておりません。
☆たぶん次回もあるとは思いますが…、本当に先のことは決まっていません☆

ぜひこの機会に受講することをお勧めします。

「カウンセリング中級講座」の詳細、お申し込みはこちらをクリック
http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm

また、それ以外の講座、研修等のご案内はこちらです→http://www.f5.dion.ne.jp/~with/kouennyotei.htm

では、今夜も半身浴しながら読書をすることにします。
今読んでいるのは「加藤諦三・心の休ませ方」です。
それでは…いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:19 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

「睡眠」の公開講座を受けました

昨日は、日本赤十字豊田看護大学で行われた「睡眠」についての公開講座を受けてきました。
講師は豊田看護大学の教授で心療内科クリニックの院長でもある端谷毅先生です。

端谷先生の精神医学の講座を受講するのは「うつ病」「発達障害」「パーソナリティー障害」に次いで4回目になります。

「睡眠」という身近なテーマでしたが、医学的な見地からの「睡眠」についての講義は、専門的な医学用語などもあってやや難しい内容になるかと思いましたが、端谷先生のざっくばらんでわかりやすくユーモアにあふれたお話に、皆さん熱心に聞き入っていました。

講義において、端谷先生が繰り返しおっしゃっていたのは「質の良い睡眠をとることは心の健康にとても大切なことです」と言う事でした。

また、精神科医としての立場から「睡眠についての悩みがあれば、我慢せず遠慮なく専門医に相談してほしい」ともおっしゃっておられました。

実は深いレム睡眠は記憶や感情を整理し,その固定・消去をしているそうです。
そういえば小さな子どもが大人よりも良く眠るのも、たくさんの外部からの刺激や情報を吸収する時期という意味では理にかなっているのでしょうね。
確かに寝る子は育つといいますが、身体だけではなく脳も育っているのですね。

子供の頃、マンガ雑誌に「睡眠学習枕」なるものの広告が載っていました。

「寝ている間にどんどん勉強が出来て頭が良くなるとは…なんて便利な枕だろう」
と思ってはいたものの、私はシーモンキー笑い袋やブーブークッションといったおバカ商品により魅力を感じていたため購入することはありませんでした。

子供心にも「そんなもんで勉強が出来るようになるわけないじゃん(・_・)」
と思っていたのですが、もし購入していたら今頃はお医者さんか弁護士にでもなっていたかもしれませんね〜(^^)

ちなみに最近の私の睡眠は、今年の梅雨時からほとんど毎日続けている「寝る前の半身浴」のおかげですこぶる快調です。

今日もブログを書きあげたら、もう一度お風呂に入ってから寝るつもりです。いい気分(温泉)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:55 | 🌁 | Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ああ…[村さ来]の夜は更けて

昨日は三河湖ツーリングでへとへとになり早めのお風呂に入りましたいい気分(温泉)
しかし本番はそれからです。

6時から竹内先生竹の子会の会長Sさんの3人で、グループカウンセリングを行ったのです。
場所はいつもの居酒屋[村さ来]でした。

「居酒屋でグループカウンセリング??…、ただの飲み会じゃないの(・・?」

い〜や!違います、断じて飲み会などではありません!グループカウンセリングです、勉強会です!!
会長Sさんの激励会を兼ねた研修会なのです。

まあ、とりあえずの生中ビールと、どれでも105円均一(さすが村さ来)のチュ〜ハイを何杯かお代わりしましたけどね(^^ゞ

多少酔っぱらったほうが心身ともにリラックスして、自然体でカウンセリングが出来るというものですよ。
ジャッキー・チェンの酔拳パンチの極意でしょうか。

それにしてもこの飲み会、いや研修会あせあせ(飛び散る汗)は勉強になります。

カウンセリングを語り、人生を語り、そして映画を語り…

特に3人ともほぼ同世代で大の映画好きときては、映画の話題で盛り上がらない訳はありません。

と言うことで本日のブログは、昨夜それぞれが心に残る映画を語り合った、その名作の数々を貼りつけまくりたいと思います。
どれも本当に良い映画ばかりなので、ご覧になってない方はレンタル屋へ直行して下さい。

では、始まり始まり〜(^o^)/


☆ひまわり☆名女優ソフィア・ローレン主演の大人の映画です 

☆タクシードライバー☆ロバート・デニーロ凄すぎます!ジョディ・フォスターも可愛い


☆イージー・ライダー☆言わずと知れたアメリカン・ニューシネマの代表作


☆ストレイト・ストーリー☆私の個人的お勧めです(^^)/~~~


☆真夜中のカウボーイ☆竹内先生一押しの映画です(^^)ダスティン・ホフマンさすがの名演技

☆ダンサー・イン・ザ・ダーク☆ここまで救いのない映画って…独特の映像美はデンマーク映画ならでは?


☆燃えよドラゴン☆ブルース・リーは「アチョ〜」と叫んでただけではないのです

他にもたくさんの映画を語り合ったのですが、今回は洋画を中心にご紹介しました。

『最近の映画(特にハリウッド映画)は、CGの使い過ぎと昔の映画のリメイクばかりでつまらん(`´)もっと骨太なオリジナル映画を作ってくれ!』
『やっぱり60年代〜80年代にかけての映画はよかったなぁ〜いまどきの若いヤツ(映画)はなっとらん<`ヘ´>』

おやじ3人がチュ〜ハイ片手に、声を揃えてぼやきまくるうちに、「村さ来」の夜は更けてゆくのでした夜

今回の飲み会、いや勉強会について竹内先生がこちらの日記→http://kokorowith.seesaa.net/article/128524617.htmlで私(おやじカウンセラー)のことを褒めてくれました。
おやじのくせに短パンばかり履いていても、たまには良い事を言うのですよ…ふふふ(^。^)y-.。o○



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:06 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の三河湖!自転車地獄?

9月20日(日)、今日から3日間のシルバーウィークに突入です。
休日初日の今日は、趣味の自転車で三河湖までツーリングに行ってきました。

普段は一人で走ることが多いのですが、今日は職場の部下でブラックバス料理研究家でもあるコン太郎、取引先の営業マンで柴犬と二人?暮らし(ちょっと前まで家族4人暮らしだったのにね犬人生色々です)のバラちゃん、そして私の3人で三河湖までの旅に出かけました。
☆コン太郎のブログはこちら→http://basucooking.seesaa.net/article/112710516.html


自転車で三河湖まで走るのは2年ぶりぐらいでしょうか…
年に2〜3回は行っていた時期もあったのですが、何しろ60q以上の距離があり、行きのほとんどが登り坂のため私にとってはかなり気合を入れて挑むコースなのです。
この日のために新品タイヤに変えた愛車に跨り、朝の8時前に出発しました。
バラちゃん・おやじ・コンちゃん.JPG


素晴らしい秋空の下、快調にペダルを回す3人ですが、岡崎の駒立ぶどう園を過ぎたあたりから延々と続くなだらかな登り坂に入ると、早くも私とバラちゃんは息が上がり始めペースダウンですたらーっ(汗)
何度か休憩を取りながら、何とかかんとか11時過ぎには三河湖に無事到着しました。

三河湖A.JPG 三河湖@.JPG

近くのドライブインで昼食をと思っていたのですが、珍しくもの凄い人出です。
何かイベントをやっているらしく各売店には長〜い行列が…
それでも何とか軽い昼食らしきものを食べることが出来ました。

今日の昼食.JPG 三河湖の湧水@.JPG

しばし休憩の後、湖の周辺を少し探索してから帰路に向けて出発しました。

三河湖にツーリングするといつも感じるのですが、行きにあれほど登り坂ばかりを走ってきたにもかかわらず、帰り道もけっこうな登りがあるのが不思議です。
行きですっかり体力を消耗した私には、帰りの登りはかなりキツいものがありました。
それでも何とか関門を過ぎ、後は快調に下りのライディングをかなりのハイペースで飛ばしながら(ハッキリ言って下りは得意です、前を走る車に追いつけそうです遊園地)ようやく3時過ぎに無事に出発地に到着しました。

本日の走行距離は『67km』

私にとっては久し振りの長距離ツーリングでしたが、快晴の下(ちょっと暑かったけどね)とっても楽しい旅でしたわーい(嬉しい顔)
コン太郎、バラちゃんお疲れ様でしたるんるん

仲間と別れて自宅に戻り、少し早いですが、お風呂に入りパンパンになった筋肉を癒しますいい気分(温泉)

そして風呂上がりに恒例の体重チェ〜ックモバQ

おお!こっこれは…exclamation

新記録です.JPG

9月7日のブログで久し振りに100キロを下回り、99,6sになったことを報告しましたが、本日は97,4sを記録しました。
もちろん一日中自転車で走り回った後なので、このまま維持できる訳ではありませんが…
しかし今年の春(5月頃)と比べて12kgは減っています。

う〜ん…それなのに誰も「やせたね〜」と言ってくれる人がいないのが寂しいですたらーっ(汗)

あと2日間の連休中も出来るだけ運動することにします。

目標体重まであと☆☆s!!

三河湖よりも遠い道のりであることは間違いありませんね〜モバQ
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 07:18 | 🌁 | Comment(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

竹内成彦先生のグループカウンセリング

シルバーウイークという言葉を今日覚えました。

勤め先は今日(土曜)も仕事で、来週の水曜日も仕事なので3日間の休みです。
私は午後から休みを取って、名古屋港ポートビルで行われた竹内成彦先生主催の『第3回グループカウンセリング午後の部』に参加して来ました。

名古屋港ポートビル.JPG


電車に乗り遅れて、開始時間ぎりぎりになってしまったので慌てて会場入りしました。

グループカウンセリングは今回が2度目の参加なのですが、8名の参加者(竹内先生と私を含めて)の皆さんの内、女性の方が4名です。

う〜ん、美()女揃いじゃありませんか(^^)v
前回参加した時も美()女ばっかりだったので、きっとカウンセリングを学ぶ人は美()女が多いのでしょう。
そうでなければ私の脳内化学物質の分泌に異常があるのかもしれません。
おそらく後者のような気がします(@_@;)

アイスブレイクを兼ねた自己紹介の後、早速アンゲームによる自己表現のプログラムが始まりました。

アンゲームをするのは今回で2回目ですが、とっても面白いです!私はこれが大好きです。
きっとそのうち自分でも買うと思います。

このアンゲームは、双六方式でサイコロの目の数だけ進み、止まったところのテーマや、めくったカードに書かれたお題の話をするのですが、その内容に話し手の素直な気持ちが出てくるので、その人を理解しやすくなり、また自分自身も他者に知ってもらう事が出来るのです。

アンゲームが終わる頃にはすっかり場の雰囲気が出来あがっていました。

今日のグループはズバリ《人生を楽しむ美()女軍団とその他男性陣》と名付けました。
☆()は目がチラチラしてくどいのと、脳内化学物質の分泌が正常になったので、以後は『熟女』とさせていただきます。

と、ここまで読む限りでは随分ふざけた勉強会だと思われるかもしれませんが、そうではありません。

この明るく楽しい熟女の皆さんも、それぞれが家庭の主婦として、子の親として、仕事を持つ社会人として、さらにはカウンセリングを学ぶひとりの人間として、様々な問題や悩み、苦労、トラブルを抱えているのです。

アンゲームの後に行われたグループカウンセリングで、そういった各自が抱える問題や、日頃の思いなどが語られました。


カウンセラーは他人の悩みや問題に対して、コミニュケーションによって援助する存在です。
しかし、そのカウンセラーもひとりの人間として、クライエントと同じように悩みや問題を抱えて生きているのです。

カウンセラー自身が自分の問題とどのように向き合っているのか、解決できない悩みを抱えてどのように生きてゆくのか…
カウンセラー自身が自分とどう向き合って生きているのか…

その姿勢は、必ずクライエントとのカウンセリングに表れるのです。
と言うより、自分自身と真剣に向き合う事の出来ない人に、他者へのカウンセリングなどできるわけはないし、する資格はないのだと思います。

自分に誠実に生きる。

自分の人生を生きる。

そうした自分を誤魔化さない生き方を望むほどに、様々な悩みや苦労を抱えてしまいます。
しかし、それでもなお、その辛い思いを抱えながら自分の道を歩む時に初めて私の人生を生きることが出来るのではないでしょうか。

《人生を楽しむ美()女軍団とその他男性陣》などとふざけたことを書きましたが、訂正します。

今日のグループカウンセリングに参加した皆さんは『自分の人生を必死に真剣にそして楽しく明るく生きる熟女軍団とその他男性陣』でした。



ワーク終了後、皆さんと記念写真を撮りました。
ブログで公開する許可をいただきましたので貼りつけたいと思います。

もしかしたら、このブログを山Pが見るかもしれません。
そして熟女軍団の写真に目をとめた山Pが…
あぁ…夢(妄想)が現実のものへ…

う〜ん…この文章は削除の申し出があればすぐに対応しますが、とりあえず書いときます(^.^)/~~~

全然、勉強らしくない勉強会でしたが、もの凄く勉強になった今日のグループカウンセリング。
各自のテーマの最後に、ちょっと一言だけ話される竹内先生の言葉は、やっぱりさすがでした。

もっと勉強らしい勉強がしたい、竹内先生のお話をたっぷり聴きたい。
そういう方はこちらの→『第1回カウンセリング中級講座』へのご参加をお勧めします。
「プロのカウンセラーも満足させる自信がある」と竹内先生がきっぱり言い切っておられました。
☆カウンセリングを離れた竹内先生は、とても控えめで遠慮がちな方です☆

実は明日もグループカウンセリングに参加する予定です。
明日は相当ハードな勉強会になりそうなので、今夜はゆっくり休んで鋭気を養っておきたいと思います。

では、お休みなさい夜


参加者のみなさん.JPG 竹内先生と美女軍団.JPG

みかさん、ひとみさん、ゆうさん、せんちゃん、ゴトウさん、ぞうさん、今日はどうもありがとうございました。
またきっとお会いしましょう(^^)/

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:39 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

里山アルキニスト

カウンセリング仲間のSさんのブログ→http://cocoronodiary.jugem.jp/
『映像詩里山の記事があり、暇を見ては近くの里山を散歩するのが趣味の「里山アルキニスト」である私としては大変興味深く、そそるものがありました。
映画は無理(他にも見たい映画が目白押しなので)でも、いつかDVDで観てみたいと感じています。


話は飛びますが、カウンセリングを学び始めてかれこれ数年が経ち、機会を見ては様々な研修に顔を出しているのですが、そういった場でいつも感じることがあります。

それは、カウンセリングを学ぶ人達(私も含め)は「多くの知識を得ることでカウンセリングを覚えよう」という人と「肌で感じてカウンセリングを身につけよう」という人の二つのタイプがあるということです。

もちろんそのどちらも大切なことであり、両方をバランス良く学ぶことがカウンセラーとして必要不可欠であることは間違いありません。

ただ、蓄積した(覚えた)知識や理論を実践で生かすためには他者との関係に必要な感性感受性共感能力が必要となってくる訳なのですが、それを身につけるにはいわゆる学校教育で経験してきたような勉強をするという方法ではなかなか身につかないものなのだと思います。


とある心理学の本を読んでいたら面白いことが書いてありました。
ほとんどの赤ちゃんは男性、女性の区別なく最初に自他を峻別する存在として「母親なるもの」の絶大な影響を受けることになります。
しかし、成長の過程において女の子の場合はそのまま母親という「女性」をモデルとして蓄積してきたことを断ち切ることなく、その後の他者との関係につなげて行けますが、男の子の場合は「女性化しない」ことが社会で生きていくうえで必要になります。

そこで女の子は身につけてきた「母子関係」をベースとする他者との関係を継続して学んでいけるのに対し、男の子はいったん「母子関係」を断ち切り、そこから離れた他者関係を新たに学ばなければいけないのだそうです。

そこで学ぶ男の子の他者との関係とは、簡単に言えば「競争・序列・優劣」によるモノの獲得なのです。

これは幼い頃の遊びをみても、人形遊びやままごと、ぬいぐるみといった擬人化されたものでのロールプレイのような遊びをする女性に対し、男性の場合は車、ロボット、飛行機などのヒトからかけ離れた「固いモノ」で遊ぶことに表れています。

では、そうした男性が生身の人間との距離感をいつ学ぶのかというと、思春期以降に女性との恋愛によって学ぶのだそうです。

そこで失敗や挫折により生身の女性(人間)との距離感を上手く学べないと、再び慣れ親しんだモノの世界に退行してしまい、モノマニアックな「おたく」として自閉してしまうというのです。

これを読んで、これまで私が参加したりスタッフとして関わってきたカウンセリングの勉強の場で、常に女性の方が(時には圧倒的に)多かった理由がわかったような気がします。

つまり、女性の方がカウンセラーとして必要な他者との距離感を自然に身につけているということなのでしょう。

もちろんこれは男女の違いからみた一つの考え方なので、全てをこれに当て嵌めたり決めつけるのはあまり意味のない事だと思います。


さて、話を里山に戻しましょう。
私はなぜ里山を散歩するのかと言うと、特に理由はありません。

里山と言っても、ただ草木が茂り、山の花が咲き、鳥がさえずり、虫が飛び、風が吹き、日が照り、雨が降り、雲が流れるだけなのです。

しかしそうした場に身を置き、ひとり(時に誰かと)静かに歩くとき、日常の思考から離れ、ただ感じる自分がいるのです。

暑さを感じ、寒さを感じ、寂しさを感じ、嬉しさを感じ、安らぎを感じ、愛おしさを感じ、悲しさを感じ、辛さを感じ…、そして幸せを感じます。


カウンセラーとして大切な心の在り様は、繊細であり強靭である事だと思います。

声にもならない相手のささやかな心の揺れを感じ取る繊細さ…

どんな思いも相手から逃げることなく真っすぐに受け止める強靭さ…


せっかく学んだ多くの(私の場合はあまり多くはありませんが…)知識や理論を生かすためにも、自らの心をいたわり、そして鍛えることを疎かにしてはいけないのだと思います。

里山を一人静かに歩くとき、森羅万象に思いを巡らせながら、こうして生きている自分を感じます。

「考える」ことばかりを自分に強いる生活の中で、里山歩きは「感じる」ことを取り戻す大切な時間なのです。


もうすぐ短い連休(私の会社は3日間です(゜゜))に入ります。
また、いつもの里山を歩こうと思っています。
そろそろ山の柿も色づいているのでしょうか…

前回歩いた時に、蚋(ブヨ)に刺された跡がまだ痒いです。

感じることもなかなか大変なのです。

マイザック&ストック.JPG

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:39 | 🌁 | Comment(1) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

九月十六日(水)の道草

長〜い長〜い、とても長〜いブログを気合を入れて書いていた。

ようやく書き終わる頃になって、写真を貼り付けようとしていたら、何かのはずみで書きかけのブログが消えてしまった(?_?)


おれのブログよどこ行った?

パソコンの中に隠れているのかな(^。^)y-.。o○

早く出てこないとパソコン壊しちゃうよ(-_-)

冗談で言ってんじゃねえぞ…本当にぶっ壊すぞテメー(-_-メ)




ナメゴン白.JPG




ふ〜、危ないところだった…、ナメゴンが止めに入ってくれなきゃ本当に壊してたかもたらーっ(汗)

気を取り直して…

今日は仕事帰りに自転車で10kmほどポタリングしました。

[ポタリングとは→サイクリングの一種で、近郊を一人か家族連れや気の合ったグループで散歩程度に軽く走ること。距離は長くても10〜20キロ程度が通常で、スピードも時速10キロ程度とゆっくりであり、目的を決めずに気の向くままに走る。]


立派なお寺があったので自転車を降りてしばし休憩。

9月16日帰り道A.JPG 9月16日帰り道@.JPG

春と秋だったらやっぱり秋が好きだなぁ〜るんるん

9月16日夕暮れ.JPG



ここしばらくは寝る前の半身浴でとてもぐっすり眠れるのですが、おかげで読書が全然進みませんいい気分(温泉)

読みかけの本が3冊もあるのですが、いつ読めばいいのでしょう…(-_-)

本を開くと睡魔が襲う…

半身浴後のリラックスした状態で本を読む→当然すぐに眠くなる→これを繰り返す→本を開くだけで眠くなる

おお、まさしくパブロフの犬状態ではありませんか(・_・;)

これをレスポンデント条件づけ(古典的条件づけ)といいます。

う〜ん、それにしてもさっきまで書いてたブログどこに行っちゃったのかなぁ…
もう怒ってないから出て来いよ〜(-_-)
早く出てこないといい加減にパソコンぶっこ…(゜o゜)

はっ、いかんいかん、パソコン見るとぶっ壊すように条件づけられる前に本を読んで寝なくては…。

ではお休みなさい眠い(睡眠)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:41 | 🌁 | Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

カウンセリング中級講座 in豊田−募集開始

いよいよ皆さん待望の

カウンセリング中級講座 in豊田の募集が始まりました。

これまでの「カウンセリング基礎講座」と同様に竹の子会が主催し竹内成彦先生に講師を務めていただくのですが、以前から「カウンセリング基礎講座」の次のステップとして、中級講座を希望する多くの声に後押しされて、いよいよ『カウンセリング中級講座 in豊田』として開催されることになったのです。

本来この中級講座は「竹の子会のスタッフ+α程度のこぢんまりとした勉強会をしようか」という竹内先生のお話から始まったのですが、いざ開催を告知してみると募集も始まらないうちから、申し込み予約←(本来申し込みの予約はないのですが)が殺到し、正式な募集をする前に定員に近い人が集まってしまいました。

結局、少しでも多くの人たちに学んでもらおうということになり、当初の隔月の3回講座の予定だったのが、空いた月にもう1グループ増やして倍の人数を受け入れることになりました。たぶんそれでも早々と満員御礼にて締め切られてしまうかもしれません
ぜひぜひお早目のお申し込みをお願いいたします。

竹の子会スタッフ一同、心からお待ち申し上げております。

申し込みはこちらからhttp://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htm

今日は、カウンセリング基礎講座の最終回と竹の子会の定例会があり、竹内先生からこの中級講座のお話も伺いましたが、もの凄く気合を入れて準備を進めておられます。
中級とはいうもののプロのカウンセラーの方々が受講されても十分に満足していただける内容になるようです。

今回が初の『カウンセリング中級講座 in豊田』ですが、正直に言って次回の予定はまだ決まっておりません。
いや、次回があるのかどうかさえもわかりません。
つまり今回の機会を逃したら、いつまたチャンスが巡ってくるかわからないという事です。

明日は朝から会議(と言うほど大したもんじゃありませんが)なのでそろそろ私は休ませてもらいます夜

中級講座受けてみたいなぁ…どうしようかなぁ…
と、迷っている方はこちらをご覧になって下さい。


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:45 | 🌁 | Comment(2) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVDプレーヤーを買いました

我が家のDVDデッキがぶっ壊れてしまいました。

ディスク挿入口の開閉がおかしくなって、延々と閉じたり開いたりの繰り返しです。

む〜す〜ん〜で〜ひ〜ら〜い〜て〜手〜を〜うって〜む〜すんで〜るんるん

静かに繰り返されるその動きを見ているのも悪くはないのですが、映画のDVDが見られないのは不便なので買い替えることにしました。

ぶっ壊れたDVDデッキは、数年前にホームセンターで購入した超激安品でしたが、今回は家電量販店でソニーの新型DVDプレーヤーを買いました。

ちなみにDVDレコーダーとはその名称通りレコード(記録)するもの(再生可)で、DVDプレイヤーとはプレイ(再生のみ)する機器です。

録画は必要ないし(家族は必要だと言いましたが私は活字中毒のくせに取扱説明書を読むのは大嫌いなので取り付けも操作も簡単な方がいいのです )再生専用のプレーヤーで十分なのです。
おまけにレコーダーと比べてうんと安いです。
新しく買ったプレーヤーはブルーレイディスクも再生できるので、早速レンタル屋でブルーレイの映画を借りて観てみました。
デイ・アフター・トゥモローと言う映画です。

う〜ん…、さすがはブルーレイ(;_;)/~~~画質が素晴らしい!!(ような気がする…気のせいかも…)

まあ、画質や音質にこだわる方ではないので十分満足です。
たまたまレンタル屋が「100円デー」だったので8本もDVDを借りてきました。

本当は平日に休みをとって、ガラガラの映画館で観る映画が一番好きなのですが(今まで観客が私だけだった事が2回あります)なかなか休みと観たい映画のタイミングが合わず、後からレンタルで観ることが多くなりました。

レンタルの良い所は、昔の映画が観たい時に観られることでしょうね。
先日は『イージーライダー』を久し振りに観て、旅に出たくなりました。
若い頃はオートバイで北海道に旅したこともありますが、最近の私は自転車で半日ほどの旅をしているので『イージーチャリダー』です。

せっかくなので私が一番好きな旅の映画を紹介します。

奇才デヴィッド・リンチ監督の『ストレイト・ストーリー』と言う映画です。

誰もが面白いという映画ではありませんが、私はとても好きな映画です。



こんな映画は、雨の日に一人静かに観たいなぁ…夜
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:29 | 🌁 | Comment(0) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

不眠症で病院に行くって…普通のこと?

最近、友人や知人と話をすると、不眠についての悩みを聴くことがよくあります。

不眠症とは「睡眠障害」の分類の1つですが、最も一般的な「睡眠障害」でもあります。
簡単に不眠症の定義を言っておくと「心身の健康を維持するために必要な睡眠時間が量的にあるいは質的に低下し、社会生活に支障をきたしたり、自覚的に悩んでいる状態」と言うことになります。
ただ、必要な睡眠時間は個人によって異なるので、たとえ4〜5時間でも本人が満足し日常生活に支障が無ければ不眠症とは言えません。

不眠症には大きく分けて4つのパターンがあります。
@なかなか寝付けない「入眠障害」
A夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」
B眠りが浅く熟睡できない「熟眠障害」
C朝早く目が覚めて眠れなくなる「早朝覚醒」
もちろん、いくつかの症状が重複する場合も少なくありません。

これらの不眠症は、うつ病や統合失調症と言った精神疾患による不眠の他、一般的にはストレス等による慢性的な精神的緊張・不安が原因になって起こる事が最も多いようです。

さらには、不眠症で悩んでいる人の多くが、毎晩のように「今日も眠れないんじゃないだろうか、眠らなくては…何とか眠らなくては…(@_@;)」と感じており、逆に神経が興奮して覚醒してしまい眠れなくなるという悪循環を繰り返しています。

さて、不眠についての講義はこれくらいにして、ではどうしたらぐっすり熟睡できるのか?ということですが…(-_-)zzz

まずは、普段から慢性的な不眠にならないように心がけることが大切ですです。
これは、虫歯にならないように歯を磨いたり、肥満にならないように食生活や運動に気を使うことと同じです。

具体的には次のような不眠予防の方法があります。

1.なるべく規則的な睡眠スケジュールを守る事 
不規則な生活は睡眠リズムを壊し不眠につながります。
2.眠る前にはリラックスすること
 ぬるめのお風呂に入ったり、軽い読書、音楽、自分に合った枕や寝具など気分の落ち着く環境づくりが大切です。
3.眠る前にはコーヒー、濃い緑茶などのカフェイン類をさける
 寝る前のアルコール(寝酒)は入眠障害には多少の効果がある場合もありますが、熟睡できなかったり、早朝覚醒の原因にもなりやすく、さらには寝酒が習慣化してアルコール依存症になるケースも少なくありません。
できるだけアルコールに頼る睡眠は避けなければいけません。
4.昼間には日光を浴び、十分な仕事や遊びをする
日光を浴びることで体内時計の昼夜のリズムがはっきりします。
また、適度に頭(脳)や身体を使うことが大切です。

これらの不眠予防はあたりまえ過ぎて参考にならないと感じる人もいるかもしれませんが、不眠で悩んでいる方のほとんどが守られていない(できていない)ことばかりだと思います。

好きなだけ飲んだり食べたりした挙句、運動もしないでゴロゴロしている人が太ってしまうのと同じことで、ぐっすり眠るためにしてはいけないことや、しなければいけないことを守らなければ不眠症になりやすいのは当然なのです。

とは言うものの、現代の社会ではどうしても不規則な生活になってしまったり、大きなストレスを抱えてしまい不眠症になってしまうことがあります。
また、近年は睡眠時無呼吸症候群→http://www.kaimin-life.jp/index.htmlによる不眠症も少なくありません。
そうした、既に不眠症になってしまった場合は早めに医師に相談するとよいでしょう。

ところがここで問題が生じてきます。
それは何かと言うと、虫歯治療で歯医者に行ったり、ケガをして外科に行ったり、風邪をひいて内科に行くことはあたりまえな事でも、眠れないこと(不眠症)ぐらいで精神科や心療内科に行くことはあたりまえではないと多くの人が感じているからです。

その理由には、心の病に対する偏見がベースにあり、精神科(心療内科も呼び名が違うだけで基本的には精神科と同じです)で受診することに抵抗があるのだと思います。

また、そうした精神科で処方される薬(睡眠導入剤、抗不安薬、抗うつ薬等)に対する副作用や依存性に対する不安を持つ人も多いようです。
しかし、そうした人でも市販の風邪薬や胃腸薬、頭痛薬を日常的に服用したり、非常に依存性の高い薬物であるアルコールを平気で毎日飲んでいるのは疑問に思わないのです。

精神科の薬もその他の薬も同じように、病気に対する効果と副作用の危険をあわせもっています。
しかし、副作用の危険性より治療効果の方がはるかに高いと認められたものが治療薬として認められているのです。

少々乱暴な例えですが、副作用を心配して薬物療法(特に精神科で処方される薬の)に抵抗を感じるのは、落ちる危険があるから飛行機に乗らないという理屈と同じです。

このような事を書くと、さも私が「なんでもかんでも医者(精神科)に行って薬を飲め!」と言っているように誤解されるかもしれませんがそうではありません。
私自身が大の医者嫌いです。
なるべく病院には行きたくありませんし、薬も飲みたくありません。
しかし最近は気になる症状が2〜3週間続いたら嫌々でも勇気を出して医者に行くようにしています。
それは、歯科でも内科でも泌尿器科でも精神科でも同じことです。
なぜなら年齢とともに自然治癒力が落ちて、ほっておいてもなかなか良くならない事が増えたことと、様々な病気になる可能性が高くなってきたからです。

どんな病気でも、早期発見・早期治療がその後の治療に大きく影響します。
眠れないことで悩んで(あるいは困って)いる状態が3週間以上(2週間では短いという事ではありません)続いていて、この先も良くなる目処が立たない場合は医師に相談してみてはいかがでしょう(=_=)
どうしても精神科や心療内科には行きづらいという人は、一般の内科でも診察してもらえます。

近年、梅雨時から夏にかけて体調を崩すことが多くなり、今年は特に十分な睡眠をとるように心がけました。
具体的には、適度な運動とお酒を減らすこと(ほとんどノンアルコールビールで過ごしました)そして毎日の半身浴と必要に応じた睡眠導入剤の服用(きちんと医師の診察を受けて処方してもらいました)です。

おかげでこの夏は毎日ぐっすりと眠る事ができ、体調を崩すこともありませんでした。
十分な睡眠がどれほど心身の健康に大切なのかを実感しました。

今月の終わりに私は、とある大学の公開講座を受ける予定です。
その講座のテーマは『睡眠』です。
講師の先生は私が受診した心療内科の先生でもあります。
心の健康と密接な関係がある『睡眠』について、しっかり学んでこようと思っています。

う〜ん…(-。-)y-゜゜゜
今日は真面目なテーマを真面目に書いてみたのですが、何となくどうでもいい出来事をだらしない文章で書く方がおやじカウンセラーらしいような気もしないではない…
そんな思いを抱きつつ、「保存する」をクリ〜ック(`´)

ちなみに今日のブログに顔文字が多いのには理由があります。
それは顔文字の入力方法を初めて発見したからです。
相変わらずパソコン音痴のおやじカウンセラーでした(^u^)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:45 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

夏の終わりと秋の始まり・其の二

昨日のブログの続きです。

休日の朝早くから一人で自転車ツーリングに出かけ、強い日差しに汗を流しながらも、肌に感じる風や目に映る風景は秋の始まりを予感するものでした。

途中で山の柿が色づいているのを見つけ、思わず自転車を降りました。
お土産に、と思い一つもいでみたのですが、何だかフニャフニャしています。
他の色づいたものも全部そのようでした。
とりあえず少し口にしてみると(まあ、とりあえずです)一応甘みはあるのですが、後に残る渋みが…ふらふら
この柿は渋柿のようでした。
お土産は諦めて、ブログ用に写真をパチリるんるんついでに落ちていた山栗もパチリるんるん

2009_0906_075808-SANY0001.JPG 2009_0906_081720-SANY0009.JPG

帰りがけにじてんしゃ創庫モックさんに寄って、最近ちょっと気になっていた自転車保険のことを聞いてみました。

自転車通勤を始めたり、休日にサイクリングに行くことも以前より多くなってきたので、万が一のためにと考えていたのです。
モックの大将(店主さん)の話でも、スポーツ自転車に乗る人が増えてきて、事故の事例も少なからずあるとのことなので、やはり何らかの保険には加入するように勧めているそうです。
色んなタイプの保険や、自動車保険の特約項目としてもあるようなので調べてみようと思います。
☆現在、モックさんでは基本的に保険加入の取り扱いはされていないとのことですが、気になる人は相談してはいかがでしょう。

開店準備中にお邪魔をして、またまた迷惑をかけてしまい申し訳なく思いつつも、1時間近く店内で休ませてもらいました。
来週の岡崎市サイクリング大会の関係もあってか、かなりお忙しそうな様子でした。
大将はもちろん、お店の常連さんなども当日はボランティアスタッフとしてお手伝いするそうですが、900人もの参加者がある大きなイベントになっているので(数年前に私が参加した時は400〜500人ほどだったと思います)サポートする側にも相当苦労があるようです。

イベントが無事に終るまでは、大将ものんびりする暇はないようですね…たらーっ(汗)

さて、お店を出てそのまま会社(普段ロードバイクは会社に置かせてもらっているので)に戻った私ですが、車のバッテリーがあがっていることに気付きました。
何とかエンジンをかけて家に戻りましたが、たぶんバッテリーの交換が必要でしょう。
痛い出費ですが仕方ないですね…(翌日、新品に交換しました)

それからシャワーでを浴びて、いつものように体重計に乗りました。

「おおっ!これはっ!」

その時の写真がこれです↓↓↓前回のブログの予告の写真です。

2009_0906_114837-SANY0015.JPG


「99,6s」


私にとっては100sを下回ったのは5年ぶりぐらいです。
こんなことは自慢できることではないのですが、何となく書いてしまったので軽く聞き流して(読み流して?)おいて下さい。

その後、昼ご飯を食べたので再び100sを超えたのだと思います。
まあ、台風の瞬間最大風速みたいなものですね。
ただ、着実に痩せてきていることは間違いないので、頑張って目標達成までダイエットしたいと思っています。

目標体重はヒミツですいい気分(温泉)


う〜ん、2回に分けてまで書いた割には大した内容の日記ではなかったなぁ…、いっそ削除してしまおうか…、と思いつつも勿体ないので「保存する」をクリ〜ックパンチ

次回のブログはもう少し内容のあるものを書きたいと思います。
では、お休みなさい 夜

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 22:58 | 🌁 | Comment(5) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

夏の終わりと秋の始まり・其の一

暦のうえでは秋なのですが、今日のように天気がいいと、まだまだ夏の日差しを感じます晴れ

今朝は7時前に、一人でサイクリングに出かけました。
今日は天気も良く、体調もまずまずで午前中は特に用事も無いとくれば、自転車に乗って季節を感じるのが一番です。

通勤用のMTBではなく、ツーリング専用のロードバイクに跨って、ひたすら田舎道を走ります。
行きはほとんどが緩やかな登りになっているので、汗だくになりながらひたすらペダルを回します。
今日はちょっと気合を入れて、じてんしゃ創庫モックさんオススメの『二畳ヶ滝ツーリングコース』を走りました。

2009_0906_080648-SANY0006.JPG 2009_0906_090731-SANY0013.JPG

何とか往路を登り切り、復路の下りを快適にとばしていると、逆方向から走って来た6名ほどの、カラフルなサイクルウェアのサイクリスト達(レーサー達といった方が正しいですね)とすれ違いました。

と、その瞬間、彼らが同時に右手を挙げて(しかも同じ形に)、声を合わせて「シャ〜ッ」だか「サ〜スッ」だかの声をかけてくれました。

ツーリングの最中に、すれ違うサイクリストに挨拶をすることは珍しいことではなく、知らん顔ですれ違うことの方が少ないくらいなのですが、だいたいは軽く頭を下げるか片手を上げる程度で、たまに「こんにちは!」と声をかけてくれる人もいます。
ちなみに私は、軽く頭を下げて(登っている時に声を出す余裕はないのでたらーっ(汗))挨拶しています。

今日のように、集団で同時に同じ格好で(しいて言えば、ショッカーの「イ−ッ」のポーズをこぢんまりとさせた感じです…、本当ですよ!)、しかも元気よく挨拶されたのは初めてだったので少し驚きましたが、何だかとても嬉しく感じましたわーい(嬉しい顔)

統一されたウェアといい、かなりのスピードでしかも等間隔で連なって走る様子から、本格的に練習しているクラブチームのような人達だと思います。
私は下りだったので、それなりのスピードで走っていたのですが、もし登りの時にすれ違っていれば、あまりの遅い走りに少し恥ずかしい思いをしたかもしれませんたらーっ(汗)

今朝は彼らが走り去った後も、たくさんのサイクリスト達とすれ違いました。
来週の日曜日に、岡崎市が主宰する「第6回岡崎市サイクリング大会@ツール・ド・三河湖」が開催されるので、その練習だったのかもしれません。
ついでなので少し話しておくと、この大会には私も過去に2回参加して80qコースを走り切りました。
ただ、おかざき世界子ども美術博物館をスタートして20qほど走った後に、くらがり渓谷からさらに6kmの田原坂を登るのですが、それが半端なく辛いです。
自転車を降りて押して歩いている人も珍しくなかったです。

これまでにこの大会も含め、3度この坂を登ったのですが「うう〜っ、つ…つらい、もう押して歩こうか…、でももうちょっと頑張ろう…、でも、うう〜っ、つ…つらい……もうやだ〜(悲しい顔)」という思いが、エンドレスで頭の中をぐるぐる回っているうちに何とか登り切ったという経験をしています。

しかし、自転車好きの人達には、こんな坂道が大好き揺れるハートと言う人が少なくなく、今ではそういった坂バカ(尊敬の意味をこめてあえて書きました)のために、130qのエキスパートコースが新設され、大人気だそうです。
まあ、私が死ぬ思いでよろよろになりながら登っていた時、笑顔で行ったり来たり(つまりいったん登った道をわざわざ下ってまた登ったり、と言うことです)していたサポートスタッフを見ているので、理解は出来ますが…いい気分(温泉)、自分で走る事は絶対にないですね。
だって、130qですよ、しかも凄い坂道のexclamation

大会のHPには、このように書いてありました↓↓↓

岡崎市サイクリング協会スタッフがお勧めする素晴らしい風景を満喫しながら走れる超上級者コースです 最大20パーセントの傾斜と長い登り坂は登り好きのサイクリストも満足させます ここのコースは80kmでは物足りない!そんなサイクリストたちのための超上級者コースです、走りに自信のある方のみ参加してください
注:サポートカーによるサポートはありません参加者自身でトラブルは対応してください


興味がある方は、来年チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ずいぶん話が脱線してしまったので、この続きはまた明日書くことにします。

予告としてこの写真を貼っておきます。

2009_0906_114837-SANY0015.JPG

では、お休みなさい眠い(睡眠)
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:57 | 🌁 | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶飲み友達

今日は会社稼動日で出勤だったのですが、少し前に半日休んだ残りを午後からの有給休暇としてお休みさせていただきました。
豊田市にある会社なのですが、自動車産業とは無縁の我が社も不況の影響か、例年よりのんびり(はっきり言えば暇…)な日々が続いています。
これから涼しくなると需要期に入るので、何とか回復していきたいものです。

さて、午後から頂いたお休みですが、前もって予定を入れていました。
カウンセリングのボランティア仲間であり、山歩きの友であり、茶飲み友達でもあるSさんと、行きつけのマガジンカフェでお昼ご飯を食べながらの座談会です。
同学年の二人なので共通の話題も多く、時々こうして茶飲み相手になってもらっているのです。

先日、それぞれに『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』を観ていたこともあり、原作はまだ読んでいないというSさんがカフェの棚からコミックを持ち出して、映画の感想や原作漫画との違いなどについてしばし語り合いました。

Sさんは、映画のせりふやストーリーをしっかり覚えていて、作者の意図することや結末の意味などをSさんなりの解釈で語ってくれました。
話を聴きながら感じたのは、同じ映画でも自分とは随分と違う受け止め方をしているんだなあ、と言うことです。

さらに言えば、きちんとストーリーを追って、登場人物のせりふや画面の情景なども緻密に観ているSさんに対し、私の方は全体の雰囲気を感じられれば他の細かい部分は随分と適当に観ているという感じです。

細かい部分で多少の整合性(辻褄が合うこと)がとれていなくても私は気にしないのですが、そのあたりは自分のいい加減な性格が出ているのだと思います。
そのくせ妙に几帳面できっちりしないと気が済まないところもあってややこしいのですが…(^^)

実はSさんと私は、二人が所属するカウンセリング関連のボランティア団体の会長(Sさん)と副会長(私)の関係なのです。
きちんと計画立てて実務をこなすSさんに対し「それでいいんじゃないですか〜るんるん」などと適当に相づちを打つばかりの私、という構図は、それなりに何となくバランスがとれていて良いコンビなのかも知れません。

その後も映画の話題から離れて、コーヒーをお代わりしながら色々とよもやま話をしました。

Sさんは以前からとあるカウンセラーの先生の下で、パステルアートを学んでおられたのですが、近々指導員の資格を得ることが出来るそうです。
他人のことなので勝手にあれこれ言うことは出来ませんが、Sさんは若かりし頃にかなり本格的に美術を学んできた人なのです。

せっかく学んだパステルアートを、ぜひ何らかの形で具体的な活動につなげてみては…アート
という気持ちから「Sさんのブログでどんどん作品を紹介して、その作品についての思いなどを書けばいいじゃないですか…」と提案してみました。

今後のことはSさん次第ですが、ブログを書く意味として、人に迷惑をかけない範囲であれば、良くも悪くも書き手の個性が出なければ面白くない、というのが自論なので、アートを前面に出したSさんのブログをぜひ見てみたいものだと思います。

そんな話も含めてしばらく語り合った後「また涼しくなったら竹内先生も誘って山歩きにでも行きましょう」と言って別れました。

以前から仕事の愚痴などもよく聴いてもらっていて、Sさんに対しとてもありがたい思いがあるのですが、なかなかお返しする機会がありません。
せめてこうしてお茶を飲んだり、山歩きにつき合ってもらうことで少しは楽しんでもらえればいいのですが…。

結果的にはいつも自分の方が楽しんでしまう、おやじカウンセラーなのでした。

Sさんのブログ『人生50/50(フィフティー・フィフティー)でヨシ』はこちらです→http://cocoronodiary.jugem.jp/


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 01:12 | 🌁 | Comment(4) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

コンちゃんの昼食

昼食に持参のお弁当を食べるようになって、ちょうど3カ月が経ちました。

会社には食堂があり、毎日お弁当屋さんが配達するおかず(会社が半額負担)と、会社が用意するご飯とみそ汁(無料)をほとんどの社員が食べているのですが、揚げ物が多くついついお腹いっぱい食べてしまうので、6月の初めから持参のお弁当を現場の片隅の小部屋でモソモソと食べているのです。

夏で食欲が落ちていたこともあり、どんどん量が少なくなって、今では保育園児が食べるような小さなお弁当箱に雑穀米を詰め、おかずは梅干し1個、それにゴマ塩を振りかけて食べています。
私のこと(体格)を知っている人はビックリするかもしれません。

不思議なもので、慣れてしまえばどうということはなく、お腹一杯とはいきませんが、特にお腹が減ってしょうがないということはありません。

むしろ不思議なのは、3カ月もこんな昼ご飯を続けているのにたいして体重が減らないことでしょうか。
実際には7〜8sは減りましたが、私の7〜8sはせいぜい普通に換算すると(どう換算するのか良く分かりませんが…)2s程度のものだと思うので、あまり気付く人もいないのです。
唯一、会社の若手営業マンのMくんが「○△さん、痩せたでしょう!?」と言ってくれました。
彼も私ほどではないにしろ、なかなかの体格を誇っているので、そのあたりは敏感に察知するのだそうです。

9月に入って随分過ごしやすくなり、随分食欲も復活してきたので、自転車通勤と合わせてなんとかダイエットを進めなければと思っています。

ところで、今日もひとり質素なお弁当を食べていると、部下のコンちゃんが何やらコンビニで昼食を買ってきました。
ここ最近、お腹が出てきたので会社のお弁当をしばらく断っているそうなのです。
しかし、彼の買ってきた昼ご飯を見て驚きました。
カツカレーうどんに、コンビニの唐揚げを自分でトッピングした、カツカレー&唐揚げうどんなのです。

コンちゃんの昼食.JPG


「そんな物食ってダイエットになるわけないだろうパンチ

思わず彼にそう言うと、時々は好きなものを食べてもいい事にしているのだ、と返答が返ってきました。
おまけに、野菜ジュースなどで栄養のバランスもとっているそうです。

彼は休憩時にもお菓子を良く食べているのですが、いわゆるジャンクフードが大好きで、やたらと味の濃いスカスカのお菓子やポテチを好んで食べています。

それを見る度に、う○△棒や☆☆太郎などという駄菓子が大好きな我が家の次男を思い出し「そんなもんばっか食ってるから味覚がおかしくなるんだよ!そのうち身体壊すぞ!」等と言ってしまいます。

温厚なコンちゃんは、私に何を言われても大して気にもせず「けっこう美味いですよコレるんるん」等と言いながら、ムシャムシャ食べ続けるのです。

そんなコンちゃんですが、趣味のブラックバス釣りに琵琶湖に出かけては、釣り上げたブラックバスをこんな風に→http://basucooking.seesaa.net/article/112710516.html料理しては食べているようです。
ちなみにコンちゃんは32才で独身ですが、彼女はいなくてかなりの面食いです。

「魚ばっかり釣ってないで女の子を釣ってこい!!」

ついカウンセラーらしからぬ暴言を吐いてしまう私に対しても、いつも笑顔で応えるコンちゃんなのでした。

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 00:24 | 🌁 | Comment(2) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

馬鹿野郎なスパムメール

ここ1カ月ほど前から、やたらとパソコンにスパム(迷惑)メールが来るようになってしまいました。

その殆どがアダルトサイトへの勧誘メールなのですが、はっきり言ってその内容には呆れてしまいます。
下品すぎてはっきりとは書けませんが、簡単に言えば「Hしてくれればたくさんお金を差し上げるのでお願いします」というものばかりです。

「こんなメールを真に受けるヤツがいるのだろうか…?」

と思うのですが、なかには引っかかって悪質な業者に入会金やらなんやらの名目で、お金を巻き上げられる人がいるから懲りずに不特定多数にこうしたスパムメールを送りつけて来るんでしょうね〜モバQ

確かに今の時代は、パソコンにしろ携帯電話にしろ電子メールのやり取りが、仕事にも私生活にも必要不可欠となっています。
ただ、結果的に様々な犯罪や迷惑行為が増えていることも事実なのです。

「くだらない」の一言で削除してしまえば大した実害はないのですが(それでもそんなことに手間をかけさせられて、腹立たしく、迷惑な事に変わりはありません)中には好奇心や、本当に真に受けてしまいサイトを開いてしまう人(未成年も含めて)がいるのです。

パソコンに詳しい人に聞いたところ、今のところは全てのスパムメールを受信拒否するような対策方法はないそうです。

幸い、携帯電話のメールには全くと言っていいほど、こうした下らないメールが送られて来ることはありません。

「んんん…、ちょっと待てよたらーっ(汗)

もしかしたら、私が友人知人に送っている絵文字入りの下らないメールも、スパムメールの一種なのかも…たらーっ(汗)

私からのスパムメールを受信された、友人知人の皆さんるんるん
この場を借りて深くお詫びいたしますふらふら
今後は、おやじのくせに、絵文字入りの下らないメールを送る事は、出来るだけ慎むように致しますのでお許し下さいモバQモバQモバQモバQモバQ


にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 23:41 | 🌁 | Comment(1) | くだらない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車通勤→略して『ジテツー』

今月から自転車通勤を復活させました。

ガソリン代節約、体力づくり、気分転換が主な理由です。
と言っても、僅か5分ほどの通勤時間なので、帰宅時はふらふら道草を食って帰ります。

今日は、長男に頼まれたギターの弦を買いに行きました。
息子は最近ギターに興味を持ちだして、ポロンポロンと弾いているのですが、まだ曲らしいものは弾けません。
ギターについては、また機会があれば詳しくブログに書きたいと思っています。

さて、自転車通勤→『ジテツー』の話ですが、夏前にジテツーを始めた時は、ロードレーサーを通勤仕様にして乗っていたのですが、今回はもう1台所有しているMTB(マウンテンバイク)に通勤用のライト、泥よけ等を移植して使用しています。
名づけて「おやじチャリ通勤スペシャル1号」です。

2009_0903_174745-SANY0007.JPG 2009_0903_174622-SANY0002.JPG
2009_0903_174659-SANY0004.JPG 2009_0903_174720-SANY0006.JPG

約10年前に購入したこのMTBは、当時は私の唯一の愛車としてツーリングや山道遊びにと活躍していたのですが、3年ほど前にロードレーサーを購入してからはあまり乗らなくなっていました。
とは言うものの、しっかりメンテナンスもしているし、なにしろロードレーサーの倍以上もした、かなり高価な自転車だったので、このまま眠らせておくのは勿体ないと思い、通勤用として復活させたのです。

久し振りに2〜3日走ってみると、思いのほか調子がいい事に気がつきました。
確かにロードレーサーほどの爽快感、スピード感は感じられませんが、太めのオフロード用タイヤや、前後のサスペンション(ダブルサスです)、あまり前傾にならないポジション等によって、とても安定感があり乗りやすく感じるのです。

本来MTBは、ダートや未舗装の道を走るように出来ているので当然なのですが、歩道と車道の段差や、路面のでこぼこ、砂利道などでも平気です。

朝の通勤時はともかく、帰り道は仕事が終わった解放感も相まって、ついつい遠回りして道草を食ってしまいます。
まあ、通勤距離が短すぎて、ちょっと余分に走らないと運動にならないのでちょうどいいのです。

クルマと違い、ヘルメット(安全のため必須です)を被ったり、手袋をしたり、着替えなどを詰めたリュックを背負ったりと、面倒くさいのは確かなのですが、子供の頃はどこへ行くのにも自転車で元気に走り回っていたわけですから、僅か数百メートルの距離でも車で移動するような生活に、どっぷり浸かっている方がおかしいのかもしれません。

ちなみに、カウンセリングの研修などで名古屋に出掛けるたびに思うのですが、電車や地下鉄、バスなどでの移動が主な都市部の人の方が、絶対に普段からたくさん歩いていると思います。
私の住む豊田市などは、本当にどこへ行くのにもクルマですから…車(セダン)
逆に言えば、クルマが無いとどこへも行けないので、車に乗れないお年寄りなどは、不便に感じている人も少なくないのでは…と思います。

ちょっと話が脱線しましたが、まだ始めたばかりのジテツーですが、三日坊主にならないように楽しみたいと思っています。

自転車をピカピカひらめきに磨くのが大好きな私ですが、やっぱり自転車は磨くものではなく、乗って走るものですからね〜るんるん



にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 21:58 | 🌁 | Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

「第1回、カウンセリング中級講座」募集予告

皆さん御期待の「第1回、カウンセリング中級講座」の詳細が発表されました。
正式な募集は9月13日の午後からとなっておりますが、まずは詳細をご確認いただきたいと思います。

講師を務めていただく「心の相談室with」の竹内成彦先生のブログから、こちら→http://www.kokorowith.com/with/kouen/kisonaka.htmのご案内をご覧いただけます。

これまで足かけ8年に及ぶ「竹内先生のカウンセリング基礎講座」を受講された多くの卒業生の皆さん、さらにはGWT、傾聴トレーニング等を受講された多くの方々から、竹内先生や竹の子会に対して、さらに上のレベルの勉強会を望む声が数多く寄せられ、それに応える形で今回の「第1回、カウンセリング中級講座」が開催される運びとなりました。

どんな講演会、勉強会でも決して手を抜かず、常に全力で取り組んでおられる竹内先生ですが、この「第1回、カウンセリング中級講座」に対する意気込み&チカラの入れようは半端なものではありません!!

もちろん私(おやじカウンセラー)も、主催スタッフとして、また受講生として参加させていただくつもりですが、う〜ん・・・講義についていけるかなぁ・・・少々心配ですモバQ

ただ、いつも優しく温厚な竹内先生が一度くらいは「そんな事もわからずにカウンセラーになれると思っているのか、バカタレexclamation×2」と怒るところを見てみたいような気も・・・るんるん
まあ、そんな事は絶対にない(たぶんね・・・)と思うのでご安心下さい。

いずれにしても、9月13日の募集開始後は、早めの満員御礼が予想されます。
募集開始の案内を見落とさないように、竹内先生のブログ『カウンセラーの憂鬱』と私のブログ『おやじカウンセラーの夢ゆめ日記』→(アドレスはこちらです、☆お気に入り登録していただくと嬉しいです)→http://counselingbox1960.seesaa.net/のチェックを怠り無く。

では、11月からの「第1回、カウンセリング中級講座」でお会いしましょう手(パー)
にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 13:02 | 🌁 | Comment(1) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党惨敗・政権交代へ

昨日の昼過ぎ、地元の小学校で衆院選挙の投票を済ませ会場を出ると、テレビ朝日の出口調査を受けました。
「本当にやってるんだ…」と感心しながらアンケートに記入して家に帰りました。

普段あまりテレビを見ない私ですが、今回ばかりは各局の選挙特番についつい見入ってしまいました。

結果は皆さんご存じのように「民主党の圧勝・自民党惨敗・政権交代実現」という、多くの方が予想した通りの結末に終わりました。

それにしても不思議なのは、どうして自民党はこんな状況になるまで、思い切った党内改革をしなかったのだろうか…、ということです。
既に自浄能力を失っていたのでしょうか。
どう考えても「自滅した」としか言いようがありません。

議員の皆さんはプロの政治家なわけですから、個々の議員としては相当に問題意識を持っていたはずだろうし、何とかしないとこのままではダメになる、という思いもあったはずです。

そうした個々の思いも、組織に組み込まれてしまうと、例え自滅の道だと分かっていても、どうしようもなく突き進んでしまうのでしょうか…

もう一つ今回の選挙で気付いたのが、自民と民主の候補者の年齢層の違いです。
きちんと調べた訳ではないのですが、候補者の平均年齢が随分違うように感じたのですが?
当然、民主党の候補者の方が若いということです。

メディアによって[自民党のベテラン議員VS民主党の若手新人]という構図が強くアピールされたせいもあると思いますが、実際に民主党政権となって、議員の若返りが図られたことは間違いないと思います。

有権者は、地元のベテラン議員の実績を、むしろ古いしがらみから脱却できないマイナスと捉え、未知数でも若さによる変革に期待した結果が、今回の政権交代へとつながったような気がします。

かつて小泉元総理は「自民党をぶっ壊す!」と発言して国民の高い支持を受けましたが、本当にぶっ壊れてしまいました。
本来であれば、ぶっ壊して新しい自民党をつくらなくてはならなかった訳ですが、ぶっ壊した本人は息子に椅子を譲って引退してしまい、誰も新しい自民党をつくらないまま終ってしまったのが今回の惨敗の原因でしょうね。

何かが変わる時にはエネルギーが必要です。
ましてや政治が変われば国が変わるわけですから、それにはとてつもなく大きなエネルギーが必要となります。

これから民主党が日本をどう変えてゆくのか…

ぶっ壊れた自民党がどのように再生するのか、あるいはしないのか…

政治はテレビの向こう側ではなく、まぎれもない現実の社会で行われるということを、今回の選挙に票を投じた多くの国民(7割近い投票率だったようです)が実感したのではないでしょうか。

政権交代という事実以上に、初めて国民自身の手で政治を変えようとしている事の方が、大きな意味を持つように思います。

と、なんだか政治評論家のようなことを書いてしまいましたが、普段の私は特に政治に強い関心があるわけでもなく、ぼんやりと毎日を過ごしています。
ただ、これだけ景気が悪く、年金支給問題等の先行き不安があると、そうそうぼんやりもしていられず、今回の選挙に臨んだわけです。
私のような人は結構多かったのではないでしょうか・・・

愛知選挙区で民主党が完勝したのも、自動車産業等のしゃれにならないほどの低迷が影響していたのは間違いないところだと思います。


ここ最近、朝夕はめっきり涼しくなりました。
夏の暑さで挫折していたのですが、明日から自転車通勤を再開しようと思います。
この夏、マイカーの最低燃費はリッター4kmでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ちなみに愛車は10年落ちのトヨタのミニバンです。
若手新人のエコカーに政権交代してもらいたいところですが、我が家も赤字財政で非常に厳しい状況なのです。
しばらくは、新人候補者のように自転車でくるくると走り回って、景気の回復を待ちたいと思います。
まぁ、別に車を買い替えたいわけではないんですけどね車(RV)

にほんブログ村
posted by おやじカウンセラー at 02:26 | 🌁 | Comment(4) | 日々の徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする